時差通勤、自宅勤務を2月末まで延長

テレビもネットも、毎日コロナウィルスのニュースで、特にクルーズ船の感染状況については、日々、新たに感染者xx名、という形で報道されています。

リスク管理の観点でいえば、悪い情報を小出しにするのは、一番良くないわけで、不安が増してしまいますね。全員を一気に調べればいいのにと思いますが、検査用具が足りないなど、きっと何らかの原因でできないのでしょう。

一方、中国で感染者が新たにxx名判明し、これまでの死亡者がxx名になった、というニュースはあるのですが、それが一体増えているのか、減っているのか、わからないのでグラフにしてみました。

ソースは、Yahoo!ニュースの北京共同のものです。

数字は下記になります。

グラフを見る限り、まだ減少傾向にはないようです。

当社では当初2/7までとしていた「時差通勤、自宅勤務」を2月末まで延長することとしました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)