interlink-blog のすべての投稿

2017年最強の海外旅行用Wi-Fi

wifi2

以前のブログでは、中国聯通香港のSIMが一番、と書きましたが、2017年現在では、GlocalmeのWi-Fiが最高と思います。

 

理由は、

 

1) Wi-Fiでありながら、クラウドSIMのため、SIM入れ替えの必要がない

2)現地SIMと同じくらい通信料が安い上、有効期限が30日〜と長い

3)本体もデータパックも日本で購入でき、海外の空港に到着してすぐに使える

4)購入当初は、イニシャルパッケージが1.1GBあるので、それを使える

5)データを使いきった場合の購入が簡単

 

 

価格が高い(Amazonで約2万円)ことを除くと、欠点はありません。

年に1,2回海外出張、旅行する人なら十分に元が取れそうです。

 

当社では、アメリカ本土、ハワイ、中国本土、台湾、ヨーロッパ3カ国で利用して、通信速度も使い勝手も素晴らしかったです。

本体は2種類あり、ディスプレイのついたものと、ついていないものがあります。ディスプレイつきは残容量が一目でわかり操作が楽で、本体が大きいのですが、バッテリーとしても使えます。

ディスプレイなしは、スマホにアプリを入れてコントロールします。本体は小さいです。

 

さて、上記1)から5)を詳しく説明します。

 

1) Wi-Fiでありながら、クラウドSIMのため、SIM入れ替えの必要がない

クラウドSIMなので、一切、SIM入れかえが不要です。現地SIMを買う場合、元のSIMをなくしてしまう心配もありますが、これならまったく心配ありません。

 

2)現地SIMと同じくらい通信料が安い上、有効期限が30日〜と長い

たとえば、フランスで使えるデータパックは下記のように7種類あります。

france

一番安いのは、フランスでしか使えない300MBのデータパックで5ユーロです。ヨーロッパ数ヵ国を周遊する場合でも、1GBで10ユーロからです。世界一周をするなら29.9ユーロです。

ただし、イニシャルパッケージが最初に使われるので、イニシャルパッケージを使い終わってから、各地のデータパックは購入したほうが良いです。

また有効期間が長いので、30日間に2回出張する場合は、そのまま利用可能です。

 

3)本体もデータパックも日本で購入でき、海外の空港に到着してすぐに使える

旅行が決まったら、データパックをすぐに購入して大丈夫です。

現地で利用がはじまったら、そこから30日間有効です。

 

4)購入当初は、イニシャルパッケージが1.1GBあるので、それを使える

これは読んで字の通りで、説明の必要はないでしょう。なお、イニシャルパッケージは365日間有効です。購入して電源を入れるとイニシャルパッケージが使用開始となります。

 

5)データを使いきった場合の購入が簡単

 

さきほどのフランスの例で言えば、300MBを使いきったら、また5ユーロで300MBを購入すれば、すぐに使えます。

 

いまのところ、海外旅行用のSIM、Wi-Fiとして、これ以上の選択肢はないように思います。

 

さて、先日のソフトバンクの株主総会で、孫社長が、無線LANを整備するより、ローミングを整備した方が良い、と発言されたそうです。

孫社長「訪日外国人向けの無料Wi-Fiはなくすべき」(ITMedia)

 無料Wi-Fiよりも、世界中の携帯事業者とデータローミングをする方がいい。例えばアンリミテッドな(無制限の)ローミングなど。

外国人向けだけでなく、ぜひ、ソフトバンクSIMが海外で使えるローミングをアンリミテッドもしくは、Glocalme社同等価格にしてほしいです。

本当は、現地SIMとかWi-Fiを持ち歩くのではなく、ローミングで使える方がいいのですから。

サンシャイン60のトイレ工事

サンシャイン60ビルは、現在、トイレの大規模改修にはいっています。

当社の入居している37階は、6月16日から9月15日までの3ヶ月間、トイレが利用できなくなっていて、38階もしくは36階のトイレを利用するよう、案内されています。

1つの階のトイレに3ヶ月もかかると、60階分では180ヶ月、15年となってしまいますので、そこまではしないでしょうから、37階だけ、なにか特別な理由があるのかも知れません。

