個人でできるIPアドレス枯渇対策〜VPSを捨てよ、自宅サーバでいこう

寺山修司の「書を捨てよ、町へでよう」を真似ました。(*1)

日本のIPアドレスが枯渇しました。

今日は、IPアドレスの利用効率をあげるには、

自宅サーバーが有効、 ということをお話しし

ます。

現在は、VPSという仮想専用サーバーが非常に

注目されており、個人でも利用する人が増えて

います。

VPSは大変便利なものですが、1つのVPSで

1つのIPアドレスを消費するため、IPアドレス

利用効率という意味では、とても悪くなって

しまいます。

一般のレンタルーサーバーも、1台を共有と

いう意味では、VPSと同じですが、IPアドレスも

共有しますので、この点は大きく違います。

下記に表をまとめてみました。

区分 IPアドレス消費 用途
レンタルサーバ ○ 数十から数百サイトで1コ消費 ホームページ用途が主
VPS × 1VPSで1コ消費 ホームページ、ブログ、様々な用途
自宅サーバ ◎ 0コ(アクセス時IPを利用) 同上

VPSであれば、障害時の復旧が早いとか、停電でも

ストップしない、消費電力が小さい、というメリット

もありますので、一瞬たりとも止めたくないものは、

VPSがいいのですが、個人用途で、ちょっと止まって

も構わない、夏の電力が逼迫した時は、電源を落とし

てもいい、というような方は、自宅サーバにする、と

いう選択肢もあるかと思います。

インターリンク固定IPで超かんたん自宅サーバー

インターリンク固定IPとBuffalo NASで簡単安全Webアクセス

(*1)寺山修司の「書を捨てよ」が文字通りの意味ではなく、町へ出ることを強調する意味であったのと同様、タイトルの「VPSを捨てよ」も文字通りの意味ではなく、自宅サーバを強調する意味で使いましたが、不快な思いをされた方がいらしたら申し訳ありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)