interlink-blog のすべての投稿

シン・ニーサ〜全社会議版〜

オフィスをなくしてから、毎月部署ごとにコワーキングスペースWe Workに集まっていますが、年に数回、全社で集まるというのもやっています。

先日、その全社会議をやったのですが、そこで取り上げたのが、

『シン・ニーサ』

え?なにそれ?と言われそうですが、普通に書くと、

『新NISA』

です。

今、世の中で話題の新NISAをしっかり理解してもらって、新NISAを利用する、しないを含めて社員のみなさんの参考になるように、と企画しました。

新NISAと旧NISAの違い

私のおすすめのYoutube動画の紹介(こちらは新NISA推進派)

Webニュースなどで、新NISAに慎重な発言をされている経済評論家の方の意見の確認

グループ討議、発表

というような流れでした。

冒頭のYoutube動画は、私が紹介した、これ見てみるといいよ、という動画です。60代対象ですが、その他の年代の人が見ても参考になると思います。

映像化協会のようなもの〜「セクシー田中さん問題」で考えたこと

漫画家・芦原妃名子さんが急逝しましたが、その原因が、彼女の代表作『セクシー田中さん』のドラマ化に伴うトラブルではないかと議論が起きています。


さまざまな立場の人が、ある人は原作者の立場から、あるいは、脚本家の立場から、あるいは、視聴者の立場からコメントをされています。

私はここで、ビジネスをしてきた者の視点で、こうしたらいいのでは?と思ったことを書かせていただきたいと思います。

原作者が映像化を許諾する際、条件を出しますが、ほぼ口約束のようです。

そこで、契約書を弁護士が確認すれば良い、という意見もあるようですが、契約上微妙な案件や、守られなかった場合どうなるか、あるいは、契約上書かれていないことが出てくるなどもあり得ます。弁護士は、契約書だけではなく、その後もフォローすることが必要だと考えます。そうすることで、原作者はこういう煩わしい交渉ごとから解放されます。

ただ、弁護士を選定して、完成までのフォローを原作者の費用で契約をする、というのもなかなか難しいように思えます。

そこで、それを仲介する団体があればいいのではないかと考えました。

名称はたとえば、「映像化協会」で、映像化したい場合は、まずここに話をすると、協会から原作者に連絡が行き、許諾する場合は、協会が弁護士を紹介して、費用は映像化を希望する団体が負担する、というような。


私は子供のころ、NHK「国盗り物語」を見て、感動し、司馬遼太郎の原作を読みました。Wikipediaを見ると、

「司馬遼太郎の同名小説『国盗り物語』を核に、司馬の『新史太閤記』『功名が辻』『尻啖え孫市』『梟の城』などを合わせて[1]、大野靖子が脚色した。」

とあります。脚色されてたのか?!と今更ながら驚きました。原作との違いも気づきませんでした。

テレビドラマにする場合、時間の関係もあり、すべての台詞を入れることはできないでしょうし、場合によっては、人物や場面をバッサリ削除することもあるのでしょう。実際、私が今、アマゾンPrimeで見ている「ターミナル・リスト」は原作とかなり違っているようです。

著作権が切れていますが、シェークスピアの演劇は、巨匠から、それこそ大学の演劇サークルまで新解釈などと銘打って、かなりの改変をしたりしていますよね。

そういったことも含め、私は原作改変は許容してあげてほしいと思う方なのですが、改変してほしくない、という原作者の意向も尊重すべきと考えています。

一つだけ言えることは、

私が大好きだったNHK「国盗り物語」のことを
司馬遼太郎さんはまったく、気に入らなかった、

と、もし、言われたら、なんとも悲しい気持ちになっただろうな、ということです。

そのようなことがないようにしてほしいと切に願うばかりです。

できれば、

司馬遼太郎さんは、NHK「国盗り物語」を
とても気に入っていた、

と言ってほしいなと思います。

日本代表チームについて考えた〜女子バスケと女子カーリング

女子バスケ、オリンピック出場が決まりましたね。

最後の最後までどうなるかわからない展開で、すごい試合でした。もし日本が負けていたら、ハンガリーと1勝2敗で並ぶことになり、直接対決で負けているので落選になるところでしたので、本当にギリでした。

事前に打ち合わせがあったのかと思うような、息のあった連携プレーは、あまりバスケに興味のない私でも、十分に楽しめるものでした。

急激に強くなった印象がありますが、日本人選手が海外に挑戦したり、外国の選手が日本リーグに入ったり、ということが、全体のレベルアップにつながっているんだろうなと思います。もし、日本人だけのチームで日本リーグを行い、海外に行ったら日本代表になれないということだとしたら、なかなか成長はなかっただろうと想像します。

