楽天球団島田社長のお話

20090528190301_3

野村監督がドラフトでの引きの強さを「黄金の右手」と賞賛した、楽天球団の島田社長のお話を聞きました。

プロ野球というビジネスが対象とする顧客層を分析し、それぞれの層に対してどうやってリーチしていくかを考え、着実にそれを実行していく、という楽天球団の方針は、通常のビジネスとまったく同じだなぁと感じました。

野村監督は続投するのか??

ちょっと訊けませんでした。(笑)


「楽天球団島田社長のお話」への1件のフィードバック

  1. はじめまして。
    まさに「はじめまして」なのですが、何故か知らない方ではないような、奇妙な感覚でおります。
    それは、御社のサービスを受けている一ユーザーであり、また、横山様のインターリンク社サイト「社長メッセージ」に好感を持ち、拝読させて頂いていた一ユーザーでもあるからだと思いますが。。。
    そして何より、今日発見したのですが、第57回以降はブログだったのですね!!これにはビックリしました。
    どうりで8月以降にPDFが無い訳です。。。
    また立ち寄りますので、宜しくお願い申し上げます。
    (…関係の無いコメントですみません。)

HAL へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)