10月の誕生会はメキシカンのケータリング

私が苦手なもののひとつが、メキシカン料理。

豆をペースト状にしたようなものが苦手です。

しかし、社員にはメキシカン料理が大好きという人たちも多くいて、サンシャイン60からメキシカンのお店がなくなってがっかりしていました。

10月の誕生会では、そんな気配を察してか、幹事のI君が、メキシカンのケータリングという未だかつて誰も挑戦したことのない領域に踏み出したのです。

今回利用したお店は、SALSA CABANAです。都内唯一のメキシカンケータリングとのこと。

こんな感じになりました。

気がつくと、豆料理がない!

これは助かったと思いながら食べてみると、とても美味しかったです。

わざわざ小さなソンブレロと付け髭で場を盛り上げた幹事、ごくろうさまでした。

台風被災ボランティアとSOVOL

当社のシリコンバレーインターンシップで2年にわたり作ったボランティアマッチングシステム SOVOLというものがあります。

SOVOL
https://sovol.earth

これは、

個人がボランティア募集して、

個人が応募する

ということができるもので、台風被害のように、片付けを手伝って欲しい時などはとても役に立ちます。

市役所ボランティアセンターはいまだ開設しておらず、一番人手が欲しい時に募集できません。

また、集合場所が市役所に9時、そこでボランティア受付に1時間、行き先を割り振られて、実際に現場に行って作業開始は11時などになってしまうのに対して、SOVOLならば朝9時に現場に行くことが可能です。

SOVOLは運用開始後、たまに利用者がいる程度で現在も利用がありませんが、こういう時に利用してもらえればと思い、ここに記載させていただくとともに、社会貢献活動として当社も行っていますが、予算もかけて宣伝していこうと考えています。

しかしながら、どう宣伝したらいいか、いいアイデアもないため、もしよろしければ、こちらのコメント欄にアイデアを記載いただければ幸いです。

コメントは匿名希望と書いてある場合は公開しませんので、お気軽にいただければ幸いです。

消費税15%になるとコンピュータ暴走?!

消費税10%で大きな問題も起きず、一安心しているシステム管理者も多いことでしょう。私もその一人です。

さて、これまで

3% →  5% → 8% → 10%

と上がってきた消費税ですが、今後、もし15%になると、これまで起きなかった問題が起きることが予想されます。

それは…………………………

コンピュータの計算が狂う

のです。

百円のものに15%の消費税がかかるという計算を、コンピュータで普通にやってみます。ここでは Macの Pythonというプログラミング言語でやった例を表示します。

「*」はかけ算の意味です。

消費税は、一般的に切り捨て(*1)となるので、百円のものを買えば115円になるはずが、114円になってしまうという計算結果になるのです!

どうしてこんなことが起きるのでしょう?

それは、コンピュータは内部では2進数を使っていて、小数点以下の数字は2進数で正確に表せないことが多いから、なのです。

「え?! どんな数でも2進数で表せるよね?」

と思われる方も多いでしょう。整数においてはそうなのです。

10進数で表される小数点以下の数が他のN進数で表せないということを感覚的に理解してもらうために、3進数を考えてみることにします。

3進数は3つ集まると桁があがります。

1、2の次は3ではなく、10になり、その後は、11、12となって、その次は20になります。

使われる数字は0、1、2の3つです。

では3進数の0.1はどういう数でしょう?

0.1が3つ集まったら桁があがるので、1になります。

ということは、3進数の0.1は10進数で言えば、1を3で割った数で、0.33333……になり、どこかで桁を切らざるを得ず、微妙な誤差が出てしまいます。

この例では、3進数→10進数で誤差がでるという話ですが、同様なことが10進数→2進数でもあって、お互いに小数点以下の数は誤差がでることが多いのです。

では、なぜこれまでの3%、5%、8%、そして今回の10%の時に起きなかったのでしょう?

