カテゴリー別アーカイブ: ドメイン

Dosh.cash キャッシュバックサービス

DOSH

DOSHというアプリがあります。

買い物をすると、キャッシュバックが貯まっていくというものです。

テキサスのスタートアップが運営しています。

スマホアプリのみの提供なのですが、そのURLが

DOSH.CASH

なんです。

DOSH(ドッシュ)だけだと、なにそれ?という感じですが、
「ドッシュ(ドット)キャッシュ」になると、にわかに

なに?お金の話??

という感じで、食いつきがよくなりそうですね。

非常にうまく、.cashドメインを利用した例だと思います。

「.cash」はゴンベエドメインでオンラインで取得可能です。

どうぞキャッシュに関係しそうなサービスやコンテンツにご利用ください。

参考:Austin company with $57 million in funding uses .CASH domain

EU一般データ保護規則の影響で、Whoisガードがいらなくなるかも、という話

gdpr

 EU一般データ保護規則(GDPR, General Data Protection Regulation)は、EUが定めた個人情報保護の枠組みです。

日本に住んでるし、ヨーロッパとは関係ないし、自分には関係ないと思っている方が大半ですが、実は結構関係しています。

まず、FacebookやTwitterのようなサービスはGDPRに対応して、利用規約を変更しました。

そして、ドメイン名の世界では、5月25日から、なんと、

Whoisの表示が劇的に少なくなり、

ほとんど表示されなくなってしまう。

のです。

では何が表示されるのかというと、

登録者が法人なら法人名が表示されますが、登録者が個人だと登録者名は表示されません。所在地については、国、州(都道府県)までです。

電話、メールアドレスは表示されません。

現在の 「Google.moe」の情報は、下記のように登録者(Registrant)、管理者(Admin)、技術担当(Tech)と3種類にわたって、住所、連絡先まで細かく記載されています。

スクリーンショット 2018-05-23 9.47.37

 これが5月25日以降、どうなるかは、「Google.app」のWhoisを見るとわかりやすいです。

Googleが運営する「.app」は、すでにGDPR対応していて、詳細なWhoisが出なくなっています。ドメイン名「Google.app」のWhois情報はこんな感じ。

スクリーンショット 2018-05-23 9.48.31

電話番号とか、あるじゃん、と思われるかも知れませんが、これは、ドメイン名を売った業者の電話番号やメールアドレスで、登録者の情報は法人名 Google LLC、州 CA、国 USだけです。

では5月25日以降、ICANNが扱うgTLDすべてのWhoisがこうなると(*1)、どういうことが起きるか、ですが、

①自分の情報を出さないためのWhoisガードが不要になる

というユーザーにとってメリットもあるのですが、

②ブランド名のドメイン名を不正に取得された場合や、誹謗中傷を受けたような場合に、ドメイン名の所有者がわからないので、弁護士を使って調べないといけなくなり、手間が増える。

というようなことが起こり得ます。ただし、今までも悪さをしようとする輩は、Whoisに正しい情報を登録していなかったと思われるので、大きな問題にはならないかも知れません。

③Whoisを表示したい場合に、表示されなくて困る。

これはどういうことかと言うと、たとえば、そのドメイン名を売りたい人は、連絡先をWhoisに表示させることで、買いたいという人からの連絡を待っているわけです。そういう人からすると、連絡先が表示されないと困る、ということになります。

今までWhois情報を保護する、Whoisガードサービスというものを当社も有料で提供してきました(*2)が、今後は、Whoisアンガードサービスという、個人情報を公開するサービスを提供する必要があるかも知れません。

 

(*1)国別TLD、たとえば.jpなどは、GDPR対応しない可能性があります。gTLDも、ユーザーがEU非居住者であれば、対応しなくていいのですが、EU居住か非居住かを判定して表示するのが面倒なことと、EUの先進的な取り組みが今後、世界的に採用されるであろうという見込みから、ほぼGDPRに対応すると思われます。

 (*2)現在も当社でWhoisガードサービスは提供中ですが、GDPRによりそもそも表示項目が減るので、サービス契約しなくてもいい可能性があるという注意喚起をしています。

 

興味のある方は、関連URLをどうぞ。 

ICANN理事会 GDPR関連一時的ポリシーの承認:

https://www.icann.org/news/announcement-2018-05-17-en

ICANN一時的ポリシーのリンク:(PDF) 

https://www.icann.org/en/system/files/files/gtld-registration-data-temp-spec-17may18-en.pdf

関連記事(Domain Name Wire)

