whowasサービスが開始されそう

23_18_06_44

4/22 ソウルでVerisign Asia Registrar Dayが開催されました。

ベリサイン社がレジストラーを招待して、これからの新サービスやドメイン業界の

動向を説明してくれます。

その中で注目すべきは、whowasサービスです。

whoisサービスは、ご存知のように、ドメインの所有者情報ですが、

whowasは、過去のドメイン所有者情報です。

このサービスは有料になる予定とのことでした。

また、正式に「.コム」を取るとの表明がありました。

日本人としては、米国の会社にカタカナドメインを取られることに大変違和感を

覚えます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)