カテゴリー別アーカイブ: 旅行

サンフランシスコ空港入国審査を5分で通過する方法

APC-kiosks

 

今回のサンフランシスコ入国も5分で済みました。

長蛇の列を隣に見ながら、です。

 

写真のAPCというkiosk端末を利用することで、簡単に入国審査が終わります。

知らない人が多いのと、サンフランシスコ空港はちょっとわかりにくい所があるので、解説しておきます。

 

条件は、

・2009年以降、1度でも米国に入国したことがある

・ESTAを持っている

です。

 

ここが難関ですが、

サンフランシスコ空港のAPCは「US Citizen(米国市民)」側

にあります。

普通に「Visitor」側に行くと、通常の審査官による長蛇の列になるので、

「私は米国市民・・・・」と呪文を唱えながら、左側のレーンを進んでください。

よく見ると、ESTA所持者はこちら、という案内が小さく出ています。なにか言われたら、

「リターン エスタ」

と言いましょう。それでOKです。

 

端末の前に立ったら、まずすることは、言語を選ぶことです。

日本語を選べば、あとは画面の説明通りやればいいだけです。

 

APC Kioskの指示通り、指紋採取、顔写真撮影をして、税関申告書にあるような質問に答えると、用紙が出てきます。

 

それを持ってEXITに進みます。もし大きなバツ印がなければ、審査官に紙を渡して終わりです。バツ印がある場合は、別の列に誘導され、こちらに行ってしまうと時間がかかります。(ただし私は一度もありません)

黄色の税関申告書は不要です。さきほど出てきたレシートを税関で渡します。

 

アメリカの空港によっては、入国する人がほぼ全員APC Kioskに誘導される空港もあり、その場合、あまり時間短縮は見込めません。サンフランシスコ空港は、US Citizen側にあるため、常にガラガラなので、とても早く入国可能です。ぜひお試しを。

2009年から始まったESTAで2000円弱を余分に米国政府に払わなければいけなくなりましたが、このような利便性も持たせてくれると、まあ、いいかなという気がしますね。

在日米国大使館 APC Kioskの説明

ブラジルの秋葉原に行ってすぐ帰った話

私は、海外の秋葉原、に行くのを、また一つの楽しみにしています。

これまで、中国の秋葉原(北京 中関村)やフランスの秋葉原(パリ モンガレ通り)に行ってきました。今回はブラジルの秋葉原、サンタ・イフィジェーニアに向かいました。

 IMG_8604

これのどこが秋葉原なんだ?とお思いになるでしょう。

実はこれ、電気街が日曜日ですべて閉まっていて、ホームレスがうろついてて治安が悪そうで、すぐに帰ろうとUberを待っている時に、道の向こう側、電気街と反対側を撮ったものです。

シャッターが下りてたとは言え、なぜ電気街を撮らなかったかというと、カメラを向けるとどうしてもホームレスが入ってしまい、万一、彼らにからまれたら面倒だと思ったからです。

ということで、レポートできず。次回は平日に行ってみたいと思います。

冒頭の写真ですが、最上階をよく見ると、アンテナだらけです。

IMG_8445

高層階は一番高く売れると思うのですが、ブラジルでは売らずにアンテナ置き場?まさか、ホームレスが住んでるなんてことはないよね?と変な想像をしてしまいました。

さて、気を取り直して、日本人街 リベルダージへと向かいました。

移動にはUberが便利です。十分な数のUberがいます。

ただし、車は小さめでした。

IMG_8607

広場前はすごい人人人。

日曜日は露店が並ぶようです。

 

