「日記」カテゴリーアーカイブ

大正製薬から夢のダイエット薬!?はずかしい副作用に注意必要かも!?

国内初の“薬局で買える”内臓脂肪減少薬「アライ」4月8日から販売開始 専門家からは「美容目的での使用」に警鐘も|TBS NEWS DIG

ニュースで知ったのですが、飲んでやせられる薬、これは予約してでも買いたい、と思ったのですが………

このアライという薬は、オルリスタットという成分が脂肪を便とともに排出してくれるのですが海外ではすでにいくつもの薬が販売されていました。

「ゼニカル」「オルリファスト」「オルリガル」などなど。

これらの薬を個人輸入するサイトがあって、クチコミを読んでみると、

「おならとともに便が出てしまう」

「もらしてしまった」

「トイレが油まみれで大変なことになった」

などなど、出てきます。

大正製薬のアライのサイトにも副作用が書かれています。

「副作用のほとんどは、アライの薬理作用によると考えられる油の漏れや便を伴う放屁など以下のような消化器症状でした。」

さらっと書かれていますが、「油の漏れ」はパンツにしみがついたことでしょうし、「便を伴う放屁」って、うっかりしたら、おもらしですよね。

下記は大正製薬のページにあった副作用の表の一部です。

「切迫排便」っていう言葉は、初めて聞きましたが、間に合えば、「切迫排便」、間に合わないと「便失禁」でしょうか?

念のため、Wikipediaでオルリスタットを調べてみると、副作用の項目に、

「脂肪が肛門から漏れ出したり、便意が制御できなくなるという問題もある」

とありました。

気をつけて服用しないと、悲惨なことになりそうです。

やはり、楽してダイエットはできない、ということでしょうか?

シン・ニーサ〜全社会議版〜

オフィスをなくしてから、毎月部署ごとにコワーキングスペースWe Workに集まっていますが、年に数回、全社で集まるというのもやっています。

先日、その全社会議をやったのですが、そこで取り上げたのが、

『シン・ニーサ』

え?なにそれ?と言われそうですが、普通に書くと、

『新NISA』

です。

今、世の中で話題の新NISAをしっかり理解してもらって、新NISAを利用する、しないを含めて社員のみなさんの参考になるように、と企画しました。

新NISAと旧NISAの違い

私のおすすめのYoutube動画の紹介(こちらは新NISA推進派)

Webニュースなどで、新NISAに慎重な発言をされている経済評論家の方の意見の確認

グループ討議、発表

というような流れでした。

冒頭のYoutube動画は、私が紹介した、これ見てみるといいよ、という動画です。60代対象ですが、その他の年代の人が見ても参考になると思います。

リプルーグル地球儀を買いました

どうでしょう?この存在感。ブルー系でないことでちょっとしたアンティーク感も出ています。台座には温度、湿度、気圧計が配置されていて、インテリアとしても良さそうです。

銀座伊東屋で購入しました。

購入してから、毎日、ドメイン島巡り、出張や旅行で訪れた場所を見ています。

リプルーグル社は、世界最大の地球儀メーカーと言われることもある、アメリカの有名な地球儀メーカーです。

ただ、本家のページのタイトルは、「アメリカ最大の」となっています。

一方、ホームページ内では、赤枠で囲んだように、

「一代で世界最大の地球儀メーカーを築き上げた。」

とあります。

勝手に想像すると、

「一代で世界最大の地球儀メーカーを築き上げた」が、最近は、中国の躍進がめざましく、もしかして取って代わられているかもしれない、ということでしょうか?

購入してから、毎日眺めていますが、ちょっとした不具合箇所も発見してしまいました。

その1 赤道のシールがずれている

下記のようにガボンのあたりで赤道シールがずれています。

その2 小さな傷

ハワイの上あたりです。

その1については、最近行ったサントメ・プリンシペの近くなので気づいたもので、その2は、ハワイを見ていて気づいたものです。その2については、大切に扱っているので、ないとは思いますが、もしかしたら自分でつけたかもしれません。

細かいことを気にする人は、即交換、となるのかもしれませんが、この小さな不具合こそが、地球儀が私のものである刻印のようなものなので、不具合含めて大切にしていきたいと思います。

世界一おいしいローストビーフ!?「もりやす所沢西武店」

西武所沢S・Cの地下1階に、肉匠もりやすというお店があります。

私は、ここのローストビーフが世界一おいしい、と思っています。

(あくまで私が勝手に思っているだけです)

