IPアドレスは枯渇しない

「IPアドレスが枯渇するから、IPv6にしなければならない」という声があります。

ちょっと乱暴に言えば、私は、「(少なくとも日本において)IPアドレスは枯渇しない」と思います。

理由その1)現状でも使用率は最大80%以下であり、20%の余裕がある

理由その2)今後、インターネット利用者が25%増加するとは思えない。

ちょっと説明が必要と思いますので、以下に詳しく。

■IPアドレス枯渇問題の本質

IPアドレス枯渇問題、というのは、20xx年にIPv4アドレスをすべての国に割り当ててしまうことにより、さまざまな問題が起きる、ということです。

その中で最も大きな問題は、「新たにインターネットをはじめるお客様にプロバイダーがIPv4アドレスを割り当てられず、その人は、さまざまなホームページをほとんど見れなくなってしまう」

ということです。現在のほとんどすべてのWebサービスはIPv4で出来ており、IPv6からは一切アクセスできないのです。

「IPアドレス枯渇問題」の本質は、「新規にインターネット接続をしたいお客様に、プロバイダーがIPv4アドレスを割り当てられなくなること」

と、言えます。

さて、この立場で「IPアドレス枯渇問題」を考えます。

■理由その1)現状でも使用率は最大80%以下であり、20%の余裕がある

80%以上の利用率にならないとJPNICにIPアドレス申請が出来ません。現状、ほぼすべてのプロバイダーが80%以下の利用率と考えてよいわけです。80%以上の利用率であえて新IPアドレスを申請しないプロバイダーがあったとしたら、、そのプロバイダーはそもそも今後IPアドレスを使用しないと思われます。

■理由その2)今後、インターネット利用者が25%増加するとは思えない。

現在80%とすると、100%になるには、25%増です。

将来、大幅な人口増加も考えにくく、25%増はあり得ない数字だと思うのです。

結論として、日本の人口が25%増えるような状況にならない限り、IPアドレスは枯渇しない、ということになります。

データセンターにIPv4アドレスを割り当てられない、という問題は起きるでしょうし、発展途上国において、インターネットユーザーが増加したときに、IPv4アドレスを割り当てられないという問題は間違いなく起きます。

しかしながら、多くの人が恐れている、「日本で新たにインターネットを始める人が、IPv4アドレスがなくて困る」ような状況は起きないと考えています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)