interlink-blog のすべての投稿

WannaCryヒーローがFBIに逮捕

WannaCryアタックを、ドメイン登録で止めたヒーロー、弱冠23歳のセキュリティアナリストがFBIに逮捕されました。

 詳細はこちらのリンクをご覧下さい。

Briton who stopped WannaCry attack arrested over separate malware claims(theguardian 2017/8/3)

ヒーローがFBIに逮捕されるという、急転直下、驚天動地、スリルとサスペンスのアメリカのテレビドラマを見ているようです。

8/3に一報があってから経過を見守っているのですが、続報はないようなので、テレビドラマだとしたら、このあとの展開がどうなるかを勝手に考えてみました。

・逮捕されたことで恨みを抱き、FBIやアメリカに復讐する。ヒーローがダークサイドに墜ちるパターン。スターウォーズのダースベイダーですね。

・元々ダークサイドだったことを、正義の味方FBIが暴いた。ダークサイドから改心し、今後、FBIとともに活躍し、真のヒーローになる。

などと妄想してしまいます。

 このように米国ではびっくりするような展開でしたが、日本ではどうなったかと言うと・・・

 当社が取得したキルスイッチかもしれないドメインは、総務省にご紹介いただいた、国立のサイバーセキュリティ関係の研究所にお譲りしました。

 という、とても地味な展開でした。日本のサイバーセキュリティの向上のため、ドメインが少しでもお役に立てば、という考えからこのようにしました。

 

カナダ エドモントン アニメソン 24

IMG_2826

日本ではコミケの真っ最中の8/11〜13、カナダ エドモントンで開催された、Animethon 24(アニメソン24)に行ってきました。

24回目の開催ですので、歴史がありますね。

写真はメインホールで開催された、コスプレコンテストの様子です。収容人数はざっと数えた所、2000名くらい。

エドモントンは、日本からだとバンクーバーから飛行機で1時間半、カナダでは5番目の都市です。

ダウンタウンにある、MacEwan大学が会場です。

IMG_2793

敷地は16haとのことなので、東京ドーム3.4個分。

IMG_2830

天候もよく、芝生エリアはコスプレイヤーが集合しています。

IMG_2822

大学校舎内を通って、登録場所へ向かいますが、広くて10分くらいかかりました。

IMG_8792

これが登録場所です。

IMG_2798

3日間55カナダドル(約4800円)を購入。

IMG_2803

Animethonの公式グッズも売られています。

IMG_2799

 しかも結構売れていて、売り切れも。

IMG_2807

ARTIST ALLEYは、ミニコミケ的な感じです。ポスターが多く売られていました。

IMG_2820

YOUTUBERの取材を受けている、コスプレイヤーさん。

地元テレビ局がいるか、探しましたが、見つかりませんでした。

IMG_2823

ロリータファッションの研究会。

このように、大学の教室で各イベントが行われます。使われる教室、ホールの数は30から40程度。

IMG_2836

東方プロジェクトの研究会。

IMG_8840 2

ビデオゲームをみんなでプレイする教室。

IMG_2828

大学内のカフェや売店は営業していて、混雑しています。

IMG_2832

疲れた時、座れる場所があちこちにあるので、非常にありがたいです。

小さなイベントかと思っていましたが、予想以上に大きく、楽しいイベントでした。

さて、今回オフィシャルホテルのコースとエドモントンプラザホテルに宿泊しましたが、APAの傘下になっていました。

IMG_8845

トイレがウオッシュレットになっていたところにAPAを感じました。

また、MacEwan大学に野ウサギがいました。かなり大きめで、かわいい感じではなかったですが(笑)

FullSizeRender 21

 

カンパン食べるのが流行っています。

IMG_8734

最近、インターリンク社内で、お昼にカンパンや、パン缶を食べるのが流行っています(笑)

どうしてかと言うと・・・

2011年に全社員に配布した非常持ち出し袋のカンパン、パン缶、水の有効期限が迫ったため、入れ換え用のカンパン、パン缶、水を配布しました。(写真)

そうしたところ、有効期限が迫ったものを、捨てるのはもったいないので、食べている、とこういう次第です。

2014年には、たためるヘルメットも配布しているので、防災用グッズとしては、割と充実しているほうなのではないかと思います。

ただ、こういうモノは使われないほうが望ましいですね。

参考:2011/11/7 非常持ち出し袋の支給

   2014/10/5 たためるヘルメット「タタメット」

ICANN49 ヨハネスブルグ報告会

icannlogo

8月8日、ICANN49 ヨハネスブルグ報告会がJPNIC主催で行われました。

当社から、ウィリアムズが

『レジストリ・レジストラ関連状況報告』

をさせていただきました。

レジストリ・レジストラ関連では、whoisの正確性をあげる、という取り組みが少しずつですが進んでいます。

ICANNミーティングでは、メンバー限定会議や、同じ時間帯に複数の会議があったりして、すべての会議に出ることは不可能なのですが、ICANN報告会で一通りのことが理解できますので、おすすめです。