所沢駅で降りた時には、ほぼ確実にこちらでローストビーフを買っています。

100g800円台から2000円弱くらいまで、さまざまありますが、どれもおいしいです。

この日は、かなり久々だったこともあり、一番お高い1980円のものをいただきました。

もりやすは、所沢西武以外にも、池袋西武、渋谷西武、そして本店と全部で4店舗あります。お店によってローストビーフの品揃えは若干違います。

私は4店舗で購入しましたが、所沢西武のローストビーフが一番おいしいと思います。

令和6年能登半島地震

このたびの令和6年能登半島地震によりお亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、被災された皆さまに心からお見舞い申し上げます。

また、被災者救済および被災地の復興支援のために尽力されている方々に深く敬意を表します。

当社におきましては、被災された方への料金免除をさせていただいております。

また、私個人としましては、わずかながら復興支援の寄付をさせていただきました。

皆様の安全と被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

楽天経済圏から離脱を決めました

楽天経済圏から離脱を決めました。

もう4年くらい、楽天を個人的によく使っていて、ダイヤモンド会員でした。

楽天のサービスをいろいろと使うことで、ポイントがアップする、楽天SPU(スーパーポイントアップ)というものがあり、私も、楽天市場だけでなく、楽天銀行、楽天カード、楽天モバイル、楽天トラベル、楽天証券、ビットコインなどを扱う楽天ウォレットなどなど、たくさん使っていました。

楽天のサービスを使えば使うほど、ポイントがアップするという仕組みなので、「楽天の思う壺だなぁ」と思いながらも、このような状況になっていたのです。

今回、楽天経済圏を離脱することに決めたきっかけは、楽天SPUの改悪です。

12月より、もらえるポイントの上限が減ってしまいました。

たくさん使っていた人ほど影響が大きい変更です。

詳しくは日経ビジネスの下記の記事をご覧ください。

楽天モバイル重視のSPUに不満続出 ヘビーユーザーに対する「改悪」が進む (日経ビジネス)

楽天銀行の口座や楽天証券の口座は残しておくつもりですが、少しずつ解約をしていこうと思います。

クリスマスチキンは、ケンタよりコンビニが便利かも!?

クリスマスには毎年チキンを食べています。

昨年までは、ケンタッキーフライドチキンを、わざわざ予約して取りに行ってました。

ですが、、、、

どうも、クリスマスのケンタッキーは、普段より味が落ちている気がするのです。。。

しかも、予約したとしても取りに行く時間帯が指定されてて、かなり面倒くさい。

それに、予約時間に行ってもすぐに渡してもらえなかったりします。

チキンといえば、

ファミリーマートのファミチキ、セブンイレブンのナナチキ、ローソンのLチキがありますよね。

そこで今回は、セブンイレブンにしてみました。

本日予約のみ、と書かれたケンタを素通りして、セブンイレブンへ。

チキン、たくさんありました。

個別に買おうかと思ったら、レジ前にセットがあると書かれていて、それを注文。そしたらレジのお兄さん、はじめてだったようで、あわててました。結局店長に交代して対応してもらいました。

そして家で食べてみると

「おいしい」!!!

これからは、クリスマスチキンはコンビニでいいかもと思ったクリスマスイブでした。

『Syn : 身体感覚の新たな地平』を見てきた

虎ノ門ヒルズステーションタワーに、”新しい東京を象徴する情報発信拠点”、TOKYO NODEというものがあります。

そこで行われている、ダンスイベント 『Syn : 身体感覚の新たな地平』が面白いという話を聞き、そろそろ終わってしまうというのであわてて見てきました。

最初の部屋に入ります。ロボットが出てきて案内してると思ったら人でした。そして、インキュベーションポットのようなものに入っている人は、人だと思ったらマネキンで、マネキンだと思ったら人でした。

イマドキのイベントらしく、写真もビデオもOK。(ただしビデオは時間制限あり)

こんな感じで始まります。

座って鑑賞するつもりだったのが、なんと、観客が部屋から部屋へ移動していきます。

途中から3Dメガネをかけます。

途中、通路のようなところも通りますが、プロジェクションマッピングと3Dで、浮遊感があったりして、ちょっとした3D酔いもしそうなくらいでした。

見たことのないものでしたので、どう表現していいかわかりませんが、テクノロジーと人のダンスがうまくコラボしていて、近未来を感じさせるすばらしいものでした。

11月12日まで。

マイナンバーのココがシステム開発として難しい〜日本の戸籍制度

マイナンバーでなにかあると、すぐにメディアは大きく取り上げるので、すごく不安を持っている方は多いと思います。

私自身は、マイナンバーの開発に携わっているわけでも、関連のなにかをしているわけでもありませんが、単なるヒューマンエラーまでシステムの不具合とされるような報道を見ると、エンジニアの一人として、とても悲しい気持ちになります。

