ICANNシドニー(その1):WDC(ワールドドメインカップ)の反響

20090621090212_3

今日は、ICANNシドニー会議初日です。

昨日、ブースにオタクッキーを置いたままにしていたら、なくなっていました。急遽新たに並べました。さらに、ドットトーキョーバッジを作ってきたので、それを並べました。(*注1)

WDC(ワールドドメインカップ)については、世界各国の方々に興味を持ってもらえて、好意的な言葉を頂いています。

「とても面白いアイデアだね」「ユーザーから聞くのはいいことだ」「僕も応募するよ!」

新ドメインを提案するには、審査料だけで18.5万ドル必要で、個人ではほぼ不可能です。いまのところ、個人ユーザーが新ドメインを提案する唯一の方法が、当社のWDCに応募することです。

(*注1)パリ、ベルリン、ニューヨーク、ソウルなど、数多くの都市名ドメインがバッジやチラシを作って宣伝を開始しています。どこも国の推薦はまだとれていない中、プロモーションを開始しています。早めのプロモーションで知名度をあげ、利用数を増やそうとしています。東京はまったく動きがないので、当社が
バッジを作りました。可能であればドットトーキョーレジストリを運営したいと考えています。


「ICANNシドニー(その1):WDC(ワールドドメインカップ)の反響」への5件のフィードバック

  1. 応募させていただいた者なのですが
    友達に話したら
    (英語版のICANNのルールによると君の考えたドメインは弾かれてしまうよ)
    と言われてしまいました
    確かに調べたらインターリンクの禁止事項には含まれませんが
    ICANNのルールには引っかかる恐れがあります
    つまりインターリンクの予備選考の段階で
    はじかれる可能性が高いという事ですよね?
    かなりショックです

  2. しょうたさま
    ご応募いただきありがとうございます。
    確かにICANNの規則上、選考できないドメイン名で応募されている方もいらっしゃるようです。
    また、ICANNの新gTLDについての最終版がまだ出来ていないこともあるため、不確定要素も存在しております。
    現時点では、しょうたさんのご応募がどのようなドメインか、私が把握できておりませんので、そのドメイン名が実際にICANN規則ではダメかどうか、わかりません。
    ただ、しょうたさんのお気持ちに答えられるような仕組みは考えさせて頂きたく、少々お時間を頂きたく思います。

  3. 初めまして、WDC参加者です。
    悩みに悩みんでドメインを考えていたのですが、
    ページを行き来している際に誤って応募ボタンをクリックしてしまいました。
    自分の考えが世界に広がるかもしれないチャンスを逃してしまったようで
    非常に後悔しています。
    もう1度、応募しなおしたいのですが、可能でしょうか?
    ご回答お待ちしております。

  4. T.Mさま
    ご応募いただきありがとうございます。
    同様のお問い合わせをいくつか頂戴しております。
    なんらかの救済措置が取れないか検討しており、少々お時間をいただきたくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)