IMG_8590

お土産やさんの表記が、オミヤグエ、でポルトガル語っぽいです。

IMG_8591

うろついていると、なにやらオタク臭のする雑居ビルを発見。

入って見ると、

IMG_8596

こんなお店がありました。

IMG_8593

このお店はSHINOZAKIというお店ですが、一番お客さんが入っていました。Anime Friendsでも人気でした。 

IMG_8594

 フィギュアがたくさん。

IMG_8595

こんな感じで、このビルは全部かオタク系ではありませんが、かなりたくさんのお店が入っていました。

場所はリベルダージ広場のすぐ近く。

IMG_8598

次にパウリスタ通りへ向かいました。

IMG_8599

こちら、日曜日は歩行者天国でした。

治安はすごく良く、電気街サンタ・イフィジェーニアとは別の国に来たような錯覚に陥ります。

もちろん、日本人街リベルダージも治安は同じくらい良かったです。 

IMG_8600 IMG_8601

 こちらも公園や美術館の駐車場に露店が並んでいました。

骨董品やお菓子など。

さらに、大道芸人もいました。

しかもサッカー技です。

芸人さんはもちろん上手でしたが、飛び入りの観客も上手なだったのが、さすがサッカー大国ブラジルと思いました。

リオのカーニバルが有名ですが、サンパウロもカーニバルはすごいらしいです。

練習しているチームがありました。

 ブラジルの秋葉原は、いつか平日に行ってみたいです。

2017年最強の海外旅行用Wi-Fi

wifi2

以前のブログでは、中国聯通香港のSIMが一番、と書きましたが、2017年現在では、GlocalmeのWi-Fiが最高と思います。

 

理由は、

 

1) Wi-Fiでありながら、クラウドSIMのため、SIM入れ替えの必要がない

2)現地SIMと同じくらい通信料が安い上、有効期限が30日〜と長い

3)本体もデータパックも日本で購入でき、海外の空港に到着してすぐに使える

4)購入当初は、イニシャルパッケージが1.1GBあるので、それを使える

5)データを使いきった場合の購入が簡単

 

 

価格が高い(Amazonで約2万円)ことを除くと、欠点はありません。

年に1,2回海外出張、旅行する人なら十分に元が取れそうです。

 

当社では、アメリカ本土、ハワイ、中国本土、台湾、ヨーロッパ3カ国で利用して、通信速度も使い勝手も素晴らしかったです。

本体は2種類あり、ディスプレイのついたものと、ついていないものがあります。ディスプレイつきは残容量が一目でわかり操作が楽で、本体が大きいのですが、バッテリーとしても使えます。

ディスプレイなしは、スマホにアプリを入れてコントロールします。本体は小さいです。

 

さて、上記1)から5)を詳しく説明します。

 

1) Wi-Fiでありながら、クラウドSIMのため、SIM入れ替えの必要がない

クラウドSIMなので、一切、SIM入れかえが不要です。現地SIMを買う場合、元のSIMをなくしてしまう心配もありますが、これならまったく心配ありません。

 

2)現地SIMと同じくらい通信料が安い上、有効期限が30日〜と長い

たとえば、フランスで使えるデータパックは下記のように7種類あります。

france

一番安いのは、フランスでしか使えない300MBのデータパックで5ユーロです。ヨーロッパ数ヵ国を周遊する場合でも、1GBで10ユーロからです。世界一周をするなら29.9ユーロです。

ただし、イニシャルパッケージが最初に使われるので、イニシャルパッケージを使い終わってから、各地のデータパックは購入したほうが良いです。

また有効期間が長いので、30日間に2回出張する場合は、そのまま利用可能です。

 

3)本体もデータパックも日本で購入でき、海外の空港に到着してすぐに使える

旅行が決まったら、データパックをすぐに購入して大丈夫です。

現地で利用がはじまったら、そこから30日間有効です。

 

4)購入当初は、イニシャルパッケージが1.1GBあるので、それを使える

これは読んで字の通りで、説明の必要はないでしょう。なお、イニシャルパッケージは365日間有効です。購入して電源を入れるとイニシャルパッケージが使用開始となります。

 

5)データを使いきった場合の購入が簡単

 

さきほどのフランスの例で言えば、300MBを使いきったら、また5ユーロで300MBを購入すれば、すぐに使えます。

 

