interlink-blog のすべての投稿

イースター島のSIM事情と超高級和食

今年のゴールデンウィークは、イースター島に行ってきました。

海外に行くと決めると、最初に調べるのがSIM事情です。

イースター島のSIMを探しても見つかりません。

島の場合、その国のSIMでもつながらないことがよくあります。たとえば、イギリスのジャージー島やガーンジー島など。イギリスから飛行機で1時間程度なのに、各島のSIMが必要です。

イースター島はチリのサンティアゴから飛行機で5時間!?です。

5時間といえば、東京からベトナムと同じくらいです。普通に考えて、チリのSIMは使えないと思っていたのですが、なんと、チリのSIMが使えました!

ただし、電波状態は非常に悪いです。

さて、次にイースター島の和食について、です。

今回、イースター島のホテルは、オールインクルーシブのホテルに泊まりました。

最近ではAPAホテルもオールインクルーシブをやっていますが、要するに「すべて宿泊料金に含んでいます」という意味です。

イースター島のホテルでのオールインクルーシブに含まれるのは、宿泊以外に、

空港送迎
滞在中の食事(朝昼夜)
そして、
毎日の観光(さまざまなコースから、自由に選べます)

がすべて料金に含まれています。

そんな中で、

「どうしても和食が食べたい」

「海外で和食がどう進化しているのか、見るのが楽しい」

ということで、ホテルにいれば無料で食事できるのに、テレビでも「イースター島の本格和食レストラン」として紹介されたらしいお店に行きました。

突然行っても閉まってるという情報がネットにあったので、前日に予約して行くと、店主が笑顔で迎えてくれます。

日本に10年以上いたとかで、日本語も上手です。

メニューはこちら

値段のないメニューです。やや不安になります。

そういえば、他にお客さんはいません。

店主が「定食におまかせでいろいろつける」というので、焼肉定食と白身魚西京焼定食を頼みました。

お通し的にきたのがこちら。

西京焼なんて、どうやって作るんだろうと思っていましたが、来たのがこれ。

これは西京焼ではないと愛想のいい店主に教えてあげようかと思いましたが、クチコミに対するキツイ反論を見ると、一気に愛想が悪くなりそうなので、やめました。

焼肉定食がこちら。

片栗粉つけた感じで、西京焼とほぼ同じ味付けです。

ソフトドリンクを飲んで、お勘定が13万チリペソくらいでした。

ロサンゼルスで200米ドルを交換したら13万チリペソくらいでした(これはレートがかなり悪く、実際は18万から19万チリペソくらいが現地相場でした)ので、約200ドル = 3万円のお食事となりました。

ヘビーユーザー規制なしのプレミアム回線提供を開始〜ZOOT PREMIUM〜

以前より、当社ではヘビーユーザーの方々にもご満足いただけるような、回線接続を提供したい、という思いがありました。

今回、ご提供できることとなったものは、

ヘビーユーザー(=あまりいない)が

使いたくなる回線接続(普通の人には必要ない=特殊で微妙)

ということで、まさに当社が目指している、

上級者向け(使う人のあまりいない)の特殊な(微妙な)サービスとなります。

全国5,000万+のフレッツユーザーのうちの、ほんのひとにぎり、10万人にひとりから100万人にひとりくらいと思われる、最上級者向けとなっております。

【ZOOT PREMIUM】

料金 月額10,780円(税込)
サービス詳細・申込 https://www.interlink.or.jp/service/zootpremium/

※クレジットカード決済なら、お申し込みから最短2営業日程度でご利用いただけます。

 

眼瞼下垂手術

先週ですが、眼瞼下垂手術を受けました。

まだ腫れていますが、医師からは運動その他してよいという状態になりました。

術後はあまり目を使わない方が良いとのことで、こちらの更新も滞っていました。ごく少数の読者のみなさまにはご心配をおかけしたかもしれませんが、今後はいつも通りのほぼ週一更新を心がけていきます。

Go To Eatのドメインがオンラインカジノやパパ活おすすめサイトに⁉︎

Go To Eatのドメインがオンラインカジノやパパ活おすすめサイトになってしまう

インターリンクの「あなたの知らないドメインの世界」2024年4月11日の記事です。

Go To Eatで使われていた、各都道府県のキャンペーンサイトのドメインがオークションに出されていて話題になりました。

期限切れのGo To Eatキャンペーン関連JPドメイン名、オークションに続々登場中(2023/10/19 やじうまWatch)

 

これらを入手した人たちが、オンラインカジノ紹介サイトやパパ活紹介サイトとして使っています。

詳しくは、「あなたの知らないドメインの世界」をどうぞ!