理由は簡単で、「2進数の値が、ほんのすこし大きかった」からです。ほんの少し大きい数をかけて、最後に切り捨てにするので問題になりませんでした。

下の表の、1.03、1.05、1.08、1.10のコンピュータ内部の数を見てください。いずれもすこし大きくなっています。

それに対して、消費税13%から消費税16%については、ほんの少し小さくなります。それが原因で百円の消費税が1円少なくなってしまうのです。

念のため、百円のものに対する消費税を30%まで誤差を計算してみたところ、消費税13%から16%の時に、誤差が出ることがわかりました。

面白いのが、値段によって誤差が出る時とでないときがあります。

たとえば、300円のもので計算すると、誤差がでないのに、400円だと誤差がでます。

買い物をする側にとっては1円トクをする話です。

ただし、これにはちゃんと対策があって、整数計算にする方法がその一つです。

つまり 100 × 1.15を計算するのではなく

100 ×  115 ÷ 100

というふうに整数計算にしてしまう方法や、精度の高いライブラリを使うなど、いくつか対策があります。

15%の消費税の時に、対策をしていないと100円の商品に対して14円の消費税になることが予想され、しかも値段によって正しい答えが出たりするので混乱しそうです。

(*1)消費税に端数が出た場合は、切り捨て以外の方法も法的には可能なようですが、ほとんどのお店では切り捨てにしています。

東大ガールズハッカソン

(写真:ハッカソンのプレゼン)

東大新聞社主催で『東大ガールズハッカソン』というものがあり、当社も協賛させていただきました。

名称:東大ガールズハッカソン

日程:プログラミング講習(8/4もしくは8/17のいずれか受講)
Android講習(8/26,8/28)
アイデアソン(9/14)
ハッカソン(9/20,21)

参加資格:東大女子学生、プログラミングしたことない学生も可

つまり、噛み砕いて言うと、

「東大の女子学生でハッカソンしたいんだけど、
プログラミングできる女子学生となるとすごく少数なので、
プログラミングも教えてしまうから、参加してね」

というハッカソンなわけです。

あ、ハッカソンって何?という方もいらっしゃるかと思うので、これもかなり端折って説明してしまうと、

プログラミング合宿で、数日の間になんとか動くものを作ってしまおうというもの

です。

ハックとマラソンを合わせた言葉です。

アイデアソンもマラソンのようにアイデアを出し続けるイベント、というようなものと考えていただければ、よろしいかと思います。

当社は今年はじめての協賛でした。

メンターとして会社から2名参加させてもらって、1チームを担当し、指導的なことをします。

当社は毎年シリコンバレーインターンシップをやっていますので、そこで経験を積んでいる社員をメンターとして派遣しました。

当社が担当したチームは、チーム名「おすし」で、作ったアプリは、「KomaLunch」。

駒場のランチにこまらない、というコンセプトで、昼休みにランチに行くときに、所要時間、ルート、混雑具合などを調べてくれます。

東大の社会問題 食堂難民

というtweetが示すように、ランチ場所に困っているようです。(ちなみに私の学生時代にはこんな光景はありませんでした)