いまのところ、海外旅行用のSIM、Wi-Fiとして、これ以上の選択肢はないように思います。

 

さて、先日のソフトバンクの株主総会で、孫社長が、無線LANを整備するより、ローミングを整備した方が良い、と発言されたそうです。

孫社長「訪日外国人向けの無料Wi-Fiはなくすべき」(ITMedia)

 無料Wi-Fiよりも、世界中の携帯事業者とデータローミングをする方がいい。例えばアンリミテッドな(無制限の)ローミングなど。

外国人向けだけでなく、ぜひ、ソフトバンクSIMが海外で使えるローミングをアンリミテッドもしくは、Glocalme社同等価格にしてほしいです。

本当は、現地SIMとかWi-Fiを持ち歩くのではなく、ローミングで使える方がいいのですから。

最近のESTAは両親とかSNSとか書く

500px-ESTA_logo.svg

 

アメリカに行くのに、ESTAが必須とされたのは、2009年です。

有効期間は2年で、有効期間が切れたり、パスポートが変わると再度申請が必要です。

私は2016年12月にまた申請をしたのですが、この2年くらいで、申請時に書く内容が増えていることに気がつきました。

まずは、両親の名前が必要になりました。

parents

そして、オプションですが、ソーシャルメディアの情報も書く項目があります。

sns

選択肢に入っているソーシャルメディアは、

sns list

mixiが入っていなくて残念です。

アメリカの医療費と海外旅行保険

B19867

アメリカの医療費が高いことは昔から有名で、私も米国在住の人から聞いていました。

アメリカの自己破産の6割は医療費が原因…。

たとえば、盲腸だと

アメリカで盲腸手術をした治療費(575万円)がやばいと話題に 日本は天国だった

ということで、自己負担(会社負担)100万円くらいであれば、当社でも払えると思っていたのですが、

この記事を見つけて、驚きました。 

米国で入院し9335万円の請求!

当社は法人クレジットカードの保険でカバーしようとしていましたが、調べてみると治療は300万円が限度でした。

自己負担(会社負担)が9000万円とかになってしまうと、当社のような小さな会社は、会社が傾きかねません。

そこで、今年から出張については、全員、治療費用無制限の海外旅行保険に入ることにしました。

今日からラスベガスのNamesConに行ってきます。

オタク向け海外旅行、海外出張必携アイテム

オタクの海外必携品、ということで、簡単にまとめてみました。

私が海外出張する際に、パスポートの次に必ず持っていくものです。

値段は2016/8/16現在のAmazonでの価格です。

1.サンディスク コネクトワイヤレスメディアモバイル ¥5,980

WMD_top-retina 

 これは、本来はデータを共有するためのものですが、Wi-Fiで受けたものを、Wi-Fiで流せるので、なんと、「ホテルWi-Fiの共有」や「機内Wi-Fiの共有」が可能です。
JALの機内Wi-Fiで使ってみたところ、2台のスマホで使えました。(同時アクセスではありませんが)
ホテルWi-Fiや機内Wi-Fiは複数台での同時アクセスは規約上不可だったりするので、その点は要注意です。

ワイヤレス メディアドライブで機内Wi-FiやホテルWi-Fiを共有する

 

2.中国聯通香港の現地SIMとGIGSKYのSIM ¥2,980

2017/6/23追記

現在では、GlocalmeのWi-Fiをオススメします。

2017/6/23のブログをご参照ください。

 

 

 

 

 

スクリーンショット 2016-08-17 9.41.53

gigsky_01.jpg

現地SIMを買うのが一番いいのですが、現地SIMを買うためにお店を探して購入する時間が、滞在時間の限られる海外では結構バカになりません。
最近気に入っているのが、中国聯通香港(China Unicom)のSIMで、Amazonで購入可能です。3日くらいで届きました。3Gですが、iPhoneでテザリングも可能でした。
ヨーロッパ15日1GB ¥3,300
アメリカ30日無制限 ¥3,100
など。
GIGSKYはApple SIMでも採用されている世界各国の通信サービスを購入できるもので、やや割高ですが、世界中で使えるので1枚は持っておきたいもの。