冬だとトイレに行く回数も増えますが、まだ夏でよかったと思います。

7月24日 テレワーク・デイに参加します。

テレワーク実施団体

総務省から<7/24 テレワーク・デイ>実施の案内があり、2010年からテレワークをしている当社も参加することにしました。

テレワークとは、在宅勤務のことで、ノマドワーキング(略してノマド)と呼ばれることもあります。

当社では、「ノー出勤デー」、「ノマド勤務」と呼び、2010年より主に夏季に定期的に実施しています。

震災や交通機関が乱れた時には、不定期に行い、2011年の震災時には二週間近く実施しました。

今後も、より働きやすい環境づくりに取り組んでいきたいと考えています。

CES ASIA 2017

IMG_8108

6/7〜6/9まで上海で開かれたCES Asia に行ってきました。

ラスベガス CESに比べると若干小さめですが、人は多いです。

IMG_5164

6/7の日本対シリアのサッカー親善試合で、試合後ユニフォームを脱いだ吉田選手が、女性がつけるスポーツブラのようなものをしている、と話題になりましたが、のちにGPS付きのアンダーウェアだったことが判明しました。

これは、シャツ、ブラ、ベルトで、着ているだけで呼吸や脈拍などが取れるというものです。

今後、スポーツ界では当たり前になりそうな気がします。

IMG_5144

 

写真を撮って、髪型やメガネ、服を色々取り替えて、スタイリストのような役割をしてくれるもの。

IMG_8117

 スマート冷蔵庫。

IMG_8138

 スマートスケボー。

バランスを自動で取ってくれるものを体験できる広場です。

でも…意外と難しく、こける人続出。

IMG_0049

ペット用アイテムも多くありました。

トランシーバーで話しかけるタイプ。

20170608_144401

 プロジェクターで、Wi-Fiで飛ばせるタイプ。

CES ASIA、年々大きくなっています。

いつか本家ラスベガスより大きくなる日が来るのでしょうか?

Computex 台北 2017

 IMG_8054

Computex 台北に来ています。まずは南港エキシビジョンセンターへ。 

IMG_8055

こういう登録証をもらいます。

IMG_8056

イベントでは珍しい、ゲートにかざすパターンです。

IMG_8057

地元のテレビ局の中継のようです。

IMG_8058

コンパニオンが大勢います。

IMG_8063

Thermaltake社のブース。

コンピュータを自作する人向けに、ケースやクーラーなどを売っている会社ですが、自作マニア、プロの力作がすごい!

IMG_8060

これはドンキーコングをモチーフにした自作PC。アメリカの人の作品。

IMG_8061

これ、PCですよ?!ブラジルから。

IMG_8064

これは Ronnie Haraさんの作品。大きさがわかるよう、iPhoneを一緒に写しました。

IMG_8066

別会場のInnovexの方では、スタートアップがビジネスモデルをプレゼンするピッチコンテストも開催されています。(英語)

Computexだけあって、ハードウェア寄りです。

何か危険があった時に周りに知らせるアイテムや、IoT向けのセキュリティを高めるものなど、なかなか面白かったです。

その他、一般メディアが伝えなさそうなものを。

IMG_8059

PCケースに金箔を塗りつける、金髪のお姉さん。

IMG_8067

クラウド関係の会社が、綿菓子を配っていました。

綿菓子がクラウド(=雲)みたいだからでしょう。 

TOEIC 団体受験しました

site-id_img02

 

