「日記」カテゴリーアーカイブ

みずほダイレクト第2暗証番号アプリ化の手続きで本人確認エラーが出てしまう

みずほ銀行は、会社のあるサンシャイン60内に支店があったことから、インターリンクでは社員にみずほ銀行口座を作ってもらっていました。私もそのとき、約30年前に池袋副都心支店(サンシャイン内にかつてあった支店)で口座を作っています。

みずほダイレクトを申し込んだときに、第2暗証番号の紙のカードをもらっています。その第2暗証番号を使って、振り込みやペイジーを行っていましたが、2024年7月14日から、紙カードは使えなくなるとのこと。アプリ版に切り替えないと、みずほダイレクトでの振込ができなくなるそうです!これは一大事。

そこで、第2暗証番号アプリ化をしようと試みました。

すでにアプリを利用している人は、下記のように4ステップで簡単にいけるとのことですが、、、

実は、ステップ3とステップ4の間に盲点があります。

詳しく説明しますと、ステップ3のあとは以下のようになります。

まず注意事項が表示されます。

「閉じる」を押すと、本人確認ページになります。(実はこの注意事項に問題解決の重要なヒントがあったのですが)

第1暗証番号と生年月日を入力します。

第1暗証番号は、キャッシュカードの暗証番号の数字4桁です。

そして「SMS認証に進む」をタッチすると、

「本人確認できません。入力内容をご確認ください。」と表示されます。

暗証番号間違えた?!と思い、思いつく別の数字を入れます。それでも同じエラーでした。あまり何度も間違えるとロックされてしまって面倒なことになりかねないので、1回だけにしました。

みずほのキャッシュカードはもう20年くらい使ってないので、暗証番号間違えている可能性はありそうです。確かめるために、みずほのキャッシュカードを持って、ATMへ行って、残高照会をしてみます。暗証番号に間違いはありませんでした。

そうなると、誕生日間違える?ありえないですよね。

みずほ銀行の電話窓口に問い合わせたり、いろいろとやった結果、わかったことは、

「本人確認できません。入力内容をご確認ください。」

というのは、

「携帯電話番号が登録されていないためSMS認証に進めません。『みずほ口座開設&手続きアプリ』で登録してください。」

という意味だったんです!

これ、エラーメッセージ変えるべきですよね。

みずほ口座開設&手続きアプリで携帯電話番号を登録してから、上記をやり直すと、難なく第2暗証番号アプリ化ができました。

7月14日以降、困ってしまう人が大勢出てきそうな気がします。このページが役に立つことがあれば幸いです。

運転免許証の写真を好きな写真に変更できる東京都、できない埼玉県

(警察庁の見本ページ画像、有効期限切れてます笑)

運転免許証の写真は、普通は、運転免許センターで警察の方に撮っていただきますよね?

でも最近は持ち込みでも可能になって、芸能人の方など、持ち込み写真を使っているというようなSNSをたまに見かけます。

さて、、、、

警察で撮影してもらったけど、その写真がどうしても気に入らない場合、なにか方法があるのか?

ということなんですが……………

紛失したときに再発行するくらいしかないのでは?

と思いがちですが、なんと、

「現在表示されている写真を変更したい方」

という理由で再交付してもらえるんです。

警視庁のページを見てみます。

自分で撮影して持ち込んだ写真でも、再度、警察の方に撮っていただくでも良いとのこと。

おお、すごい、やってみようと思った方、所轄の警察のページをよーく読んでみてください。たとえば、埼玉県での再交付では持ち込み写真は使用できず、警察の方に撮ってもらう写真になります。埼玉県警の該当ページ

交付手数料2,250円ですが、気に入るまで何度も再交付し、そのたびに手数料払う、という強者もいたりするかもしれませんね(笑)

写真持ち込みの場合、規定が厳しいので、そこはご注意ください。(サイズ、髪の毛で顔が隠れないetc)

最強開運日に寄付したいと思ったけれど………

いわゆる大安吉日とか、ほとんど気にしないのですが、スタートアップに投資する際、「一粒万倍日」に振り込みをしたことがあります。

一粒が万倍になる、っていうイメージがとてもいいなと思いました。

いくらスタートアップといえど、万倍はあり得ないのですけれど(笑)

