東京五輪までにUBER TAXIを

このままでは、日本はシェアリングエコノミー後進国に。

世界では、配車アプリのUBERと民泊のAirbnbが当たり前になっていますが、日本では民泊が若干規制緩和されたものの、Airbnbの多くはグレーもしくは違法という状況が続いていて、シェアリングエコノミーがまったくもって実感できません。

Airbnbは、実は各地で反対もあり、導入に慎重にならざるを得ないのは理解できます。

アンチAirbnb(民泊)で米では法案、日本でも管理規約変更の動き(2016/01/27)

UBERも、タクシー運転手を中心に反対運動が起きているのは事実です。そして、それらの反対を押し切って、というより住民の支持が多く、各地でUBERは市民権を得、空港や各施設にUBER乗り場が設置されるまでになっています。

フランス パリでは何回か大規模反UBERデモがありました。

「Uberを追放せよ」ストでパリの道路が混乱状態に(2016/01/27)

反「ウーバー」デモが暴徒化、タクシー運転手が道路封鎖 仏(2015/06/25)

また、ラスベガス市は、なかなかUBERを認めませんでしたが、大通りでのUBERの乗降を禁止し、乗降場所を限定するなどして、UBERを認めました。

 UBERがラスベガスでも使えるように(2015/09/16)

今では空港にRide Share(UBERやUBERとライバルのLyftなど)乗り場の案内が掲示されています。

8B679043-086B-4503-B35E-02C34DA6E180
(ラスベガス マッカラン国際空港)

昨年、Tech Open Air Berlinというイベントでベルリンに行った時です。

あまりにもUBERの台数が少なくて困っていたところ、メニューをよく見ると、「UBER TAXI」というのがありました。

ベルリンのUBERには、普通のUBER運転手が少なかったのです。UBER TAXIというメニューを利用すると、普通のタクシーが来ますが、行先の指定や支払いはUBER内で済ませることができます。これのおかげで快適に過ごすことができました。

 

さて、日本のことに戻ります。

日本では、UBER TAXIのみ、認可したらどうでしょうか?

 

私の提案は、ドイツはUBERも認めていますが、日本国内においては、UBER TAXIのみを認可したらどうか?(※)というものです。

 

そうすることで、いろいろな問題がクリアされます。

・UBERの主な反対者であった、タクシー運転手にとって損がないどころか、売り上げアップにつながる

・UBER導入における一番の問題である、非職業運転手による運送という問題は、UBER TAXIだけなら、存在しない。

・訪日外国人が増え、外国語対応しなければならないが、UBERを使うことで目的地がはっきりわかり、料金収納も楽である。

(京都駅八条口には外国人用タクシー乗り場がありますが、外国人用タクシーがほとんど来なくて、外国の方が困っているのを見たことがあります)

 

独自でタクシー配車アプリを作る動きもあるようですが…

NECは98シリーズという、日本でしか通用しないコンピュータを作っていました。Microsoftにも98シリーズ用のMS-DOSやWindowsをNEC98用に特別に作らせていましたが、最終的には、世界標準のDOS/V機となりました。(この英断は素晴らしかったと思います)

ガラパゴスはダメ、というのは、ITの世界では常識です。

もう標準となるアプリがあるのに、

「機能が同じか、それ以上ならいいでしょ?」

っていうのはダメなんです。今さら、Facebookと同じような機能を作っても、絶対にFacebookみたいにならない、というのは、誰でもわかることです。

「圧倒的に上回っている何かがある」

なら別ですが。

もうすでにUBERは圧倒的なユーザー数を抱えて標準となっています。

 

これまで、ある意味、敵対してきた両者が手を結ぶには、さまざまな障壁があるかも知れません。しかし、ここはひとつ、オリンピック成功のために一肌脱いでもらえないものでしょうか?

小池都知事がアウフヘーベンということを以前おっしゃったようです。小池知事がどういう意味でおっしゃったか、私は存じ上げませんが、弁証法においては、アウフヘーベンとは矛盾する諸要素を、対立と闘争の過程を通じて発展的に統一すること、です。

対立してきたUBERとタクシー業界が手を結び、高い境地に至る、これこそアウフヘーベンではないでしょうか? 

※実際にはすでにUBER TAXIメニューは日本でも存在します。認可すら必要なく、タクシー事業者とUBERが契約すればいいだけかも知れません。

IMG_1517


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)