バスケの前は、NHKがカーリング中継をやっていたので見ていました。そこでふと、「カーリングの日本代表はクラブチームだ」ということを思い出しました。カーリングをやっている私の友人に、なぜ日本代表チームを選抜しないのか、と聞いたら、カーリングは特殊な競技で、良い選手を集めても良い結果が出るものではなく、チームワークが重要で同じチームでやらないとダメ、という答えでした。

ナショナルチームを編成する国もあれば、日本のようにクラブチームを日本代表とする、という国もあるようです。

女子のロコソラーレチームが北京五輪で活躍し、人気となりましたが、チームメンバーの仲良しでほのぼのとした感じも、その人気の一要素だったと思います。

選抜されたナショナルチームだと、ああいう感じは出ないのでしょうね。女子バスケのインタビューでも、「選ばれなかった選手のためにも頑張りたい」というようなコメントがありました。ナショナルチームでは、選ばれたことに対する責任感というものを強く感じますし、張り詰めた緊張感の中で試合をしているというのが伝わってきます。それがいいのか悪いのかは別として、事実としてはそうだろうと思います。

さて、クラブチームが日本代表になる場合、下記のことが考えられます。

1)外国人選手を入れられない(入れるとオリンピックに出られない)
2)海外で活躍する日本人選手はオリンピックに出られない
3)他チームは全員ライバルになってしまう。チームの垣根を越えての交流が進まない。

とまあ、書いていて思ったのですが、まるで鎖国のような感じになります。

スポーツは国際交流という一面もあると思うので、カーリングに詳しい人からは怒られてしまうと思いますが、弱くなる可能性があったとしてもナショナルチームを選抜したほうがいいのではないか、と思った次第です。

サッカーのように、世界一の国を決めるワールドカップとクラブチーム世界一を決めるクラブワールドカップと2つで、それぞれ違うチームになるのがいいんじゃないでしょうか?

リプルーグル地球儀を買いました

どうでしょう?この存在感。ブルー系でないことでちょっとしたアンティーク感も出ています。台座には温度、湿度、気圧計が配置されていて、インテリアとしても良さそうです。

銀座伊東屋で購入しました。

購入してから、毎日、ドメイン島巡り、出張や旅行で訪れた場所を見ています。

リプルーグル社は、世界最大の地球儀メーカーと言われることもある、アメリカの有名な地球儀メーカーです。

ただ、本家のページのタイトルは、「アメリカ最大の」となっています。

一方、ホームページ内では、赤枠で囲んだように、

「一代で世界最大の地球儀メーカーを築き上げた。」

とあります。

勝手に想像すると、

「一代で世界最大の地球儀メーカーを築き上げた」が、最近は、中国の躍進がめざましく、もしかして取って代わられているかもしれない、ということでしょうか?

購入してから、毎日眺めていますが、ちょっとした不具合箇所も発見してしまいました。

その1 赤道のシールがずれている

下記のようにガボンのあたりで赤道シールがずれています。

その2 小さな傷

ハワイの上あたりです。

その1については、最近行ったサントメ・プリンシペの近くなので気づいたもので、その2は、ハワイを見ていて気づいたものです。その2については、大切に扱っているので、ないとは思いますが、もしかしたら自分でつけたかもしれません。

細かいことを気にする人は、即交換、となるのかもしれませんが、この小さな不具合こそが、地球儀が私のものである刻印のようなものなので、不具合含めて大切にしていきたいと思います。

世界一おいしいローストビーフ!?「もりやす所沢西武店」

西武所沢S・Cの地下1階に、肉匠もりやすというお店があります。

私は、ここのローストビーフが世界一おいしい、と思っています。

(あくまで私が勝手に思っているだけです)

所沢駅で降りた時には、ほぼ確実にこちらでローストビーフを買っています。

100g800円台から2000円弱くらいまで、さまざまありますが、どれもおいしいです。

この日は、かなり久々だったこともあり、一番お高い1980円のものをいただきました。

もりやすは、所沢西武以外にも、池袋西武、渋谷西武、そして本店と全部で4店舗あります。お店によってローストビーフの品揃えは若干違います。

私は4店舗で購入しましたが、所沢西武のローストビーフが一番おいしいと思います。

第19回オタク川柳解説

エンディング とにかくみんな 走らせる (逆ペリカン:40代)

ネットではED(エンディング)で走るアニメは良作、名作と言われてきました。走る理由は躍動感や満足感が出せるからとか。

宗教の 勧誘に勝つ 萌え語り (逃げんな:60代)

しつこい勧誘も逃げ出すほどの熱い萌え語りができるようになれば、あなたも無敵なオタクになれるでしょう。

青春は 全部ラノベで 経験す (青春コンプ:20代)