さて、ある団体に寄付をすることにしたのですが、せっかくだから、受け取った側が気にするかもしれないし、どうせなら吉日にしようかと思って、ネットで検索しました。

「最強開運日 2024」でぐぐってみたら、

2024年1月1日(月・祝):赤口、一粒万倍日、天赦日、天恩日

1月1日(月)が1年で最も良い日ということだそうですが、1月1日は令和6年能登半島地震が起きた日です。全然良い日ではないと思いました。

ということで、日を選ぶことなく、寄付をさせていただきました。

BECAUSE THERE IS NO PLANET B 〜世界海洋デー〜

本日、6月8日は世界海洋デーです。

2008年に国連で制定されました。

つい3日前のことです。新宿駅からつながっている新宿タカシマヤの2階にECOALF(エコアルフ)というブランドの期間限定のポップアップストアがあり、初めて見たのですが、かなり気に入ってしまい、Tシャツその他、わりとたくさん購入してしまいました。(本来の売場自体は8階にあります)

海洋ゴミをリサイクル(エコアルフではリサイクルして付加価値をつけるという意味で、 リサイクルではなくアップサイクルという言葉を使っているようです)して商品にするなどしています。

because there is no planet B

はエコアルフの商品によく使われていて、私が買ったのもこのメッセージが書かれているTシャツです。

アメリカのアクションドラマで主人公のチームが危機に陥ったような時、

「プランBはあるのか?」

というようなセリフがよく出てきます。現状やっている作戦がプランAで、プランBというのは、代替案という意味です。

先ほどのメッセージは、「惑星Bはないのだから」というのが直訳ですが、planet Bという言葉からplan Bを想像して、「代替となる惑星Bがないのだから」、となり、そもそも惑星Aは何?今やっている作戦がプランA、今いる惑星が惑星Aだから地球でしょ、ということで、「地球のかわりはないのだから」「地球は一つしかないのだから」という意味になるわけですね。

人生では、プランBがあることが多く、たとえ事前にプランBを考えていなくても、別の道はたいていありますが、planet Bはないのですから、planet A = 地球、そして地球のほぼ70%の海洋を大切にしていきたいですね。

楽天モバイル旧契約に要注意!?店舗でもわからない旧契約はクレカ変更後も料金の支払いが続いてしまう

(6/4  私の記憶違いがあり、解約申請していたため修正。ビットコインのことを追記。)

楽天経済圏を離脱したことは、以前のブログに書きました。

離脱時に、楽天プレミアムカード(年会費11,000円)をやめて、年会費無料の一般カードに変更しました。

もちろん、カード番号も変わりました。

さて、それがきっかけで、楽天モバイルの旧契約が発覚したのですが、経緯はともかく、わかったことを先に書きます。

同じような人がいるかもしれないので、参考になれば。

1 楽天モバイル旧契約は、my楽天モバイルからは確認不可

2 楽天モバイル旧契約は、楽天モバイル店舗でも確認不可

3 楽天モバイル旧契約は、楽天モバイルメンバーズステーションからのみ、確認できる。電話窓口もない。(以前はあったらしい)

4 上記から、顧客データベースが2つあると思われる。
my 楽天モバイル ②楽天モバイルメンバーズステーション

5 楽天モバイルメンバーズステーションは楽天IDでもログインできるとなっているが、実際にはできなかった。パスワードを変更したことがあるから、かもしれない。過去のメールを漁って、raではじまる楽天モバイルIDを探すしかない。

6 カード番号が変更になっているのに、引き落としが続く
(昨今の契約は、カード番号が同じでも有効期限が切れるだけで再入力をさせるのに、これはいくらなんでもやりすぎ?!)


2023年12月に楽天経済圏を離脱しました。

離脱後1,2ヶ月は、やめたプレミアムカードへの請求がありました。これは通常のことです。

たくさん貯まっていた楽天ポイントも楽天ペイで使うなどして、徐々に減り、いつしかほぼゼロになっていきました。

プレミアムカードをやめて一般カードにしましたが、まったく利用せず、そのままカードホルダーにしまっていたのですが、先日、ふとカードから利用代金が落とされていることに気づきました。

調べてみると、

2024/3/1 楽天モバイルMVNO通信料 3,136
2024/4/1 楽天モバイルMVNO通信料 3,100
2024/5/1 楽天モバイルMVNO通信料 3,041

