インターリンクがパナマ文書に?!

Panama Papers1

 

タックスヘイブン(租税回避地)利用者の実名暴露をした「パナマ文書」。

海外では首相が辞任したり、楽天の三木谷浩史氏の名前があったなどと報じられました。

21万社の情報を公開、日本関連は600件…丸紅、伊藤忠、楽天の三木谷氏(産経ニュース)

 なんと、パナマ文書には、interlinkの名前もあったのです!

それが上の画面キャプチャーです。

ただ、残念ながら、すべて当社とは一切関係ありません。

タックスヘイブン利用する位、儲かってればいいんですが。。。

報道をみて実際に検索してみると、こんな感じでした。

Panama Papers2

 

実は新gTLDを運営する会社でUniregistry社は、タックスヘイブンのケイマン諸島に設立されています。

Uniregistry社が提供しているドメインは、.diet, .help, .linkなどがあります。

もし当社がUniregistry社に出資したりしていれば、パナマ文書に掲載されていたかも、と思ったのですが、Uniregistry社自体がパナマ文書には載っていませんでした。

ICIJ Offshore Leaks Database

 

LINEで送る

「インターリンクがパナマ文書に?!」への2件のフィードバック

  1. パナマ文書のデータベースに社名や個人名があっても、特に問題はないのかもしれないと勝手に思ったりしています。
    如何でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)