ラノベに出てくる陽キャエピソードは読むことで、それはもう体験したこととぼぼ同じなんです!と主張されています。

大掃除 特級呪物 出てきたよ (若き日の黒歴史:40代)

漫画『呪術廻戦』で特に呪いが強い物として出てくる特級呪物。
遺言には見ずに爆破してほしいと書き残したい自分でも忘れていた黒歴史のノートが年末の大掃除では発掘されたりしますね。

紅白で 蘭に群がる 元祖たち (オム列:40代)

2023年の紅白歌合戦で46年ぶりにキャンディーズの伊藤蘭さんが復活し、親衛隊の変わらぬ愛に古のファンも若いオタクも目頭を熱くしました。

デュフデュフと 笑うヲタクは もういない (ルードヴィッヒッヒ:10代)

第7回オタク川柳大賞4位の名作「デュフフコポォ オウフドプフォ フォカヌポウ」の返歌が12年の時を経て作られました。

バンダナは 新しい格好の リーダーズ (オタファッション:30代)

大ブレイクしたアイドル「新しい学校のリーダーズ」は個性と自由で「はみ出していく」ことをコンセプトにしていますが、バンダナもまた個性と自由ではみ出したオタファッションのアイテムと言えるのではないでしょうか

バレるのが 恥ずかしいだと この腐抜け (さごじょう:40代)

何が好きでも隠さず自信をもて!という腐女子的激励の句と受け止めました。

蛙化で いってらのチュウ ずっとゲロ (ヲ、多様性:40代)

「蛙化」とは、Z世代をはじめとする若者の間で2023年に一気に流行した言葉の1つで、片思いから両思いになると突然相手のことが嫌いになることです。この「蛙化」現象をanoさんの名曲「ちゅ、多様性。」のオマージュで表現されているようです。

ねえ待って ちょっとやばこれ ちょ(文字数 (人生2周目:20代)

推しを前にしたオタクは一般的に語彙力がなくなってしまいます。

AIじゃ 生成出来ない 推しの愛 (雨海正和:40代)

この数年で生成AIの成果が目覚しいですが、圧倒的な推しの愛を獲得するまでいけるのか興味深いですね。

ダサすぎる 何そのグッズ 買うけれど (一応買っちゃうんだよな:10代)

ダサくても高くても文句を言っても結局買ってしまうのがオタクの業です。

電気代 払えず灯す ペンライト (りゅうじろう:20代)

押し活の果ての電気停止。。でも推しててよかったペンライト。
コンサート以外でも意外と役に立ちます。
第19回オタク川柳投票者のプレゼントの1つにもありますよ。

俺たちは そこまで売れろと 言ってない (だら子:40代)
売れてほしくて必死に応援するけれども、あまりに手の届かない存在になってしまっては悲しい複雑なオタク心です。

救いない 0.5パーが 巣食うガチャ (ポケットマネー:20代)
ガチャで0.5%といえば救いのない確率ですが、救いではなく巣食うのがガチャです。

コード抜け 音出た瞬間 終わったわ (ちゅんすけ:50代)

オタエキス摂取中のイヤホンのコードが抜けてしまった瞬間、この世の終わりを領域展開してしまったシーンがまざまざと浮かぶ句です。

どう生きる? それへの回答 差し控え (保身の呪文“サシヒカエ”:50代)

社会現象となった宮崎監督のアニメ映画『君たちはどう生きるか』を問われたオタクの模範解答にも使える保身の呪文“サシヒカエ”です。

自分より 稼ぐあの子に 貢ぐ俺 (こちまる:30代)

それでもオタクは喜んでATMになります。第19回オタク川柳応募者アンケートは「あなたの推し活代」についてでした。

解釈の 数だけアツい 薄い本 (アウトプットで殴り込め!:30代)

「薄い本」と呼ばれる同人誌ですか、その内容の解釈は読むオタクの数だけある厚くて熱い本となっています。

【敗者復活枠】
「何で来た?」 「5000系」って 何やそれ(イアン:40代)

鉄道の「系」とは列車の車両に振り当てられた管理番号の最後に付けられたもので、車両の呼び方として使われています。

_______________

いかがでしょうか?
第19回あなたが選ぶオタク川柳&猫耳イラストコンテストは現在投票受付中です!あなたの推し作品に投票して、オタク給付金10万円のチャンスを獲得してくださいね。

投票はこちら。
第19回あなたが選ぶオタク川柳&猫耳コンテスト投票受付中

ペット同伴で飛行機に乗ろうとすると、小鳥は意外と大変、という話

1月2日の、羽田空港でのJAL機と海上保安庁機の事故では、JAL機に貨物として預けられていたペット2匹が犠牲になったことが報じられると、貨物室に入れられてかわいそうというようなことが話題となりました。

