CES2018 その他、面白かったもの

A188E4D4-077C-453D-B296-E376C119D9B3

 NASAのブース。

月の石はありませんでした。

B986B81B-8033-4C5F-BE38-3848F374AE1C

お土産にビニール袋をゲット。

1908ABEB-0394-49AE-B096-F365486AE711

ケーブルなしで充電する、WI-CHARGE。

なにがすごいかって、特殊な蛍光灯で充電します。

E53574E0-2B3A-456D-8983-6F93364C67B4

写真中央やや上にある、蛍光灯のようなものが発した光を受けて、充電します。

たとえると、蛍光灯が太陽で、太陽光パネルで充電する、という感じです。

光の当たる所にまんべんなくエネルギーが放出されているとしたら、エネルギー効率は悪そうですが、どうなんでしょうか?

F578D759-EEC5-41F8-8E76-E6ECB8BA1AE4

BeBopと言えば、ビーバップハイスクールと言いたくなりますが、センサーでした。

ABD1B484-EDFB-4350-B234-803C750F6210

フランスは、La FRENCH TECHとして何年も出展していますが、今年は、国をあげての出展が目立ちました。

4B392AE3-D4BF-44F3-9F8F-3285FFEA10ED

イタリア。

さすがにデザインが洗練されています。

7F6FD005-9081-4487-BE68-2773FB6F3452

オランダ。そこはかとなくチューリップな感じ。

389F6D29-2B43-4A90-B353-34D2248F34B7

モロッコ。デザインについては、コメントを差し控えます。

33F9526B-0486-4532-A3E2-42FD35C90C80

ルクセンブルグ。

CE18D829-8742-47FD-AF53-05DC3DBC37F5

イスラエル。

台湾はLVCC(ラスベガスコンベンションセンター)に大きなエリアで展開していましたし、おなじみの中国深圳市は若干数が減ったように思いますが、今年もありました。

CES側が各国に参加を呼びかけているのでしょうか?

また、気づいた点としては、中国企業の参加が非常に多くなっていて、ここは中国なのか?と思ってしまうこともあるくらい。

スタッフが食事をしていたり、飲み物、食べ物があったりするのは、たいてい中国のブースです。

29CA8FA0-6152-4076-AE2A-1B69118C8DA4

今回は、こういった無料のカートなどを利用して、できるだけ歩くのを減らしましたが、それでも1日2万歩でした。

CES2018

今年もまたラスベガスCES2018に来ています。

いくつか動画で紹介します。

まずはベラジオホテルの噴水で250台のドローンショー by Intel。

2015年は500台でしたので規模縮小傾向?

Google。

外に大きなブースを作りました。

いくつかの建物に分かれていて、一番人気のあった製品紹介のブース。

ジオラマが作られていました。

the Cafeという別の建物では、午前限定でコーヒーとドーナツが、無料で配布されていました。

ドーナツの入っている箱がカッコいい。IMG_5819

元卓球部の私は卓球マシンは避けて通れません。OMRON。

ATARIのPONGが、リアルなマシンに。

発泡スチロールのようなボールとバーです。欲しい!

Googleは別会場では巨大ガチャ抽選会をしていました。

待ち時間1時間以上とのことで、並びませんでした。

持ち主に自動追尾してくれる旅行用スーツケース。IMG_5820

こういうものがあること自体は知っていましたが、実物見たら無性に欲しくなり、ここで売ってないか聞いたら売ってないと言われました。CES用のクーポンコードはないの?とたずねたところ、残念ながらないけど、いいニュースがある、それは、今、注文すると6月に届く、と言われました。

ということで、オンラインで発注してしまいました。Sサイズで約13万円(^_^;)

6月に届くのが楽しみです。