宅配の再配達

8585149745_3c52bc2ed7_b

 

国土交通省の有識者会議によれば、

宅配便の再配達によって、

9万人分の労働力が使われ、

42万トンのCO2が排出されている、

そうです。

FNNニュース

およそ2割が再配達となるそうです。

もしかしたら、私たちは再配達がなければ、もっと安い宅配料金を払うだけで済むかも知れませんね。

さて・・・・

米国の宅配は、どうでしょう?

実は、PCのような高額商品でも、一般的に不在時は、「自宅前に置いていく」です。

盗まれるかも知れませんが、その場合は保険でカバーします。

あるいは、本当はちゃんと受け取ってるのに、盗まれた、と言い出す人もいるかも知れません。

その場合も保険でカバーです。

米国の合理的な考え方では、

再配達コスト > 保険を掛ける費用

なのです。

中国ではどうなのだろうと、中国の友人に聞いてみたところ、

「再配達してくれるよ。自宅前に置いて行ったら、絶対なくなる」

とのことでした。

宅配という、同じサービスでも各国で違いがあり、面白いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)