Google has already GDPR’d its Whois records

名前衝突でブロックされていた .moe ドメインリリース

image

DNS名前衝突ブロックリスト(正式な.moeドメインができる前に使ったと思われるものを保護するリスト)に入っていた、

38,812件

の .moe ドメインうち、

36,654件

のドメインを本日午前9時リリースいたしました。

(リリースしない残りのドメインはプレミアムドメインに設定されます。詳細は後日ご案内します。)

【リリース詳細】

  • リリース開始日:2018年5月22日
  • リリース開始時刻:00:00 UTC

    利用可能になるドメインの一例: exam.moe / else.moe / guru.moe / kago.moe / koko.moe / otto.moe など

  • 登録:先着順
  • 料金:登録料金のみ。2年目以降は更新料金が発生します。

 

 

(参考)

名前衝突でブロックされていた.moeドメインのリリース(.moeレジストリ最新情報)

.moe 名前衝突レポート(ICANN)

ブロックされた .moeドメインのリスト詳細(ICANN)

新gTLDのDNS名前衝突ブロックリストとは?(2014/07/01の私のブログ)

第42回アジアの祭典・チャリティバザー

 IMG_2415 2

4月18日、ANAインターコンチネンタル東京ホテル(東京都港区)で「第42回アジアの祭典・チャリティーバザー」が開催されました。

私自身、行きたかったのですが、スケジュールが合わせられず、当社女性社員に行ってもらいました。

サモア、フィジー、ミクロネシア連邦など、ドメインのある島国も出店しています。

IMG_2418

 サモアのノニジュースをはじめとする物産です。

サモアのドメインは、『.ws

運営は米国の会社で、ドメイン名に絵文字が使えます。

サモアは、アメリカ領サモアもありますが、一般にサモアと言った場合は、サモア独立国のことです。

IMG_2522

ミクロネシア連邦のドメインは、『.fm』です。

FM放送局がたまに使っていたりします。

http://jaga.fm   FMおびひろ

ペッパーが特産で、いろいろな種類がありました。」

IMG_2427 2

こちらはフィジーのカレー。

大人気ですぐに売り切れたとのこと。

フィジーのドメインは『.fj』ですが、取得できるのは、

biz.fj, com.fj, info.fjname.fj, org.fj, pro.fj 

です。

なお、報道で知ったのですが、常陸宮妃華子さまも訪れたそうです。

華子さま、バザーを訪問 昨年5月以来の単独公務(朝日新聞DIGITAL)

httpがhttpsへリダイレクトされて、Webが見れなくなって困った話【解決済】

1118px-Internet2

とある独自ドメインを取って、いろいろやっていたのですが、ある日、

http://とあるドメイン.moe

のようなURLにアクセスしようとすると、勝手にhttpsに変換され、

https://とあるドメイン.moe

になってしまい、SSL設定をしていないため見れなくなる、という事態が発生しました。

いろいろネットで調べたのですが、どうも自分の症状とは違う感じ。

自分以外の人に、

http://とあるドメイン.moe

にアクセスしてもらうと、httpsに転送されず、きちんと表示されるのです。

いろいろ悩んだのですが、ハッとひらめいたのです。

 

【原因】一時、tumblrにドメインを割り当てたから

 

でした。

Tumblrはブログサービスの一つです。https対応なので、通常は、

https://とあるドメイン.tumblr.com

のようなドメインが割り当てられますが、自分で取得したドメインを使うことも可能で、私は今回、

https://とあるドメイン.moe ( = とあるドメイン.tumblr.com)

のようにした結果、とあるドメイン.moeがhttpsとしてブラウザに認識されるようになってしまい、その後、httpにアクセスしようとすると、httpsに自動変換される、ということが起きたのでした。

Tumblrはhttps対応ですが、ユーザーは、まったく気にせずにhttps対応になるため、気づきにくいのです。

なお、この自動変換は通常1年間続きますので、1年後には放っておいても直ります。とはいえ、1年も待ってられませんね。

 

【経緯】

1.ドメインを取得

2.tumblrにドメインを割り当て

 ブラウザがhttpsと認識

3.tumblrをやめて、通常のhttpサーバーにしても、httpが必ずhttpsに変換されて見れなくなる

 

【症状】

ある特定のブラウザでhttpがhttpsに変換されて見えなくなる。他の人や、他のブラウザでは起きない。

 

ということでした。対策は簡単で、

 

【対策】ブラウザの履歴を削除

 