第8回シリコンバレーインターンシップに出発

2011年からスタートしたシリコンバレーインターンシップ、今年は春夏2回の開催で通算8回目となりました。

本日、8月3日、成田空港から出発しました。

IMG_8745

成田空港の有料待合室に集合です。

IMG_8743

結団式を行います。

全体スケジュールや配布物の説明など。

そして、搭乗ゲートへ。

IMG_8738

今回は、宿泊場所の関係で初めてサンノゼ空港に向かいます。

奮闘記が早ければ明日からFacebookで見れますので、どうぞご覧ください。

男子学生4名、女子学生1名の5名の優秀な学生さんたちが、素晴らしい体験をしてくれることを期待しています。

福岡 朝倉 流木撤去ボランティア

FullSizeRender 15

九州北部豪雨で被害を受けた、福岡県朝倉市、東峰村に、当社から6名の社員がボランティアに行ってきました。

ボランティアの受付、保険の加入をこちらのテントでしたあと、

FullSizeRender 18

初めての参加者はオリエンテーションへ。

その後、公園の流木撤去に向かいました。

FullSizeRender 12

近くの川には流木が散乱しています。

FullSizeRender 14

 公園内の流木です。持てる長さに切って、運びます。

参加した社員によれば、とても暑く、きつい作業だった、ということです。

FullSizeRender 16

そして汗だくになったあと、無料でボランティアにかき氷を提供してくれる車がありました。とてもおいしかったとのことです。

参加した社員からは、「貴重な体験だった」「きつかったが達成感があった」「今回の現場がどれだけ回復しているか、一年後にまた来てみたい」といった声がありました。

本日、NHK NEWS WEBにも、朝倉市の流木撤去のことがニュースになっていました。こちら

当社は小さな会社なのであまり大きなことはできませんが、できる範囲で社会貢献にも取り組んでいます。

インターリンクの社会貢献活動

(注:オリエンテーション風景は朝倉市、それ以外は東峰村の写真です。)

2017年7月誕生会

2017年7月誕生会は、ジョーズシャンハイでした。

当社社員には、ジョーズシャンハイがお誕生会開催で一番人気のような気がします。

IMG_8719

安定のおいしさ、小籠包。

IMG_8718

まんなかに鎮座するのは、チャーシューではなく、フカヒレです。

フカヒレごはん、もしくは、フカヒレ麺のどちらか選択でした。

私は、フカヒレごはんを選択しましたが、ボリュームもたっぷりでした。

IMG_8720

中華のデザートは、杏仁豆腐かごま団子ですよね。

おいしくいただきました。暑さに負けず頑張りましょう。

ロボットパーク見学、スケルトニクスとKABUTOM試乗

main_slide_2

 Robo Cup 2017(世界大会)が名古屋で開催されました。

この大会そのものではなく、併設されたロボットパークが面白そうなので見学してきました。

IMG_8706

入口はこんな感じ。

ロボットパークは1号館なので、ここから3分くらい歩きます。

まず目を引くのは、カブトムシ型ロボット KABUTOM RX-03です。

IMG_8702

もう本当にでかいです。これが歩くとか信じられませんね。

実際に動く動画がありました。

地面が平らなアスファルトの駐車場のような場所であれば、実際に動かせるそうです。

イベントにも積極的に出かけるということでした。輸送費がとても高くなるらしいですが。

IMG_8712

 内部の様子です。LEDをいろいろつけてあって、狭いですが、宇宙船のようです。

IMG_8711

女性スタッフがいて、案内してくれました。写真がブレてて申し訳ないです。

その後、スケルトニクスに試乗。

skeltonics

 固定されていて、手と指を動かすことができます。

両手をあげたのですが、操作しているというより、操作されてるように見えますね(笑)

歩いてみたいのですが、ダメとのこと。

デモンストレーションがありました。

IMG_8708

ラウンチャーから切り離されて歩き始める瞬間

IMG_8707

 のしのし歩きます。

 

