ICANN67カンクン新型肺炎で現地開催中止、史上初オンラインミーティングに

ICANNミーティング第67回カンクン 3/7〜3/12が、現地での開催をせずに、オンラインのみでの開催となることが発表されました。

新型肺炎 COVID-19 によるものです。

当社では決定されるより前に、なんらかのアクションがありそうだという情報を得ていました。たとえば、一部地域からの出席をお断りするというような可能性がありそうでした。

会社によっては、たとえば中国の会社であっても、参加する人員はアメリカ支社から参加するということもありますし、逆にアメリカの会社でも、中国に里帰りした人が参加するということもありそうです。ですので、一律に会社ごとに参加をお断りすることもできません。

どうなるんだろう?と思っていたのですが、まさかの「現地開催なし、オンラインのみ」という、思い切った対応でした。

昨年3月の神戸開催がそうでしたが、現地開催地は何年も前から準備し、政府機関とも相談しながら、開催に備えています。カンクンとしても経済損失は大きかったと思いますが、ICANNのこの決定は、国際会議を感染のきっかけとしないための勇気ある決断であったと思います。

ICANN公式発表はこちらです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)