Slackというコミュニケーションツール

年内に日本語対応を計画中のSlackが、ソフトバンクのリードで2億5000万ドルの増資を行ったと複数のメディアが報じた。

 

app-256

Slackって何?

という人も多いと思います。

Slackは、多少の誤解を恐れずにとってもわかりやすく言えば、

「LINEみたいなもの」

です。

それで、LINEとどこが違うのかというと、Slackは仕事で使いやすいのです。

そのため、シリコンバレーのテック系企業では、Slackを使っている会社が多くあります。

SlackがLINEより良い点は、大きく2つ、

・モバイル、PC、何台でも同じアカウントが使える。

・アカウント切り替えが簡単。(仕事用アカウントをyokoyama、プライベートアカウントを tadashi などと分けて使える)

です。

さて、当社でも実際に使っていますし、実は、2017年5月までおこなった、ZOOT NATIVEのモニターにおいても、Slackで情報交換をさせていただきました。

モニターの方は個人情報をまったく出す必要がないため、

『参加者限定の匿名掲示板』

のような使い方をしたのです。普通のモニターだと、主催が参加者ひとりひとりから聞き取りをするだけですが、Slackを利用することで、モニター同士でも情報交換することができ、とても有用な情報が得られました。

私の知る限り、モニターのような社外の多数の方々にSlackに参加いただき、情報交換をする、という利用方法は、他社でやっているのを見ていないので、当社が初だったのではないかと思っています。

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)