 近くで見ると迫力ありました。

Amazonが、やっとドメイン「 .amazon」をゲット

amazon_logo_500500

 アマゾン社はICANNに「.amazon」、「.アマゾン」、「亚马逊」(中国語)を申請し、却下されていましたが、やっと認可されました。

 なぜ却下されたか、ですが、ブラジルやペルーの代表が、amazonは地域名であるとアピールしたからです。

 GAC(ICANNの政府諮問委員会)は、アマゾン社の3つのTLDを却下すべきという答申を理事会に出しました。

 ICANN理事会は、GACの答申に従わなければいけないわけではないのですが、2014年5月14日、ICANN理事会はこのGACアドバイスに従い、正式にアマゾン社の申請を却下しました。

 ただ、これで終わりではなく、ICANNの仕組みがよくできていると思うのですが、ICANNの決定に不服の場合は、第3者委員会に訴えることができ、アマゾン社はこの第3者委員会に訴え、最終的に、.amazonの申請を却下する根拠はないと判断されたのです。

アマゾン社の訴えの中には、

ブラジルにはイピランガという川があり、地域名としても使われているが、同名の石油会社もあり、その会社が、.ipirangaを申請し、それは認可されている。アマゾンも同様に認可されるべきだ。

というのがありました。たしかに、この主張は理にかなっていますね。

 アマゾン社が第3者委員会に使った163,045.51 ドルを、ICANNが支払うこととなりました。

 実は、アウトドア用品で有名なパタゴニアは、.patagoniaを申請していたのですが、アマゾン同様、地域名であるからと却下され、申請をあきらめてしまいました。粘っていれば、取得できたかも知れません。

関連記事:Governments slammed for overreach as Amazon wins gTLD appeal

ICANNの正式な文書はこちら

Tech Open Air ベルリン

IMG_8587

今回の出張は、欧州経由でブラジルサンパウロに行きました。

行きはパリ経由でJapn EXPOを見て、帰りはベルリン経由で、7月11日から7月14日まで開催されたTech Open Airの最初の2日間、見学してきました。

Tech Open Airは、

2万人が参加、ヨーロッパで最もイケテルTechカンファレンス

200以上のサテライトイベント

ベルリン中がTech Open Airの会場になる

と思って行ったのですが、予想とは違う結果になりました。

まずはメイン会場まではベルリン市内から車で30分くらい。Uberでも20ユーロ(約2500円)

日本で言うと、天王洲アイルあたりでしょうか、倉庫が並ぶ、そんな感じの所です。

IMG_8638

こちらが会場の受付です。事前登録で359ユーロ(約4万5000円)払っていたペーパーを見せます。

ここでおみやげのトートバッグをもらいました。中はチラシのみ。ボールペンもTシャツもなし。

実は、登録案内に7/11 18時〜と書いてあったのですが、実際には7/11はオープンしておらず、7/12からでした。

IMG_8639

こんな感じの案内板があり、Sunstageを見てみると、

IMG_8640

マイクロバスの前で一人しゃべってますが、聴衆は3人くらい><

IMG_8641

水辺で談笑する参加者たち。Open Airらしいですね。

IMG_8642

テントの中で、談笑したり食事をする参加者。ちょうどお昼時でした。

この期間中、ベルリンの天気が悪く、時々雨が降っていました。

IMG_8643

食事のブースがたくさん並んでいました。

IMG_8644

 ホットドッグや

IMG_8645 

ハンバーガー

IMG_8646 

アイスクリーム。

IMG_8647

さすが卓球王国ドイツ。卓球台がありました。日本代表として(笑)、挑戦者を待ったのですが、誰も来ませんでした。

IMG_8648

屋内にもブースがありました。こちらインスタグラム。

IMG_8649

どこかで見たような人ですね。

IMG_8650

右奥に見えるのは、ドイツのインターネット接続業者、1&1のブースです。それにしても人がいない。。。

IMG_8651

屋内にもステージがありました。

IMG_8652

サテライトイベント会場を見つけて、そちらに行きました。メイン会場からは車で30分くらい。

しかしTech Open Airのポスターすら、ありません。

よくわかってなかった私がいけないのですが、サテライトイベントに参加するには、事前登録が必要でした。事前登録をしていないため、門前払い。

 参加者数2万ということですが、サテライトイベントのみの参加者も含めていると思われます。サテライトイベントは、本登録(359ユーロ)は不要です。359ユーロをもし2万人が支払ったら、約9億円にもなってしまいます。ただし、サテライトイベントの中には別途登録料のかかるものもあります。

エンジニアを青空の下に集めるとか(実際には曇り空の下でした)、サテライトイベントをたくさん開催してもらう、というのは面白いのですが、ちょっと登録料高すぎかなと思います。