なでしこ優勝の精神力

なでしこ優勝の原動力は劣勢になってもあきらめない

精神力、というような、スポ根ドラマを思い出す論評

が多いのですが、私が感じた精神力は別のものなので

ちょっとそれについて記します。

「アメリカの高さとパワーに負けた」場合、

どういう対応をすることが多いでしょうか?

「アメリカの高さとパワーに負けないよう、高さと

パワーのある選手を育てよう」

という方向になってしまいがちです。

これは、私に言わせれば

「決して口にすることはできないのに、口にしたら

甘いだろうと思わせる」甘い誘惑です。

アメリカの高さとパワーには、決して追いつくことは

できないので、この誘惑はずっとついて回るのです。

アメリカ人選手が1時間、パワーアップの練習を

します。

日本人選手も1時間、パワーアップの練習をします。

パワー面の素質のあるアメリカ人選手のほうが

練習による効果は大きいはずです。

同じ時間をパワーアップに費やしたら、差はかえって

広がってしまいます。

では、アメリカ人選手が1時間パワーアップするなら

日本人選手が何倍もの時間パワーアップ練習をして、

(多分無理ですが)アメリカ人選手と同じパワーと

なったとします。

でもその代償として、技術を磨く時間がありません。

単なる、「技術のないアメリカ人選手」になるだけ

です。

管理職になって、部下の指導をはじめると、最初は

どうしても部下の欠点が気になります。

そして、その欠点を補正しようと努力しますが、

なかなかうまくいきません。

松下幸之助「長所も短所も天与の個性、持ち味の一面。

うぬぼれず嘆かず大らかにそれらを活かす道を考えたい。」

船井幸雄「長所伸展の法則」

経営の名人と経営の神様は、短所を見ず、長所を伸ばせ、

と言っています。

短所をなくすには、膨大な時間がかかって効果が薄い、

長所を伸ばすのは、本人も楽しいし、大きく伸びる、

ということです。

もう皆さんおわかりと思いますが、私が思ったのは、

なでしこの欠点を補正したくなる気持ちを抑え、

なでしこの長所を伸ばしてきた、その精神力がすごい、

ということです。

「高さ」で負けたから「高さ」をつけようと思いたく

なるのを、それはアメリカ人選手の個性であって、

私たちの個性、持ち味ではない、と思って頑張るのは

並大抵の精神力ではないと思うのです。

当社は長所を伸ばす会社になろうと日々努力していま

すが、なでしこジャパンを見て、その気持ちを新たに

しました。

本ブログの途中の練習時間と効果については、たとえ

であって、実際そうだということではありません。


「なでしこ優勝の精神力」への1件のフィードバック

  1. 短所は目立つ。
    長所は見ようとしないと見えないものですね。
    私も松下幸之助さんの本や、
    船井幸雄さんの本を読んだことがあり、
    今でも保管しております。
    大変素晴らしいことに気づかされます。
    誉めて伸ばす=長所を伸ばす
    私がお勧めする本は坂井三郎の
    「大空のサムライ」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)