というのがカード明細でした。3月以前は新カードはもちろん、旧プレミアムカードでも楽天モバイルからの引き落としはありませんでした。

これを持って、楽天モバイル店舗へ行きました。

そこで、わかったことは、

楽天モバイルMVNO通信料とあるのは、楽天モバイルの旧契約でること

楽天モバイルの旧契約は、店舗で調べることはできないこと

電話窓口もないので、メンバーズステーションにログインしてメールかチャットで質問する以外の方法がないこと

逆にわからなかったことは、

毎月の利用料金は定額のはずなのに、定額になっていないこと

でした。

自宅に戻り、楽天モバイルメンバーズステーションへログインを試みます。いろいろやってもできません。

楽天モバイルメンバーズステーションのURLのドメインが、
ms.fusioncom.co.jp

であることに気づき、Macのキーチェーンアクセスの中に、下記を見つけました。

これでログインを試みましたが、ダメでした。

過去のメールを検索したら、下記のタイトルのメールを発見。

契約した時のメールで、raではじまるIDがありました。

そこで、楽天モバイル メンバーズステーションのSIM電話番号でログインのところから、

SIM電話番号 raではじまるID

パスワード  id.mobile.fusioncom.co.jpに保存されていたパスワード

を入力したら、見事、ログインできました。

ログインしたら、下記の画面になりました。

ご利用中のプランに何も表示がありません。(サービス名のところ、クリックできるように見えますが、できません)

やっぱりこれ、退会してるよね。楽天UNLIMITに変更したから退会になっている、と思いました。

利用明細を見ると、

ずっと請求されていたようです。楽天経済圏でポイントを稼いでいたので、楽天ポイントで支払われていて、カード明細にも載ってこない、さらに、my楽天モバイルにも載ってこない、ということでまったく気づかなかったわけです。

また、最近の料金が毎月微妙に違っていたのは、充当される楽天ポイントが少なかったから、と判明しました。

念のためカード情報を確認してみると、

この末尾4桁 1238 は、解約した楽天プレミアムカードの末尾です。

旧カード番号で請求してるんでしょうか?それが勝手に新カードに請求されてるのでしょうか?最近は、カードについてはセキュリティが高くなっているのに、これはちょっと驚きです。

さて、ということで、楽天モバイルに問い合わせをしました。この契約は楽天UNLIMITにしたはずで、実際、現状のサービスがないことからも明らかだから、返金してほしい、という内容です。

返金作業は面倒だし、したくないだろうなあと思いつつ出しました。

回答がこちら。

5月末での解約ということは、4月16日から5月15日までに解約申請をしているということです。まったく記憶にないのですが、その期間の受信メールを調べてみると………解約申請完了通知がありました💦 その時は、SIM番号があったので簡単に解約申請できたようです。

ほとんど使わずに料金だけ払っていたことにはなりますが、楽天経済圏にいる間、楽天のポイントアップ、SPU達成のため毎月3万円のビットコインを購入していて、それが今や…………

と、148万円のプラスになっています。

楽天経済圏にいて、ビットコインを3年間毎月3万円、合計36万円分のビットコインを購入したものが、いまや184万円となっていて、148万円のプラスです。

ということで、楽天のおかげで儲かっていました。ほとんど使わない契約を4年払っていた総額157,440円(3,280x12x4)は、ちょっともったいなかったのですが、まあよし、ということで。

テスラの不具合〜ほとんどコンピューター

テスラの運転席に乗り込んで、ドライバープロフィールを選ぶと、運転席のシートとサイドミラーが自分用に動くのですが、先日、運転席のシートが動かず、シート位置が手動でも変更できなくなりました。

このままだと、足がブレーキに届かないので、運転できません。

(私の足が短いのも事実ですが、それよりもシートが一番後ろに下がっているためです)

まず、やったことがテスラの再起動です。

「調子が悪くなると、再起動」って、コンピューターでやることですよね(笑)

テスラの場合、ハンドルについているボタンを2つとも長押ししつつ、ブレーキを踏むと、ディスプレイが消え、システムが再起動されます。

残念ながら再起動では症状は改善しませんでした。

次に、オンラインマニュアルを見てみると、「シートのキャリブレーション」ができることがわかりました。キャリブレーションとは、あまり日本語でいい翻訳がありませんが、ものすごく大雑把に言うと、初期化とか調整、というような意味です。

