餅は餅屋〜SHARP製マスク購入に参戦して〜

SHARPのマスクは4/21午前10時から販売でした。

50枚で約4,000円(2,980円税別、送料税込660円、合計3,938円)は転売と同じ値段で高すぎる、とか、3日後の再購入が可能になった時にはBOT(自動で購入するプログラム)を作成した人にかなわないので、一般人は購入できないよ、というような声もありますが、あたらしもの好き、かつ、そろそろ再利用が限界にきたマスクを利用している私としては参戦しないわけにいきません。

事前に会員登録が必要とのことがSHARPの公式Twitterアカウントでアナウンスされていたので、販売開始前日夜に

https://cocoromembers.jp.sharp

で会員登録を試みます。

重い… 表示すらしない…

何度もチャレンジしてやっと表示されて、入力しますが次のページに行くときに接続が切れてしまいます。

1時間ほどチャレンジしてあきらめて早めに就寝。朝5時に起きるつもりが深夜3時半に目が覚めてしまい、そこからまたチャレンジ。

2時間粘りましたが、最終的に「認証コード」が書かれたメールが来ませんでした。(あとで5ちゃんねる掲示板を見ると、SHARP側のメールサーバーが前日夜からダウンしていたようだ、ということがわかりました)

会員新規登録は無理だったわけですが、考えてみると、自宅にはSHARPの空気清浄機があります。忘れていたのですが、もしやと思って調べたところ、会員登録をしていました!これでなんとかなった、と思い、10時の販売開始を待ちます。

10時から何度も販売予告ページをリロードしますが、販売ページへのリンクが出てきません。10時8分にやっとリンクが出てきました。そしてリンクを押すも……つながらず。。。結局30分粘って表示されないので諦めました。

本日4/22にメンバーサイトを確認しても、まだきちんと表示されないようですし、メールサーバー不具合も解消されていないようです。

SHARP公式Twitterを見ると、本日4/22の販売は中止、再開未定となっているようです。

NHKはじめ、多くのメディアで取り上げられ、華々しくスタートするはずが、とても残念なことになっています。

 

沖縄でマスクを無料で配ると新聞で告知をしたおじさんがいらっしゃいました。予想以上の人数が押しかけ、警察も出動する大混乱となり、ニュース映像で見ましたが、ご本人は涙ぐんでいらっしゃいました。人のためになろうとしたのに、罵声を浴びせられることとなって、さぞ悔しかったことと思います。

 

SHARPがマスクを作る、というニュースは、多くの人から歓迎されました。値段を聞いてがっかりした人がいて、さらに販売時の不手際でがっかりする人が多数いて、というのが今の状況でしょうか。

 

餅は餅屋

 

という言葉を思い出しました。

餅のような誰にでも作れるものであっても、餅屋が作った餅は、素人が作った餅とは比べものにならないくらいにおいしい、ということから

なにごとにも専門家がいて、専門家にまかせるべき、という意味です。

沖縄のおじさんも、自分自身で配らずに町内会経由で配るとか、SHARPも自社で販売せず、楽天やアマゾンの販売サイトに任せれば、お客さんがどのくらい来るかも正確に見積もれたでしょうし、少なくとも販売ページが表示できないようなことはなかったのではないか?と思った次第です。

 

この状況下、医療関係者でもない私たちには、なにか貢献したいと思っても、できることはほとんどありません。まずは感染を広げない努力をする、仕事ができるのであれば、仕事で社会に貢献する、そして善意から出た行動は、その結果がどうであれ、応援するようにしたいと思います。

(追伸)第1回抽選は参加し、はずれました。その後、近所のスーパーでも売っていて少量ですが入手できたため、以降は抽選に参加していません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)