英語のテストと言えば、TOEICが日本の企業では標準で、当社も久々に、10年ぶりですが、団体でTOEIC試験を受けました。

まるまる2時間休憩なしでのテストなので、終わるとグッタリです。

私も受けましたが、10年前よりスコアは下がってるだろうなあと思います。

問題の内容は、時代に合わせて新しくなっていて、人材採用担当者とメールでやり取りする場面とか、オンラインでセールスをするというような場面がありました。

かなり実用的だなあと改めて感じました。

試験中の写真撮影は禁止のため、試験後にホワイトボードを撮影しました。

 IMG_7985 

会社として、何点以下はダメ、みたいなことはないので、各自のスキルアップのきっかけになれば、というふうに考えています。

オタク川柳が急にバズってビックリ

オタク川柳は、11月頃募集開始、3月に大賞発表、という感じに進行しています。

会社としては、11月から4月くらいに盛り上げようと頑張りますが、この週末、季節外れのオタク川柳がバズってびっくりしました。

hijidoratweet

聖【ひじり】さんのtweetが、現時点で6万2000RT、いいねが7万3000となっています。

主催会社が知らないところで、インフルエンサーの発信した1つのtweetがバズっていく、というソーシャルメディア時代を実感する出来事でした。

 

インターリンクは世界規模で被害拡大のランサムウェアから世界を救ったのか?!

昨日のブログ『世界規模のランサムウェア攻撃「WannaCry」はドメイン名登録で止まる?!』で書いた件ですが、その後、様々な日本語の記事が掲載されました。

 

「ランサムウェアの拡大から世界を救った22歳」(Business Insider Japan)

 

「全世界的なランサム・ウェアの攻撃を偶然の発見で停止できたようだ」(TechCrunch Japan)

 

一般の方にもわかりやすく簡単に説明すると、

ランサムウェアWannaCryの拡大を止める、スイッチが存在して、それは「特定のドメイン名を登録し有効化すること」だった。

22歳のアナリストが、そのスイッチの1つを偶然発見した。

スイッチとなったドメイン名は、

iuqerfsodp9ifjaposdfjhgosurijfaewrwergwea.com

です。(たとえば、と但し書きをつけつつも、このドメイン名を昨日の私のブログで公表しています。ICANNのメーリングリストで情報を得ました。)

その後、世界中のエンジニアが解析をし、解析情報をtwitterで報告するなどして、上記以外に4つのスイッチを発見しました。

ayylmaotjhsstasdfasdfasdfasdfasdfasdfasdf.com
ifferfsodp9ifjaposdfjhgosurijfaewrwergwea.com
iuqerfsodp9ifjaposdfjhgosurijfaewrwergweb.com
iuqssfsodp9ifjaposdfjhgosurijfaewrwergwea.com

そして、有志がこれらのドメイン名を取得し、ランサムウェアの拡大を止めるということが行われていました。日本時間で5/16の午後のことです。

当社ではいち早くこの情報を入手し、上記4つのドメインの登録状況を調べたところ、1つが未登録であることがわかり、急遽、そのドメイン名を取得し、ランサムウェアの拡大を止める手助けをすることとしました。

当社がランサムウェア拡大を防ぐために取得したドメイン名は、

iuqerfsodp9ifjaposdfjhgosurijfaewrwergweb.com

です。

 

キルスイッチを発見した22歳のアナリストですら、拡大を止めたという確認に時間がかかっているので、当社が登録したドメイン名が拡大を止めたかどうか、現時点ではわかりませんが、入手可能な情報に基づき、インターネットの安定のためになすべきことをなした、と考えております。

世界規模のランサムウェア攻撃「WannaCry」はドメイン名登録で止まる?!

Cybersecurity

今、世界中で話題のランサムウェア「WannaCry」を、ドメイン名を登録することで止められるかも知れません。

http://www.independent.co.uk/life-style/gadgets-and-tech/news/nhs-cyber-attack-ransomware-wannacry-accidentally-discovers-kill-switch-domain-name-gwea-a7733866.html

22歳のサイバーセキュリティアナリストがドメインを登録することで、多くのWannaCryをシャットダウンさせました。

コードの中にとある登録されていないドメイン名を見つけ、それがきっと鍵に違いないと思ってドメイン名を登録したそうです。

ハッカーは、ドメイン名をキルスイッチとして、使っているようです。

つまり、あるドメイン、たとえば

「iuqerfsodp9ifjaposdfjhgosurijfaewrwergwea.com」

を登録すると、攻撃が止まるのです。

WannaCryの警告に応じて、被害者がビットコインを支払うと、ハッカーは、ドメイン名を取得しているのでしょうか。

まだ本情報は、各種セキュリティ団体が認めたものではありませんので、取扱には注意をお願いします。