トランプ銃撃事件をAIが覚えるのに約2日かかったようだ

ちょうどChatGPTの記事を書いた14日の朝7時過ぎ、トランプ元大統領銃撃事件が発生しました。

ChatGPTがどのくらい新しいニュースを覚えるのかと思い、まずは24時間以上経過した15日朝9時にChatGPTに問いかけました。

私:トランプ元大統領は狙撃されましたか?

AI:トランプ元大統領が狙撃されたという報道はありません。もしこのような重大な事件が発生した場合、ニュースや公式発表で大きく取り上げられるはずです。現在のところ、そのような事件があったという信頼できる情報は存在しません。

約1日半経過した15日18:43には、
AI:いいえ、ドナルド・トランプ元大統領が狙撃されたという事実はありません。最近の報道や噂の中には、FBIが彼を狙ったという主張や誤解がありますが、これらは誤りであり、実際にはそのような事件は起こっていません​ (AFP Fact Check)​​ (PolitiFact)​。

2日半経過した16日19:25にやっと事実を認識していました。出先でしたのでiPhoneのChatGPTを使っています。

1日半では認識せず、2日半で認識していた、ということになります。

今日の昼間は忙しくてチェックできなかったのが心残りです。もう少し細かくチェックしておけばよかったです。

ただ、これだけでも言えることとしては、ChatGPTがニュースを覚えるのには、1日以上かかり、2日くらいで覚えるようだ、ということは言えそうです。

生成AIで有名なChatGPTの無料版と有料版の違い

ChatGPTの無料版と月額¥3,000(iPhoneアプリで登録した場合)の有料版で、どういう違いがあるか、試してみました。

まずは、実用的な使い方で、

『JAL 東京那覇便の最終便は何時ですか?』です。

無料版

有料版

無料版では日によって違うから自分で調べて、でしたが、有料版では時刻をしっかり答えてくれています。JALのページに行って調べるより、はるかに簡単に答えが出てきて便利ですね。

続いて、ちょっと学術的な話。2024年は米国で素数周期ゼミと呼ばれる、13年で成虫になる蝉、13年蝉と17年で成虫になる17年蝉の大発生が重なる年です。そこで、それらがどのあたりに発生するか、ということで、

『2024年の米国で13年と17年蝉が大量発生するとのことですが、分布図はありますか?』とたずねました。

無料版

有料版

英語だったので、『日本語で』とリクエスト

無料版はゼロ回答に近いものでしたが、有料版では、かなり詳しく答えてくれました。実際に、ChatGPTなしで日本語で検索しても、ここまでの情報は出てきません。とても便利としか言いようがありません。

さて、最後は、村上春樹風の文章にして、というリクエストです。

『スーパー信濃屋で、「とまらんパイ」というお菓子を見つけた。これは、食べ出したら止まらないらしい。キリバスのクリスマス島の塩を使っている。先日、ドメイン島巡りでクリスマス島に行ったので、思わず買ってしまった。という文章を村上春樹風にして。』

無料版

     有料版

これは好き嫌いが分かれそうですね。無料版もいい感じです。

いかがでしたでしょうか?結構違うことがおわかりいただけたかな、と思います。Googleで検索して調べる、というのではなく、ChatGPTのような生成AIに聞く、というのがそのうち一般的になりそうです。

ちなみに、とまらんパイはこちらです。

中国を脱出する富裕層が世界最多なのは納得、そして日本は富裕層が出ていく国なのか、入ってくる国なのか?

中国を脱出する富裕層が世界最多、というニュースがあったので、関連ニュースを探っていたら、おもしろいものを見つけました。

Mapped:Millionaire Migration in 2024」(富裕層の移住状況マップ2024年版)というものです。

富裕層が脱出する国

1位 中国
2位 英国
3位 インド

となっています。

一方、富裕層が移住する国

1位 アラブ首長国連邦
2位 アメリカ
3位 シンガポール

と、まあまあそうだろうな、という国が並びます。

そして、わが国は、いなくなるほうか、増えるほうか、どちらでしょう?

…………………

…………………

…………………

なんと、意外にも、日本は富裕層が移住する国の10位なんです!

税金が安いわけではないですが、

物価が安いから?

円安だから?

富裕層の中国人が来ている?

日本を出て、アラブ首長国連邦やシンガポールに移住している有名Youtuberもいるので、イメージとしては、富裕層が出ていってしまう、という感じでしたが、どうも違うようです。