ものがなくならない時代がもうすぐ来ます!

渡辺千賀さんがIoT最優秀賞に挙げていた「Tile」ですが、SF滞在中に入手しました。

Tile

Tile 8個セット $147.38(特急配送料込約15,000円)

 IMG_5106

こんな風に、キーホルダーにつける感じです。小さいキーばかりなので大きく見えますけど、小さいです。

携帯電話で人と人がつながったことで、駅での待ち合わせですれ違うようなことはなくなりましたし、駅の伝言板はなくなりました。なので、もうシティハンターに依頼することはできません。(*1)

「待ち合わせで人と会えない」という状況って、今の若い人には、理解できないんじゃないでしょうか?

同様に、もう数十年したら、「ものがなくなる」ってことの意味がわからない世代が生まれるに違いないと思うのです。

ええ、そうです。携帯をはじめ、よくなくしものをしてきた私ですが、ものがインターネットにつながるようになって、「ものがなくならなくなる」時代がもう少しで来るのです!

このTileは、ブルートゥースで通信して、場所がわかるというもので、さらにすごいのは、「e」のところをダブルクリックすると、スマホが音を鳴らしてくれるのです。スマホが行方不明の時に役に立ちます。正直、私にはこの機能がすごく便利で、リビングで行方不明になったスマホを探す時に、助かっています。

ちなみに、現在は日本への配送は、しないようです。

利用者同士のネットワークでものを探す機能があるので、ユーザー数は多ければ多いほど、便利になるので、早く日本でも利用者が増えてほしいです。

Tileについて、渡辺千賀さんのブログがわかりやすく詳しいので、そちらをご覧下さい。

 IoT最優秀賞 – Tile

(*1)北条司さん作の漫画、アニメで、駅の伝言板に「XYZ」という暗号とともに事件解決をシティハンターに依頼する、というもの。Wikipedia


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)