マイナンバーシステムは、さまざまに散らばっている個人の情報を、しっかりとまとめて、いわゆる「消えた年金」が5,095万件あったというようなことが起こらないようにしたり、各所に個人情報が散らばったままだと、たとえば住所を変更したいときにも、それぞれ手続きをしなければならないのを、1回で済むようにするとか、たとえば給付金なども漏れなくもらえるようになる、というようなメリットのあるものです。

そのためには、各所に散らばっているデータを、統合する必要があります。

銀行口座情報が間違えて紐づいていた、というニュースがありました。

さて、ここでなぜこういう問題が起こるのか、ですが、ごくごく簡単に一言で言ってしまうと、

日本人の戸籍は文字だけで(その多くは漢字です)、読みがなは戸籍にはない

ということがあります。

ですから、読めないような名前の人がいますが、それは法的には間違っていません。

さらに、戸籍の漢字については、異体字も多く、「崎 」という字は、「﨑」「 嵜」など、あります。私の高校時代の担任は岩崎先生という方でしたが、字画がいいので、「﨑」を使うようになった、とおっしゃっていました。戸籍はどうだったんでしょう?戸籍と無関係に使っていたのかな、と思います。戸籍と違うということでは、たとえば、船井総研創業者の船井幸雄さんは戸籍では舩井だったことに50代で気づいたとのことで、晩年は舩井を使われていました。気づく前までは、戸籍名と違う船井で住民票や船井総研設立時の登記も通していたと考えられます。

本人ですら間違っているんです!

それを正しく紐づける、ってできるとは思えません。

それに、今の銀行口座のデータベースには漢字も入っていると思いますが、昔作った銀行口座には、漢字は入っていないと思います。1970年代に漢字を扱えるシステムはほとんどありませんでしたし、異体字なんてさらに扱えなかったはずです。

つまり、

読みのない文字だけの戸籍

読みだけの銀行口座

をマッチングさせる必要があるわけです。ちょっと考えただけでも相当大変なことがおわかりいただけるんではないでしょうか?

それで、システムとしては、どうしているか、というと、システムがマッチングさせるのではなく、ご本人に銀行口座を登録してもらっているわけです。

その時に、子供の情報なのに、親の銀行口座を登録した、というようなことが起きたわけです。銀行側が異体字含めて正確にデータベースを持っていない限り、合っているかどうかをシステムが判別することは難しいです。

さて、今回戸籍制度をいろいろ調べて、中国の戸籍制度についても調べたところ、

中国人も戸籍は漢字だけ

中国では漢字の読みはひとつしかないので読みを登録する必要がない

とのことでした。ほんの少し読みが複数ある漢字もあるそうですが、名前には使われないとのことでした。


さて、ここで読みが戸籍にないとなると、改名というのは、文字を変えることなので、文字を変えずに名前の読みを変えたい時はどうなるのか、調べると、驚きの結果が!

“住民票に記載される名前の読み方・フリガナを変更したい場合は、各市区町村役場にその読み方・フリガナの変更届を提出することになります。 ただし、住民票に記載される名前の読み方・フリガナの根拠規定がないことを理由に、その変更手続が定められていない自治体もある場合があります。”
(改姓改名・氏名変更ドットコムより)

という情報を見つけました。真偽は不明ですが、2024年には、戸籍に読みが登録されるとのことなので、いつやるの?今でしょ?!の世界ですね(笑)

いえいえ、変えないでください。マイナンバーどころか、当社のような小さな会社のデータベースも変更が必要になって、そこらじゅうで大パニックになります。

ジョエルロブションで社長と語る会〜ミシュラン三つ星しばり

先日、社長と語る会を恵比寿のジョエルロブションで開きました。

2023年は久々の社長と語る会ということで、「ミシュラン三つ星しばり」(=ミシュラン三つ星の店で行う)というのをやっています。

最後をしめくくるのは、恵比寿ガーデンプレイスにある、ジョエルロブションです。

今回は、人数も多いので、個室「ヴェルサイユ」を予約しました。

本家ヴェルサイユ宮殿にはかなわないかもしれませんが、豪華です。

以前、マリーアントワネットが食べていた食事、というのをNHKかどこかで再現していましたが、食事に関しては、現代の方がはるかに美味しいらしいですね。

さて、序盤に出てくるのがこちら。

キャビア・アンペリアル ロブションスタイル

これはロブションならではの一品です。美味しいとしか表現のしようがありません。

スモークサーモンですが、普通のスモークサーモンとは違います。

鱗を焼き上げた甘鯛とアオリイカ。ちょっと和テイストが入っている感じです。

和食を取り入れたフレンチ、フレンチを取り入れた和食、というのがミシュラン三つ星では、よく見かける気がします。

こんな感じで進んでいき、最後の別腹デザート

あっという間の3時間でした。