すればいけます。全削除してもいいですが、そのドメインの履歴削除だけで直ります。

帰国後成田空港でiPhoneの電波がまったく入らないあなたへ

という記事を2010年に書いたのですが、未だに見ていただけています。大したtipsではありませんが、こういうものには需要がありそうなので書かせていただきました。 

~「.storage」の一般登録受付開始~「.ai」、「.io」、「.tech」、「.cloud」、「.blog」など45種類のIT関連ドメイン全部取得したら、毎年701,134円(税込)かかります

storage

アニメ、マンガ、コスプレ、アイドル、ゲームに萌えるドメイン「.moe」を運営する株式会社インターリンクのドメイン事業部「ゴンベエドメイン」は、パソコンのデータを長期間保管しておくための補助記憶装置を表すドメイン、「.storage」の取り扱いを開始致しました。

ゴンベエドメインには、「.storage」以外にも、ITに関連したドメインを45種類提供中です。仮に45種類すべてを取得したとすると、年間登録料金は701,134円(税込)。非常に高額ではありますが、ドメインひとつで810,000円(税込)の年間登録料金が発生する、化粧品業界向けドメイン「.makeup」と比べるとお得です。この機会に是非ご検討ください。

「.storage」詳細 (※価格は全て税込、登録期間は1年)
【登録料金】 97,200円
詳細、お申し込みについて http://www.gonbei.jp/reg/domain_detail.cgi?p1=storage
登録に必要な書類がございます。上記詳細ページを必ずご確認の上、お申し込みください。

年額97,200円あれば、iCloudのストレージを10TB購入可能ですので、普通はリアルなストレージにお金をかけそうですが、バーチャルなものにこそ、真の価値が存在する、と思われる方には、かなりオススメなドメインです。

SONYが「.xperia」ドメインにタオルを投げた模様

nicxperia
(3/27現在の http://nic.xperia 今ならまだ見えます)

企業TLD(トップレベルドメイン)として、SONYが登録した、

「.xperia」

ですが、やめることになったようです。

ソース Three more dot-brands throw in the towel(Domain Incite)

現状、nic.xperia以外は使われていないようで、ブランド戦略の一環として獲得した(と思われる)ドメイン名 .xperia ですが、1ラウンドも戦わないうちにタオルが投げられたことになります。

SONYは、他にも「. sony」、「.playstation」も持っています。

「.sony」は、割と使っています。

ポストペット http://20th.postpet.sony

Career Program https://go.gsi.sony/career

などなど。

「.playstation」はnic以外、使われているのを見つけられないので、今後どうなるのか、ちょっと心配ですね。

ICANN61 プエルトリコ

IMG_1825

ICANN61 プエルトリコに行ってきました。

今回は、ICANN神戸のちょうど1年前の同規模の会議ということで、当社からは私を含め総勢6名で行きました。

IMG_2186

月曜日朝のウェルカムセレモニー。

偉い人がいろいろと話したあと、

IMG_2187

ダンスショーがありました。

IMG_2189

プエルトリコの国別ドメイン名 .prのVice President ロドリゲスさんとお会いして、情報交換をさせていただくなどしました。

肝心のICANNでの主な話題は、GDPRでした。

GDPRというのは、EUの一般データ保護規則というもので、2018年5月から施行されます。ドメインで言えば、WHOISが対象となり、かなり厳しいプライバシー保護が定められ、罰金も大きく、どうやって対応していくか、というのが話題でした。

もう一点、新gTLDの次回の申請は、前回の総括が終わっておらず、このままだと2022年頃になりそうです。

そして、今回は月曜日にGALAパーティがありました。

今までは水曜日夜に行われ、打ち上げ的なイメージでしたが、月曜日の朝にウェルカムセレモニーで夜にGALAだと何か違和感があります。

IMG_1969

GALAパーティ会場へは、このようなデコトラならぬ、デコバスが送迎してくれました。

かなり目立ちます。ICANN神戸でもこういうのはいいかも。

IMG_2192

GALAパーティは普段通りの感じでした。

やや、食べ物を取るのに行列ができ、時間がかかったかな?というところ。

豚の丸焼きもありました。

IMG_2191

日本でやるなら、マグロの解体とかでしょうか?

