サンフランシスコ空港入国審査を5分で通過する方法

APC-kiosks

 

今回のサンフランシスコ入国も5分で済みました。

長蛇の列を隣に見ながら、です。

 

写真のAPCというkiosk端末を利用することで、簡単に入国審査が終わります。

知らない人が多いのと、サンフランシスコ空港はちょっとわかりにくい所があるので、解説しておきます。

 

条件は、

・2009年以降、1度でも米国に入国したことがある

・ESTAを持っている

です。

 

ここが難関ですが、

サンフランシスコ空港のAPCは「US Citizen(米国市民)」側

にあります。

普通に「Visitor」側に行くと、通常の審査官による長蛇の列になるので、

「私は米国市民・・・・」と呪文を唱えながら、左側のレーンを進んでください。

よく見ると、ESTA所持者はこちら、という案内が小さく出ています。なにか言われたら、

「リターン エスタ」

と言いましょう。それでOKです。

 

端末の前に立ったら、まずすることは、言語を選ぶことです。

日本語を選べば、あとは画面の説明通りやればいいだけです。

 

APC Kioskの指示通り、指紋採取、顔写真撮影をして、税関申告書にあるような質問に答えると、用紙が出てきます。

 

それを持ってEXITに進みます。もし大きなバツ印がなければ、審査官に紙を渡して終わりです。バツ印がある場合は、別の列に誘導され、こちらに行ってしまうと時間がかかります。(ただし私は一度もありません)

黄色の税関申告書は不要です。さきほど出てきたレシートを税関で渡します。

 

アメリカの空港によっては、入国する人がほぼ全員APC Kioskに誘導される空港もあり、その場合、あまり時間短縮は見込めません。サンフランシスコ空港は、US Citizen側にあるため、常にガラガラなので、とても早く入国可能です。ぜひお試しを。

2009年から始まったESTAで2000円弱を余分に米国政府に払わなければいけなくなりましたが、このような利便性も持たせてくれると、まあ、いいかなという気がしますね。

在日米国大使館 APC Kioskの説明

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)