パリ JAPAN EXPO 2011〜ニコ生じゃわからない現地報告〜

ヨーロッパ中のオタクが集まるという、パリの

JAPAN EXPO に行ってきました。

6/30〜7/3までの4日間開催です。

昨年は18万人を集めたそうです。

まずはRER線に乗ってParc des EXPO駅で下車。

すぐにこんなポスターが迎えてくれます。

61

初日は16時ころ到着だったため、帰る人が多いです。

(時差ぼけで結局いつも午後になりました)

62

こんなに列が必要だったのか?と思いながら、歩きます。

63

長いです。

64

まったく先が見えません。

65

なにか建物らしきものが先に見えました。

66

やっと会場正面に。

駅をおりてから、10分くらいは歩きました。

67

ここで印刷してきたチケットを見せると、ハンディ

スキャナーで読み取ります。

68

ゲートをくぐった所。

人少ないです。なんだ、こんなものか、と思った次の瞬間。

69

入口から1階おりたところが会場でした。

すごい。人人人です。しかも熱気で暑いです。

71

まず目に入ったのが、こちら。特攻です。

日本人がやったら、何を言われるか、心配ですが、

フランス人がやれば、大丈夫みたいです。

72

なぜかハリーポッターや、

73

バットマン。

74_3

エヴァがあって、ちょっと安心。

75

広島ブースがありました。

76_2

秋葉原サミットの意味がイマイチわかりません。

77

絆プロジェクト。

78

NHKも地味にブースを出してました。

79

Hope for Japan

初日でほぼ書き込むスペースないくらいです。

ありがとう。フランスとヨーロッパのオタクたち!

80

うん、がんばるよ!

81

武道エリアでは、合気道が一番人気。

なにしろ、みな、天下一武道会に出たいみたいです(笑)

82

剣道というより、チャンバラ。

正式名称不明。

83

弓道もありました。

84_2

学ラン120ユーロ(約14400円)。

セーラー服来ている人は割と多かったですが、学ランは

ほぼ見かけませんでした。夏ですしね。

85_2

サイレントヒルというホラーゲームのキャラ。

中身はすごい美人フランス人女性です。

こういう刀や武器などは、日本のコスプレでは禁止され

ますが、こちらは、なんでもありみたいです。

86

ニコニコ生放送ブース。

約10万人が同時視聴していました。

イマドキ、10万人が同時に見て、さらに後でも見る

メディアって、そんなにないのではないでしょうか?

87

ユニクロ。

いろいろ売ってました。

88

ワンピースのブース。

海外では、ワンピースとNARUTOが大人気です。

主題歌日本語だったりします。

私は、ICANNミーティングでお会いする方と、よく

ワンピース、NARUTOの話が出てくるので、2つとも

1巻をきちんと読みました。

90

銀魂のコスプレチーム。

巨大すぎて、移動が大変です。移動手伝いスタッフもいました。

これも日本では禁止でしょうね。

91_2

会場には、ヤクザや暴走族がいます。

92_2

帰りの駅構内。

窓口が5箇所くらい。駅員が対応しています。

券売機もあったはずですが、どこだかわかりません。

93

パリ市内へ向かうホームは、人が落ちそうなくらいです。

私は逆方向のシャルルドゴール空港に戻り、そこから、

バスで帰りました。

ちなみに、この明るさで午後8時くらいです。

フランスでは、サマータイムもあって、日が暮れるのが

夜9時過ぎです。10時でも明るいです。

私は2008年ICANNパリ会議に行ってから、サマータイム

賛成派になりました。


「パリ JAPAN EXPO 2011〜ニコ生じゃわからない現地報告〜」への1件のフィードバック

  1. いやー、凄いですね!
    特攻ブースが意外と気になります!
    天下一武道会に出たいとな!?
    素晴らしい志です。よね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)