ただ外国の方は魚の頭が怖いらしいので、日本人が思うほど受けないかも知れませんね。

IMG_2019

火曜日は、Neustar社のパーティに行きました。

企業パーティを主催するかどうか、当社も迷っていますが、参考になればということで行きましたが、規模が大きすぎて参考になりません。約300名くらい参加していました。

.prと共催だったようです。

IMG_2020

 

IMG_2185

今回のおみやげはこんな感じ。

バッグはかなり出来がよく、使えそうです。

その他はTシャツ、ボールペン、サングラス、チラシ。

IMG_2011

プエルトリコは要塞が有名です。要塞からみた風景。

ピニャコラーダというカクテルがあり、プエルトリコはたいてい、どこに店にも置いています。パイナップルとココナッツで甘い飲み物です。ラム入りとラム無し(ノンアルコール)が選べます。

ピニャコラーダ発祥の地へ。

IMG_1934

 

IMG_1933

Barrachina(バラキーナ)というお店です。

IMG_1938

とても甘いですが、甘い物好きな私には、どストライクでした。

 

~Have a nice domain!~3月15日は「ドメインの日」なので、「あなたの知らないドメインの世界」をご紹介

9B5F54ED-56DC-4DAC-B1DB-D3D889DDBC03

新ドメイン「.moe」、「.osaka」、「.earth」の運営やオタク川柳大賞を主催する、インターネットサービスプロバイダーの株式会社インターリンク(東京都豊島区、代表取締役:横山正)のドメイン事業部「ゴンベエドメイン」は、「ドメインの日」(※1)にちなんで、「あなたの知らないドメインの世界」として、知る人ぞ知るドメインをご紹介致します(※2)。

【あなたの知らないドメインの世界】
・「.sucks」
Vox Populi(人民の声、世論の意)が運営するドメイン。「sucks」がスラング英語で相手を批判する際に使うことから、消費者の企業に対する声を吸い上げる場の提供を目的に創設されたドメイン。

・「.cat」
犬用の「.dog」、ペット用の「.pet」と来れば、「.cat」は猫専用と思われがちですが、スペインのカタルーニャ地方に割り当てられているドメイン(ccTLD)。「.cat」を運用する際は必ずカタルーニャ(スペイン北東部、中心都市はバルセロナ)の文化や言語をインターネット上でプロモートしていること(言語問わず)という厳格なルールがあります。

・「.ooo」
「ooo」に意味はないそうです。自由度が高いユニークなドメイン。

・「.ai」
アンギラ諸島に割り当てられているドメイン(ccTLD)。「AI」(Artificial Intelligence)の略として、人工知能関連サイトで見かけることが増えました。

・「.bl」
ボーイズラブドメイン、ではなくて、カリブ海にあるフランス領のサン・バルテルミー島のために割り当てられたドメイン(ccTLD)ですが、運用されていません。誰にも使われていないドメイン。

・「.gal」
日本のギャルは取得できなくて、スペイン北西部のガリシア州のギャルなら取得できる、スペイン北西部のガリシア州を表すドメイン。取得に際しては、ガリシアの言語と文化の発展に貢献するコンテンツを立ち上げる必要あり。他の使用目的は認められていません。

・「.mom」
お父さんの「.dad」は、これからリリースされます。現在は、お母さんのドメインだけ存在します。

・「.versicherung」
ドイツ語で「保険」。英語で保険を表すドメイン「.insure」もあります。

・「.rich」
リッチじゃないと取得できない価格302,400円(1年間)。使用されているサイトを見たことがありません。本物のお金持ちのためのラグジュアリーなドメイン。ちなみに「.luxury」は75,600円(1年間)です。

・「.makeup」
「メーキャップ」なんて美容業界で使用されても良さそうですが、loreal.makeupとdior.makeup以外見たことがありません。高額な取得費用810,000円(1年間)が原因でしょうか。「.rich」より高い。

・「.su」、「.ru」、「.рф」…「.su」はソビエト連邦、「.ru」はロシア連邦、「.рф」はロシアの正式な国名「Российская Федерация」(ロシア連邦)の略で読み方は 「ラスィースカヤ フィヂラーツィヤ」。3つ全てccTLD。ソビエト連邦は解体されましたが、「.su」は現在でも取得可能です。

・「.fyi」
「For Your Information」の略語。「参考までに」という意味を表すドメイン。

・「.rodeo」、「.cricket」
「.baseball」よりも早く、ロデオとクリケットのドメインはスタートしています。ちなみにスポーツ系新gTLDには「.tennis」、「.football」、「.golf」、 「.soccer」、「.ski」、「.run」等が存在します。

・「.church」
少しづつ利用者が増えている教会を表すドメイン。

・「شبكة」
アラビア語で「ウェブサイト」を表すドメイン。 読み方は「シャバカ」です。登録できる文字列はアラビア文字のみ。

・「.世界」
「あなたの知らない.世界」は、現在取得可能です(2018年3月14日14時30分現在)。

世界で初めて登録された「symbolics.com」が誕生してから33年経った今、1,000種類を超えるドメインが存在していますが、日本国内においては、「.com」、「.net」、「.jp」が多く使用されており、それ以外のドメインはあまり知られていません。希望する文字列が取りやすいドメインも多くあります。「ドメインの日」を通じて、あまり知られていないドメインを周知して参ります。

