宅配の再配達

8585149745_3c52bc2ed7_b

 

国土交通省の有識者会議によれば、

宅配便の再配達によって、

9万人分の労働力が使われ、

42万トンのCO2が排出されている、

そうです。

FNNニュース

およそ2割が再配達となるそうです。

もしかしたら、私たちは再配達がなければ、もっと安い宅配料金を払うだけで済むかも知れませんね。

さて・・・・

米国の宅配は、どうでしょう?

実は、PCのような高額商品でも、一般的に不在時は、「自宅前に置いていく」です。

盗まれるかも知れませんが、その場合は保険でカバーします。

あるいは、本当はちゃんと受け取ってるのに、盗まれた、と言い出す人もいるかも知れません。

その場合も保険でカバーです。

米国の合理的な考え方では、

再配達コスト > 保険を掛ける費用

なのです。

中国ではどうなのだろうと、中国の友人に聞いてみたところ、

「再配達してくれるよ。自宅前に置いて行ったら、絶対なくなる」

とのことでした。

宅配という、同じサービスでも各国で違いがあり、面白いです。

初の定年退職

IMG_0329

当社の定年は65歳になっています。

先週、初の定年退職があり、記念パーティをサンシャイン60 星のなる木で行いました。

1999年から当社で主にユーザーサポートを担当してもらっていた方で、当社の経営の厳しい時期もともに過ごしてきました。

はじめて私自身より年齢の高い方を採用したのですが、当初は、やりにくいかなと思ったのですが、うまく私を立てていただけて、やりにくいどころか、会社の雰囲気もよくなりました。

その後、自分より年齢の高い人の採用に躊躇しなくなり、いまでは、社員の20%が私より高齢です。

社員の平均年齢45歳で、IT系の会社としては非常に高くなっています。(笑)

65歳まで元気に働いてもらって、希望があれば嘱託として何年か働いてもらう、という会社にしたいと思っています。

退職金も規定に沿って支払うのですが、『起業のエクイティファイナンス』などの著書で有名な磯崎さんに、「ITベンチャー系の会社で定年退職や、退職金規程があるのは、はじめて見た」と言われたことがあります。(10年近く前の話ですが)

IMG_0351

パーティ会場からの夜景です。

みんなの.osaka、ロゴコンテスト結果発表

大阪府内小学校に通う児童対象の『.osaka』ロゴコンテスト、大変多くの作品をいただきましたが、本日、グランプリと各賞を発表させていただきました。

 

グランプリ

作品名「大阪おいしいもんだらけ!」

檀上日菜さん はつしば学園小学校4年

 

image

 

特別賞は、参加の最も多かった、大阪市立本田小学校。 

image

校庭に遠足中の4年生を除く全校生徒が集まってくれました。

はつしば学園と本田小学校には、訪問させていただき、児童に賞品、学校には目録をお渡ししてきました。

本当は全部回りたかったのですが、1日で回るのは時間的に厳しく、また何日かに分けると賞品のお届けが遅くなってしまうので、二校とさせていただきました。

くわしくは、みんなの.osakaのページを、ご覧ください。 

十月十日は萌の日。『.moe』期間限定キャンペーン。

萌

十月十日を並び変えると、なんと「萌」の字になることから、インターリンクは十月十日を萌の日として、日本記念日協会に申請、2015年1月30日に登録されました。

新ドメイン『.moe』は、日本のみならず、世界中から登録されています。

2015年の萌の日を記念しての

『.moe プライスオフキャンペーン』は、

日本国内2社、フランス1社、アメリカ1社で行われます。

(日本)BR ドメイン

(フランス)Gandi.net

(米国)Name.com

(日本)ゴンベエドメイン

 

明日10月10日は「萌の日」、国内外で新gTLD「.moe」の30~50%オフキャンペーン(INTERNET Watch)

 

『.moe』のプロモーション動画を、Name.comが作成してくれました。

要約:アメリカで多くの新gTLDを提供するドメイン登録サービス「Name.com」の日常。“約1,500種類の新gTLDの中で、どのドメインが最高にクールなのか?”を議論する2人の社員。社内にはコスプレをしたまま仕事をする社員、フルパワーでFAXを送る社員、シュレッダーの代わりに剣を使う社員など。

これは萌の日とは無関係ですが、ドメイン名を.comから.moeに変えた人の動画も面白いです。

ドメイン取扱 1000種類達成!

ゴンベエ_1000突破

ICANN(※1)公認レジストラの株式会社インターリンクは、ドメイン取得サービス「ゴンベエドメイン」が、本日午前11時に一般登録受付を開始した「.ooo」を持ちまして、取扱ドメイン数が1,000種類を超えました。

c02a9966ac22a_topbanner.png.999x1000x

日本国内のドメイン登録サービスにおいて、オンライン申請で1,000種類のドメインを提供している同サービスが、日本最大となります(※2)。

1000種類のうち、申請がゼロのドメインは、なんと609種類もあります。

本来であれば、申請が見込めないドメインについては販売停止を検討すべきですが、ゴンベエドメインでは、需要の多い少ないに関わらず、今後も増え続けるドメインをいち早く日本の皆様へ提供して参ります。

※1 インターネットのIPアドレスやドメイン名などの各種資源を全世界的に調整・ 管理することを目的として、1998年に
   設立された民間の非営利法人。
※2 当社調べ(2015年10月6日現在)。

申請がゼロのドメインには、

・「.mg」(マダガスカル)
・「.immobilien」(ドイツ語で「不動産」)

のように、申請する人がいないだろうなと思えるものから、

・「.bingo」(ビンゴ)
・「.diet」(ダイエット)

など、今後申請があっても良さそうなドメインもあります。

申請がゼロのドメイン、全609種類は、続きを読むでどうぞ。

続きを読む

Google.comを12$で手に入れた男の話

Google.com Domain Briefly Got Sold Out For $12!

 

AAEAAQAAAAAAAAS3AAAAJDU2YjFlMDBkLWI3Y2UtNGYzZi1iMTlkLWFhYmViODljOTZjMw

 

 

というニュースが、結構話題になっています。日本ではほとんど知られていないようなので、紹介します。

要約すると、Google Domainsで検索してたら、Google.comがAvailabe(入手可能)になってたので、$12払って、手に入れた。

でも結局は、お金は戻り、Google.comは入手できなかった。

という話です。

一時的にではあっても、Google.comを買えてしまった、というのは、いろいろな意味で驚きです。

詳細は下記をどうぞ(英文)

How I Ended Up Purchasing & Owning Google.com via Google Domains