大学からの所要時間ではなく、午前の授業の行われた教室からレストランに行き、レストランから次の教室に行くという細かい設定ができるようになっています。

なかなか良くできていましたし、プレゼンも上手でした。

ほとんどプログラミングしたことのない学生さんたちが、ここまでできるのかとびっくりしました。集中的にやったことがよかったのだろうと思います。ハッカソン万歳。

スマートスピーカーにディスプレイが付いただけで世界が変わった話

これがアマゾンのecho  shmw 5

ディスプレイ付きのアレクサです。

こちらはアマゾン echo dot

基本的にできることは一緒なんですが、使ってみたら、もう天と地ほど差があることに気づきました。

なんでも実際に試す、というのをポリシーにしている私は、echo dotが出てすぐに購入、最初は面白がっていましたが、あっという間に使わなくなりました。

echo  show 5をダメ元で、もし、使わなくなっても時計になるからいいや、と購入したのですが、まったく飽きることなく毎日使っています。

1ヶ月使っているうち、各部屋にも欲しいということで、今や、echo show 5が2台、echo spotが2台という構成になりました。

ディスプレイがついただけで、何が違うのか?と考えてみると、

①チュートリアルが表示される

たとえば、アレクサ、1分タイマーをセットして、と言って、1分後にアラームがなります。

その時、画面には、アレクサ、止めて、と言ってみて、と出ます。

次に行われるはずの操作をアレクサが予測して、チュートリアルを出してくれるのです。

これは通常のスマートスピーカーではできないことで、これにより、操作がわからなくなってやめてしまう、ということがなくなりました。

②声だけでなく、画面にも表示してくれる

人にものを聞いた時もそうですが、これ見て、とスマホ画面を見せられることってよくありますよね?

言葉で説明するより見てもらったほうが早いという。

たとえば、アレクサ、近くの焼肉屋さん、と言えば地図、お店の写真も表示してくれます。

③何もしない時、スクリーンセーバー的にニュースや次の予定が表示される

これも地味に便利です。スケジュールのリンクが必要ですが、次のスケジュールが出たり、ニュースが表示されます。

 

echo show 5が家に来て1ヶ月、今では90歳の母もアレクサに1分タイマーをセットして体温計を測ったり(体温計の音は高周波で聞き逃すことも多い)、エアコンをつけたりしています。

そして、アレクサがエアコン切ってくれた後、アレクサ、ありがとうと言ったら、どういたしまして、と言われたと妙に感心していました笑

さて、こんな感じのディスプレイ付きスマートスピーカーはGoogleもGoogle Nest Hubというのを出していて、いい意味で競争して欲しいですね。

台風の時は政府がテレワーク呼びかけを

当社はテレワークにはかなり以前より取り組んでいて、2011年の震災時に交通機関が麻痺する中、社員が在宅で作業をし、通常の業務が行えました。

今回の台風も、事前にJRをはじめとする交通機関のストップが予想されたため、テレワークをすることになり、大混雑の中、通勤をする者はいませんでした。

テレワーク・デイズということで、総務省をはじめとする省庁がテレワークを推進しています。

せっかくこのようなキャンペーンを張っているのですから、今回のような台風で交通機関が麻痺することが事前にわかった時点で、政府がテレワークを呼びかけたらいいのではないかと思いました。

通勤だけで半日つぶれてしまった、というようなこともあるようです。

自宅で仕事ができれば、自宅で済ませられますし、出社が必要な人も、自宅作業後、午後出社で済ませられるかもしれません。

そして、混雑が減って、駅の行列がなくなれば、どうしても出社しなければならない業種の方々、たとえば医師や鉄道関係者が早く目的地に到着します。

不要不急の外出を避ける、ということがよく言われ、主に、自身の安全を守るため、とされますが、不要不急の外出を避けることで、必要火急の用件を持っている方々に早く職務についてもらうというメリットがあるはずです。

そういう方々が早く職務に復帰することが、台風を含む災害時の迅速な復興につながることを考えると、私たち一般人は不要不急の外出を避け、できればテレワークで済ませる、ということをしていくといいのではないかと思います。

OCN障害はWindows Update?

Windowsのセキュリティアップデートは、Microsoftが公開していて、米国時間で毎月第2火曜日、日本時間だと毎月第2水曜日(ただし、1日が水曜日の月は第3水曜日)となっています。

セキュリティ更新プログラムリリーススケジュール(2019年)

このアップデート日には、ネットワークが混雑し、当社もお客様から「遅い」というお叱りをいただくことがあります。

米国では火曜日に行われるので、「Patch Tuesday」と呼ばれています。日本だと「Patch Wednesday」ですね。

通常は1日もすると混雑は解消されます。

本日8/29、OCNで通信障害があり、Windows アップデートによって通信が増大したためと思われる、という発表をOCNではしています。

日経新聞電子版 NTT系のOCNで通信トラブル 全国的に速度が低下

さきほどのセキュリティアップデートであれば、8月は14日だったはずで、かなりずれています。

ただ、Windows10については、アップデートが不定期に行われているようだ、と指摘する人もいて、Windows10のアップデートだった可能性も捨て切れませんし、緊急性の高いアップデートは随時行うので、緊急アップデートの可能性もあります。