タクシーアプリGoの車内事前決済は世界でも類を見ない便利さだが、もうひとつだけやってほしいこと

(私の提案した機能はすでにGoの一部の端末で可能という情報がありましたが、私は確認できていません 5/12追記)
(タクシーアプリ S.RIDEでも同様の車内事前決済ができることがわかりました。他のアプリについてはわかりません。また、ちょっとわかりにくい表現を改めました 5/11 追記)

ライドシェアやタクシーアプリについて、私はこれまでいろいろとブログで発言してきています。

2018年2月には、

「東京五輪までにUBER TAXIを」

というエントリーを書きました。

ごくたまに国会議員さんに会うと、この話をしましたが、まったく興味を持ってもらえずにいましたが、

2020年7月3日、Uber Taxiは東京都内でサービスを開始した

のです。私のブログが影響したなんてことは絶対にないので、UBER JAPANが相当がんばって、国交省側の英断を引き出したのでしょう。

ただ、コロナで訪日観光客が少なく、あまり意味はなかったかもしれません。

さて、今日はタクシーアプリ Go の話です。

アプリでタクシーを呼ぶ場合は、

行き先や支払い方法をクレジットカードなどに設定しておき、タクシーを呼ぶ
→ アプリが行き先を運転手に伝える
→ 目的地に着いたら、支払いはアプリがやってくれる
→ 乗客は降りるだけ

という流れで、極端に言えば、運転手と一言も会話を交わさなくても(外国人にとっては大きなメリットですね)、乗って、そのまま降りるということが、どのアプリでも可能です。

その中で、タクシーアプリ Go は、アプリで呼んだ時ではなく、たまたま乗ったタクシーが Go のタクシーであれば、乗車中に車内決済ができ、到着した途端、(精算は済んでいるので)そのまま下車できるのです。

これは世界的に見ても、画期的な機能だと思います。私が利用したUBERはじめ、各国独自のアプリなどでももちろんありません。バーコード決済が一番進んでいる中国ではもしかしたら、と思って中国人の友人に聞いても、こういった機能は聞いたことがないと言われました。

ということで、タクシーアプリ Go 、とても便利に使わせてもらっています。

そんなタクシーアプリ Go、ひとつだけ改善してほしいことがあります。

それは、「たまたま乗ったタクシーがGoだった場合、車内事前決済をするだけでなく、行き先を読み込む機能を作ってもらいたい」です。

たとえば、QRコードを車内のカメラで読み込んでもらえば、行き先が伝わる、というような。

運転手さんにGoogle Mapを見せるよりは、とてもスムーズになると思うのですが、どうでしょう?

お前はもう閉じている〜広告を一瞬で消すだけのメガネ

本記事は「エイプリールフール」でした。

Apple 社の「現実とデジタルデータをシームレスに統合する」Apple Vision Proや、Meta社のバーチャルリアリティヘッドセットのような、高機能なものではありません。

インターリンクは、単機能の、

「広告を一瞬で消すだけのVRヘッドセットじゃなくて、メガネ」

を開発しました。

その名も、

『お前はもう閉じている』

です。

サプリを毎日飲んでますが…

小林製薬の紅麹サプリメントの健康被害、日に日に被害の大きさが明らかになっています。

自分が飲んでいるサプリの成分を確認した人は多いのではないでしょうか?私もチェックした一人です。。紅麹は含まれていないようで一安心しました。

健康のために飲んでいるはずが、健康を害す、というので思い出すのは、水銀です。

『世にも危険な医療の世界史』(リディア・ケイン ネイト・ピーダーセン)によれば、ナポレオンやリンカーンも水銀もしくは水銀加工物を薬として飲んでいたそうです。

ちょっと古い3年前の調査でサプリメントの調査がありました。

サプリを飲んでいる人は、38.8%
そのうち、効果を実感している人は、46.1%

となっています。頭痛薬とかなら、すぐに効果はわかりますが、効果があるのかないのか、よくわからないのがサプリなのかなと思います。

ナポレオンやリンカーンも効果があると思って水銀を飲んでいたんでしょうね。。。

さて、小林製薬の紅麹に話を戻します。

厚労省のこちらのページの「紅麹に関する届出された食品のリコール情報(小林製薬関連に限る)」のリンクに、小林製薬の紅麹の卸先一覧が出てきます。頻繁に更新してファイル名も変更しているようですので、直リンクはさけました。

サプリとはなんなのか?

薬とどう違うのか?

あらためて考えています。

大谷翔平選手は歴史に残る選手だからこそ、結婚相手を公表して本当に良かったと思う件

2023年8月、私はエンゼルススタジアム6連戦を観戦していました。上は23日、故障直前の大谷選手を撮った写真です。

大谷選手が結婚相手を公表してくれました。

当初は、普通の人という表現だったりして、これはもしかして公表しないパターンなのかな、と誰もが思ったのではないでしょうか?