※1 「ドメインの日」を3月15日としたのは、1985年3月15日、コンピューター製造会社のSymbolics社(マサチューセッツ州)が申請した「symbolics.com」が、正式なDNS(Domain News System)管理手順に則って、世界で初めて登録されたドメインになったことに由来しています。2017年、一般社団法人日本記念日協会(http://www.kinenbi.gr.jp/)より、正式に認定されました。

※2 価格は全てゴンベエドメイン(http://gonbei.jp/)における登録料金。全て税込。

【ドメインの日 公式サイト】
http://315.domains/

ドメイン名202種類が日本語やアラビア文字等で取得可能に

「ゴンベエドメイン」は、日本語登録可能な国際化ドメイン名(IDN)に対応したドメインを、本日、202種類追加致しました。ゴンベエドメインが取り扱うドメイン1,020種類のうち、367種類が国際化ドメイン対応となります(2018年2月28日現在)。

今回、国際化ドメイン名対応となったのは、「.salon」(サロン)、「.clinic」(クリニック)、「.watch」(ウオッチ)、「.church」(教会)、「.events」(イベント)、「.finance」(ファイナンス)、「.cleaning」(クリーニング)、「.doctor」(医師)、「.network」(ネットワーク)、「.dental」(歯)、「.store」「商店」(商店、店)、「.dog」(犬)、「wine」(ワイン)、「.soccer」(サッカー)、「.ninja」(忍者)など、202種類。ゴンベエドメインでは、日本語はもちろん、キリル文字やギリシャ文字、アラビア文字、ハングル文字でも取得頂けます。追加した202種類のドメインは、期間限定キャンペーンとして、20%オフで取得可能です。是非この機会にご検討ください。

 

たとえば、

『赤.wine』

『白.wine』

どちらも取得可能です。(2018/2/28 14:28現在)

お値段が6,048円なので、ちょっとしたワイン並の値段ですが。

 

キャンペーン詳細  
【期間】
2月28日(水)午前11:00 ~ 3月23日(金)午前11:00まで

【対象ドメイン】
20%オフとなるドメインは、以下202種類。
.academy .accountants .agency .apartments .associates .bargains .bike .bingo .boutique .builders .business .cab .cafe .camera .camp .capital .cards .care .careers .cash .casino .catering .center .chat .cheap .church .city .claims .cleaning .clinic .clothing .coach .codes .coffee .college .community .company .computer .condos .construction .contractors .cool .coupons .credit .creditcard .cruises .dance .dating .deals .delivery .democrat .dental .diamonds .digital .direct .directory .discount .doctor .dog .domains .education .email .energy .engineering .enterprises .equipment .estate .events .exchange .expert .exposed .express .fail .farm .finance .financial .fish .fitness .flights .florist .football .foundation .fund .furniture .fyi .gallery .gifts .glass .gmbh .gold .golf .graphics .gratis .gripe .group .guide .guru .healthcare .hockey .holdings .holiday .hospital .house .immo .immobilien .industries .institute .insure .international .investments .jewelry .kitchen .land .lease .legal .life .lighting .limited .limo.loans .ltd .maison .management .marketing .mba .media .memorial .money .movie .network .ninja .partners .parts .photography .photos .pictures .pizza .place .plumbing .plus .productions .properties .recipes .reise .reisen .rent .rentals .repair .report .restaurant .salon .sarl .school .schule .services .shoes .shopping .show .singles .soccer .solar .solutions .store .style .supplies .supply .support .surgery .systems .tax .taxi .team .technology .tennis .theater .tienda .tips .tires .today .tools .tours .town .toys .training .university .vacations .ventures .viajes .villas .vin .vision .voyage .watch .wine .works .world .wtf .商店 .娱乐 .游戏 .企业 .zone

【お申込、注意事項について】
http://gonbei.jp/
・各ドメインの詳細ページより、注意事項をご確認の上、お申込みください。

参考
ゴンベエドメインでは、「.ai」、「.cn」、「.tw」、「.ee」、「.sg」、「.io」など、世界中のccTLD国別(コードトップレベルドメイン)598種類もオンラインで簡単申請できます。http://www.gonbei.jp/reg/domain_price.cgi?p1=area_price