iPhoneの電池のもちが2倍に。低電力モード、オススメです。

ある日のこと。午前10時ですでに80%。

自宅に戻るのは夜10時、充電池も充電ケーブルも忘れてしまった。

こんな時は迷わず、低電力モードです。

処理速度が40%落ちますが、電池は2倍以上もちます。

IMG_0518

実際、この日、自宅に戻ったのは22時すぎで、まだ38%も残っていました。

iPhoneの「低電力モード」を検証 消費が半分以下に(MONO TRENDY)

デメリットは、全体に動作がのんびりする(さほど気にならない)、操作しないとすぐに画面が暗くなる、メールが自動取得されない、くらいで、私にとっては問題にならないものばかりでした。

充電して80%以上になると、自動的に低電力モードは解除されてしまうのですが、解除されなくてもいいのに、と思います。常に低電力で使いたいくらいです。

年末年始の旅行で、写真を撮ったり、iPhoneが活躍して、電池が減りやすい季節ですが、低電力モード、オススメです。

そう言えば、この件にも少し関連しますが、iPhoneの旧モデルをアップル社がわざと遅くしているという噂に、アップル社は、バッテリーを長持ちさせるなどの理由で、旧型モデルの処理速度を一部遅くしている、と発表、それに対してユーザーがアップル社を訴えています。

「iPhone」旧モデルの意図的な性能抑制でユーザーがアップル提訴

速度を優先したい人もいれば、電池のもちを優先したい人もいるので、ユーザー側が選べるといいですね。

さらに言うと、速度が遅いけど、電池が何倍ももつ、というiPhone出したら売れるんじゃないでしょうか?

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)