 

3.Anker USB 充電器 2ポート ¥1,699

A2021121_ND01

急速充電で24A。ホテルでは4ポートくらいあったほうがいいですが、機内に持ち込んで使うことを考えて、小さい2ポートを選択しています。

 

4.Anker ポータブルバッテリー 10,000mAH ¥2,599A1263021_TD01_V1

 

カタログ上は、10,000mAHあるのでiPhone6Sを4回充電可能。使用しながら充電することが多い実用上は2.5回くらいですが、このくらいあれば十分です。
なるべく軽い方がいいので、10,000mAHを愛用しています。

 

5.プラネックス ちびファイ2  ¥4,248mzk-ue150n

 

ホテルのLANを無線にすることができます。国内では出番は多いのですが、海外では少なめです。Macbook AirにはLANポートがないので、その用途にも使えます。

 

どうでしょう?これだけあれば、ほぼ世界中どこでもすぐにオンラインになれます。

ロボットが応対してくれる『変なホテル』

IMG_3359

先日、ハウステンボスにある『変なホテル』に行ってきました。

ここは、フロントにロボットがいて、チェックインをしてくれます。

これは普通の女性型ロボットです。 

名前を言ってください、と言われて、名前を言いますが、音声認識はしていないようで、右のマシンでチェックインをしてくれと指示されます。

実際には決められた順番で文章を言っているだけの感じです。

マシンでのチェックインが終わると、終わったことはロボットにもわかるようで、ありがとうございます、ごゆっくりお過ごしください的なことを言われます。

IMG_3349

こちらは、恐竜型ロボット。

ちなみに、恐竜型ロボットの方が人気があり、チェックインの行列は長かったです。

フロントは、女性型1名、恐竜型2匹の3名体制です。

IMG_3299

ホテルエントランスには、スケルトニクスらしきロボットが。

IMG_3301 

これはクロークマシンで、荷物を預かってくれます。

IMG_3306

こちらは宿泊したE棟。休日だったのでとても高くて1泊4万円でしたが、工事現場のプレハブをちょっと高級にした感じでした。

これには少々がっかりしました。

.earth、はじめました

リリース用

2015年9月24日午前1時より、

地球を愛する人のドメイン「.earth

の商標権者登録がはじまりました。

 

一般登録開始は2015年11月20日午前1時〜となります。

 

地球の歩き方公式HP」を運営する株式会社地球の歩き方T&Eは、商標登録期間に先駆けて実施された「.earthファウンダーズプログラム」にて「arukikata.earth」を取得、世界初の「.earth」ユーザーとなりました。同社担当者はドメイン取得に際して、「世界が穏やかであるからこそ、私たちは安心して旅をすることができます。earthが内包する「環境」や「平和」などの語感は、当社の事業ベクトルに合致しており、地球上のどこにでも安全で快適な旅が楽しめるためのコンテンツを発信していくドメインとして arukikata.earth を活用していく所存です。」とコメントを寄せていただきました。

arukikata.earth

 

「.earth」について 

「.earth」は、インターリンクが2009年に開催したコンテスト「WDC(ワールドドメインカップ)」にて、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、日本、中国、韓国など世界中から寄せられた約11,000件(ドメイン種別3,944種類)の応募の中から、最終選考委員会によって選ばれ、一般投票で新ドメイン化が決まりました。ネットユーザーが選んだ世界初の新ドメインです。地球を支える一員として活動するインターネットユーザーのための、オンラインコミュニティを形成するプラットフォームとなることが、「.earth」のミッションです。

タクシーよりUberが多いNY(Uber四方山話)

IMG_1800

ちょっと古い話(2015年3月)なんですが、ニューヨークでは、タクシーがすごく多いイメージですが、実はタクシーよりUberの車の方が多くなっています。さらっと書きましたが、すごいことですね。

Facts and figures on New York’s more than 13,000 yellow cabs vs. Uber’s 14,000 cars

まあ、タクシーはほとんど毎日稼働しますが、Uberはたまにしか稼働しないので、実際にはタクシーの方が多いはずです。

そういえば、ニューヨークでタクシーに乗った時、運転手が車内にタクシードライバーライセンスを貼っていました。

本職のタクシー運転手が、自営業になった感じでしょうか?