ペットと飛行機に乗ろうとすると、どうなるのか、割と知らない方が多いようですので、私が知っている内容をここにまとめておきます。正確を期すよう努めますが、間違いや航空会社の規則変更もありえますので、参考までに留めていただければ幸いです。

さて、基本的にペットと飛行機に乗る場合は、貨物扱いになります。
貨物室でもペットのいるところは客室とほぼ同じ気温に保たれていますし、国内線であれば長くても2,3時間なので、そこで何か起きることはあまりないようですが、実はそこに運び込まれるまでに、時間がかかってしまい熱中症で死んでしまう、というようなことがたまにあるようです。
また、短頭種(フレンチブルドッグのような鼻ペチャさん)は、熱中症になりやすいため、預けられません。

JAL国内線

JAL国際線

ANA国内線

ANA国際線

日本の航空会社だとスターフライヤーのみ、同伴して客室持ち込みが可能です。

スターフライヤー fly with pet

ただし、同伴可能なのは、犬猫のみです。

私のような、小鳥をペットとしている場合は、日本国内の移動で飛行機に同伴はできません。

さて、では海外の航空会社ではどうかというと、犬猫同伴OKは割とあります。

小鳥が同伴可能かを調べると、これが非常に少ないんです。

たとえばユナイテッド航空は犬猫のみ同伴可です。

小鳥同伴で日本発着便のある航空会社を検索すると、一番手軽そうなのは、韓国の航空会社です。

アシアナ航空

大韓航空

韓国系以外だと、アラスカ航空が小鳥可ですが、国際線はダメですし、そもそも日本発着がありませんでした。

中東系の航空会社だと、鳥でもハヤブサだけはOKというような会社もあります。
中東では富裕層がハヤブサを飼っているからでしょうね。

うちのぴーすけくんは、飛行機に乗せてあげたら喜ぶかなあ?笑笑

 

令和6年能登半島地震

このたびの令和6年能登半島地震によりお亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、被災された皆さまに心からお見舞い申し上げます。

また、被災者救済および被災地の復興支援のために尽力されている方々に深く敬意を表します。

当社におきましては、被災された方への料金免除をさせていただいております。

また、私個人としましては、わずかながら復興支援の寄付をさせていただきました。

皆様の安全と被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

楽天経済圏から離脱を決めました

楽天経済圏から離脱を決めました。

もう4年くらい、楽天を個人的によく使っていて、ダイヤモンド会員でした。

楽天のサービスをいろいろと使うことで、ポイントがアップする、楽天SPU(スーパーポイントアップ)というものがあり、私も、楽天市場だけでなく、楽天銀行、楽天カード、楽天モバイル、楽天トラベル、楽天証券、ビットコインなどを扱う楽天ウォレットなどなど、たくさん使っていました。

楽天のサービスを使えば使うほど、ポイントがアップするという仕組みなので、「楽天の思う壺だなぁ」と思いながらも、このような状況になっていたのです。

今回、楽天経済圏を離脱することに決めたきっかけは、楽天SPUの改悪です。

12月より、もらえるポイントの上限が減ってしまいました。

たくさん使っていた人ほど影響が大きい変更です。

詳しくは日経ビジネスの下記の記事をご覧ください。

楽天モバイル重視のSPUに不満続出 ヘビーユーザーに対する「改悪」が進む (日経ビジネス)

楽天銀行の口座や楽天証券の口座は残しておくつもりですが、少しずつ解約をしていこうと思います。

クリスマスチキンは、ケンタよりコンビニが便利かも!?

クリスマスには毎年チキンを食べています。

昨年までは、ケンタッキーフライドチキンを、わざわざ予約して取りに行ってました。

ですが、、、、

どうも、クリスマスのケンタッキーは、普段より味が落ちている気がするのです。。。

しかも、予約したとしても取りに行く時間帯が指定されてて、かなり面倒くさい。

それに、予約時間に行ってもすぐに渡してもらえなかったりします。

チキンといえば、

ファミリーマートのファミチキ、セブンイレブンのナナチキ、ローソンのLチキがありますよね。

そこで今回は、セブンイレブンにしてみました。

本日予約のみ、と書かれたケンタを素通りして、セブンイレブンへ。

チキン、たくさんありました。

個別に買おうかと思ったら、レジ前にセットがあると書かれていて、それを注文。そしたらレジのお兄さん、はじめてだったようで、あわててました。結局店長に交代して対応してもらいました。

そして家で食べてみると

「おいしい」!!!

これからは、クリスマスチキンはコンビニでいいかもと思ったクリスマスイブでした。