Windowsアップデートであれば、当社にも影響があるはずなのですが、現在のところ、あまり影響が出ていません。

2017年8月にOCNが通信障害を起こしたときは、Googleの誤った経路情報が原因でした。

OCNはとばっちり、米グーグルによる大規模ネット障害の真相

この時も、OCNで大きな影響が出て、KDDIにも影響があった、今回もOCNとKDDIで影響が出ていて同じような感じです。

8月下旬という点も似通っています。

OCNが原因追及中と断った上とはいえ、Microsoftの更新プログラムと言っているので、根拠があると思われ、当社を含む中小にまで影響が広がらないことを祈っています。

ドメイン島巡り 4コマ漫画連載スタート

インターリンクのドメイン島巡りは、GIGAZINEで毎月1回連載していますが、このたび、4コマ漫画化で毎週連載することになりました!

連載先は、今、一番イケてるWebメディア note です。

これでインターリンクもイケてる会社になれるのでしょうか?

(多分、いえ絶対なれません笑)

 

4コマ漫画 『ドメイン島巡り』 note.mu

.kidsは、Amazon、GoogleをけちらしてNPOが獲得

.kidsの運営団体がやっと決まりました。

香港のNPO、DotKids Foundationです。

最後まで争ったのは、Amazonです。

Amazonには、Echo Dot Kidsという製品があり、Echo kidsならまだしも、Echo Dot Kidsですからどうしても.kidsが欲しかったのでしょう。

DotKids FoundationとAmazonがどのような話し合いで決着したのかわかりませんが、もしかしたら、Echo.kidsはAmazonが利用する、というような条件が入っているかも知れませんね。

この、DotKids Foundationの代表は、Edmon Chungという人です。

ICANNではお馴染みの人で、Dot Asiaの代表者でもあります。

.asiaはスタート直後からセールス展開がうまく成功しましたが、最近は停滞気味になっています。

そのEdmonが代表ということは、DotKids Foundationは、青少年団体というよりは、ドメイン名運営団体と言った方が良さそうです。

kidsのためのコンテンツを作っていくということなのですが、

.kids.us

というセカンドレベルドメイン名がかつてありましたが、利用者がなくて廃止になったという経緯もあります。.kidsは大丈夫でしょうか?

.kidsがどうなるか、目が離せません。

参考: DOMAIN INCITE

アメリカ放題が米国出張には便利すぎてSoftbankから離れられない

ソフトバンクのアメリカ放題

Sprintの買収と同時くらいにはじまって、いったんはキャンペーン終了したのですが、キャンペーン終了のアナウンスがあまりなかったため混乱、批判が起きて、すぐに再開して今に至ります。

アメリカ放題「無料」がひっそり終了 「ひっそり過ぎるわ!」と大混乱

いつやめるかを公表していないので、またやめると混乱するかも知れませんね。

それはそうと、このアメリカ放題、本当に便利です。Webを検索すると批判的な記事があったりしますが、アメリカに行くなら絶対に使うべきです。

いい点は、

・無料!
・通話、データ使い放題。上限なし!
月5GBプランだったとしても5GB以上使える
・設定不要
・余計なもの(Wi-Fiルータ)を持ち歩かなくていい

こんな所です。

実は数年前は、米国でもSprintの電波が弱くて、ちょっと使いづらい場面がありましたが、最近は電波状況も改善されたようで、問題ありません。

当社は社員にiPhoneを支給していますが、すべてソフトバンク契約です。途中で変更しようかとも思ったのですが、アメリカ放題が便利すぎてソフトバンクから離れられない状況です。(決してソフトバンクの宣伝マンではないのですが笑)

今年も8月はシリコンバレーインターンシップです。

5名の学生さんと1ヶ月の合宿がはじまります。また、アメリカ放題のお世話になります。

明日できることは今日しない