もうひとつニューヨークとUberネタですが、タクシーでJFKからマンハッタンまでは定額+チップで大体$65〜$70くらい、Uberは定額で$60(チップ不要)です。

安いイメージのUberですが、それほど安くないです。

特に、空港でUberに乗る時は注意が必要。

運転手が迎えに来るから空港ロビーで待ってろ、というメッセージが出ることがあって、そのまま待っていましたが、いままで一度も迎えに来たことがありません。(2回ほど待ちました)

それに空港自体で待機してるわけではないので、迎えに来るまでに時間がかかります。私の経験上、10分以上。

ですので、「行きはタクシー、帰りは空港までUber」が良いかと思います。

また、Uberはキャンセル料金が高いです。注文してから5分以上経ってからのキャンセルや、その車と出会えなかった場合にも取られてしまいます。だいたい1000円くらいです。乗った方が安い!

出会えなかった場合は、Uber社にクレームを言って、キャンセル料なしにしてもらったことがあります。

ところで…

私は、Uberで各地を旅行した気持ちになる、という遊びをたまにします。

上の画像は、20157/7/27午後2:55(日本時間)のニューヨークのUber稼働状況です。ニューヨークは7/27の午前1:55、真夜中です。

IMG_1801

上はロンドン朝7時。

IMG_1802

 

こちらは北京、午後2時です。

昔でいえば、時刻表を見て楽しむ、というのに近い遊びかな、と思います。

 

シリコンバレーロボットブロックパーティとスタンフォードクールプロダクトエキスポ

  image3-1

シリコンバレーロボットブロックパーティというイベントが4月8日、パロアルトのWilmerHaleで開かれました。 

image2-2 

これは、脳波で動かすヘリコプターの実演です。

うまく動きません;;

image2-1

製品としてはこんな感じ。

image4-1

こんな感じのごつい2足歩行ロボットもあれば、

image1-3

工作好きなおじいさんが趣味で作ってる、ロボットもあります。

image9

こんなものが、わさわさと足元を歩いてきて、びっくりしたり、

image6

R2D2がピコピコと話をしてたので、かわいくて抱きしめたりしました。

image8-1

今流行りのウェアラブルもありました。

image7-1

子供連れのお客さんも多く、のどかな春の一日という感じです。

さて、そんなに長居はできません。

なぜなら同日にスタンフォード大学ではクールプロダクトエキスポが開催されています。

一通り見たらUberでスタンフォード大学に向かいます。

image10

会場前には、近未来型の自動車の展示と、小さな看板がありました。

image11

会場自体は、こんな感じ。小さいです。

image12-1

電動バイクです。

image13-1     

こちらは写真中央の人に注目してください。

スケボーのようなものに乗っています。これが電動のスケボーで、それなりに姿勢制御もしてくれる、というものです。

試乗している人たちを見ていましたが、結構難しそうでした。

もっと安定性の部分はコンピュータがやってほしいところです。

 image4-2

これはバーチャルリアリティ系のゲームです。

指輪状のものをさわることで、敵を倒すというものです。

他には、ウェアラブル端末系が多くありました。

 

どちらのイベントものんびりとしていて、日本の大学の研究所公開とかに比べると、驚くほどです。

発表されている内容も、???と思うようなものも多く、でもそのあたりを許容することも、シリコンバレーの懐の深さなのではないかと感じました。