野球選手だから、野球を見てもらうのであって、プライベートはそっとしておいてほしい

そういう考えもよくわかります。

一方で、野球は人気商売で、ファンが望んでいるのだから、公表すべき、という意見もあります。

私は、大谷選手にはぜひ公表してほしいと思っていましたが、人気商売だから公表してほしいと思っていたわけではないです。


偉大な人物は、伝記が編纂されます。

伝記には、それこそ幼少期の出来事から、結婚生活に至るまで、その人の人となりがわかるような事柄、そして、どういう過程を経て、周りのどのような協力があって、その偉大なものごとを成し遂げたのか、ということが書かれます。

私たちは伝記を読んで、少しでもその偉人に近づこうと努力したり、失敗にめげない勇気をもらったりするわけです。


これから私が言いたいことは、もう勘の良い方にはおわかりになったかと思います。

大谷選手は「歴史に残る」「歴史を変えた」野球選手として、伝記が書かれるほどの偉業を現在進行形で成し遂げいていると言って良いと思います。

そのような人物だからこそ、同時代に生きる私たちに、その人生における節目や大きな出来事を、伝記という過去形ではなく、現在進行形で公表してほしいと思っていたのです。

ご結婚おめでとうございます。 心よりお祝い申し上げます。

詐欺メールの見分け方〜ウマイ話には裏がある〜

つい先日、下記のメールが届きました。



JCBから、Okidokiポイントでディズニーストアのギフトカードがもらえた?

そういえば、カード会社のディズニーチケットご招待とかに応募したような気もする、、

と一瞬思いましたが、いやいや、そんなことないなと正気に戻り、リンクを見てみます。

URLとしては、おかしくないです。

ただ、よーく見ると、英字フォントが他と比較して若干小さいです。

そこで、マウスポインタをURLの上に乗せます。決してクリックはしないようにします。すると、

リンク先URLが見えました。jcb.co.jpではなく、.cn(中国のドメイン)です。明らかに釣りですね。

実はここまでしなくても、よく本文を見ればおかしいことに気づきます。

 

通常のフォントは下記の通り、認はつくりが、約はへんが違います。

確認 約

他にもよく見ると、中国でよく使う字体になっています。

昔から、「ウマイ話には裏がある」と言いますが、特殊詐欺も「還付金が戻る」とかで釣りますし、メールでもなにか当たった、という嘘で釣ってきます。

以前のメールでは、「百万円当たった」などと、大きく出てくることが多く、それだと怪しまれるということになったのか、最近は、「大当たり系」から、こういった「ちょっとうれしい系」になっているようです。

詐欺メールかどうかの判断はリンクを確認するのが一番確実ですが、リンクの確認方法は機種によって違ったり、確認するつもりがリンクを踏んでしまうこともありますので、「君子危うきリンクに近寄らず」として、まずは、メール内容をよく読む、おかしなところがないか、そして自分がそういうことをしたのか、よく考えてみるのが良いと思います。

今回は中華系の詐欺メールを取り上げました。中華系は漢字圏であるために、逆に漢字でミスをするというパターンです。そして、中華系の特徴は、「儲け話」です。

欧米系の詐欺メールは、これとは逆で、「コワイ話」です。たとえば、「あなたに残念なお知らせをしなければなりません。あなたのメールは監視されています。」という感じです。表現も欧米風な誇張表現です。

アジアと欧米の違いが如実に表れていますね。

ではまた。

大正製薬から夢のダイエット薬!?はずかしい副作用に注意必要かも!?

国内初の“薬局で買える”内臓脂肪減少薬「アライ」4月8日から販売開始 専門家からは「美容目的での使用」に警鐘も|TBS NEWS DIG

ニュースで知ったのですが、飲んでやせられる薬、これは予約してでも買いたい、と思ったのですが………

このアライという薬は、オルリスタットという成分が脂肪を便とともに排出してくれるのですが海外ではすでにいくつもの薬が販売されていました。

「ゼニカル」「オルリファスト」「オルリガル」などなど。

これらの薬を個人輸入するサイトがあって、クチコミを読んでみると、

「おならとともに便が出てしまう」

「もらしてしまった」

「トイレが油まみれで大変なことになった」

などなど、出てきます。

大正製薬のアライのサイトにも副作用が書かれています。

「副作用のほとんどは、アライの薬理作用によると考えられる油の漏れや便を伴う放屁など以下のような消化器症状でした。」

さらっと書かれていますが、「油の漏れ」はパンツにしみがついたことでしょうし、「便を伴う放屁」って、うっかりしたら、おもらしですよね。

下記は大正製薬のページにあった副作用の表の一部です。

「切迫排便」っていう言葉は、初めて聞きましたが、間に合えば、「切迫排便」、間に合わないと「便失禁」でしょうか?

念のため、Wikipediaでオルリスタットを調べてみると、副作用の項目に、

「脂肪が肛門から漏れ出したり、便意が制御できなくなるという問題もある」

とありました。

気をつけて服用しないと、悲惨なことになりそうです。

やはり、楽してダイエットはできない、ということでしょうか?