ドットパリスは入札完了、ドットニューヨークは入札中

11月4日、ドメイン事業者交流会がGMO本社会議室で開催されました。

Photo

今回も、ICANNのTimをはじめ、海外からのゲストが15名も来てくれました。

特筆すべきことは、

「ドットパリス(.paris)は入札が完了、ドットニューヨーク(.nyc)は入札中」

ということです。

ドットトーキョー(.tokyo)はどうなるんでしょうか?

東京都さん、オリンピックで燃え尽き症候群になってなければいいんですが。

「.green(ドットグリーン)」のセバスチャンがパネルディスカッションで、

「たくさんgTLDができることは、一概にいいとは言えない。

 ドメインがあまりにたくさん増えると、なかなか見たいページにたどりつけなくなる。

 あたかもジャングルにいるかのようになってしまう。

 そのとき、勝者はGoogleのような検索業者になるだろう。」

と発言しました。

まさにその通りです。

懇親会で、セバスチャンに、「あなたの言うことは、まさに正しい。」

「でもたった一つ同意できないことがある。

 真の勝者はGoogleではなく、ICANNだと思うんだ。」

と言ったところ、大笑いで、「その通りだ」と言ってくれました。

その直後の写真が↓

Photo_2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)