これだ!ということで、キャリブレーションをしてみました。

数分かかるかと思いきや、あっという間に終了。

無事、シート位置を動かすことができるようになりました。

ヘビーユーザー規制なしのプレミアム回線提供を開始〜ZOOT PREMIUM〜

以前より、当社ではヘビーユーザーの方々にもご満足いただけるような、回線接続を提供したい、という思いがありました。

今回、ご提供できることとなったものは、

ヘビーユーザー(=あまりいない)が

使いたくなる回線接続(普通の人には必要ない=特殊で微妙)

ということで、まさに当社が目指している、

上級者向け(使う人のあまりいない)の特殊な(微妙な)サービスとなります。

全国5,000万+のフレッツユーザーのうちの、ほんのひとにぎり、10万人にひとりから100万人にひとりくらいと思われる、最上級者向けとなっております。

【ZOOT PREMIUM】

料金 月額10,780円(税込)
サービス詳細・申込 https://www.interlink.or.jp/service/zootpremium/

※クレジットカード決済なら、お申し込みから最短2営業日程度でご利用いただけます。

 

眼瞼下垂手術

先週ですが、眼瞼下垂手術を受けました。

まだ腫れていますが、医師からは運動その他してよいという状態になりました。

術後はあまり目を使わない方が良いとのことで、こちらの更新も滞っていました。ごく少数の読者のみなさまにはご心配をおかけしたかもしれませんが、今後はいつも通りのほぼ週一更新を心がけていきます。

タクシーアプリGoの車内事前決済は世界でも類を見ない便利さだが、もうひとつだけやってほしいこと

(私の提案した機能はすでにGoの一部の端末で可能という情報がありましたが、私は確認できていません 5/12追記)
(タクシーアプリ S.RIDEでも同様の車内事前決済ができることがわかりました。他のアプリについてはわかりません。また、ちょっとわかりにくい表現を改めました 5/11 追記)

ライドシェアやタクシーアプリについて、私はこれまでいろいろとブログで発言してきています。

2018年2月には、

「東京五輪までにUBER TAXIを」

というエントリーを書きました。

ごくたまに国会議員さんに会うと、この話をしましたが、まったく興味を持ってもらえずにいましたが、

2020年7月3日、Uber Taxiは東京都内でサービスを開始した

のです。私のブログが影響したなんてことは絶対にないので、UBER JAPANが相当がんばって、国交省側の英断を引き出したのでしょう。

ただ、コロナで訪日観光客が少なく、あまり意味はなかったかもしれません。

さて、今日はタクシーアプリ Go の話です。

アプリでタクシーを呼ぶ場合は、

行き先や支払い方法をクレジットカードなどに設定しておき、タクシーを呼ぶ
→ アプリが行き先を運転手に伝える
→ 目的地に着いたら、支払いはアプリがやってくれる
→ 乗客は降りるだけ

という流れで、極端に言えば、運転手と一言も会話を交わさなくても(外国人にとっては大きなメリットですね)、乗って、そのまま降りるということが、どのアプリでも可能です。

その中で、タクシーアプリ Go は、アプリで呼んだ時ではなく、たまたま乗ったタクシーが Go のタクシーであれば、乗車中に車内決済ができ、到着した途端、(精算は済んでいるので)そのまま下車できるのです。

これは世界的に見ても、画期的な機能だと思います。私が利用したUBERはじめ、各国独自のアプリなどでももちろんありません。バーコード決済が一番進んでいる中国ではもしかしたら、と思って中国人の友人に聞いても、こういった機能は聞いたことがないと言われました。

ということで、タクシーアプリ Go 、とても便利に使わせてもらっています。

そんなタクシーアプリ Go、ひとつだけ改善してほしいことがあります。

それは、「たまたま乗ったタクシーがGoだった場合、車内事前決済をするだけでなく、行き先を読み込む機能を作ってもらいたい」です。

たとえば、QRコードを車内のカメラで読み込んでもらえば、行き先が伝わる、というような。

運転手さんにGoogle Mapを見せるよりは、とてもスムーズになると思うのですが、どうでしょう?

お前はもう閉じている〜広告を一瞬で消すだけのメガネ

本記事は「エイプリールフール」でした。

Apple 社の「現実とデジタルデータをシームレスに統合する」Apple Vision Proや、Meta社のバーチャルリアリティヘッドセットのような、高機能なものではありません。

インターリンクは、単機能の、

「広告を一瞬で消すだけのVRヘッドセットじゃなくて、メガネ」

を開発しました。

その名も、

『お前はもう閉じている』

です。