JAIPA 地域ISP 部会

JAIPA 地域ISP<br />
部会

先週の13日金曜日、島根県益田市でJAIPA 地域ISP部会が開催されました。

メインは、NGN接続方式についての議論です。

2011年にIPv4アドレスが枯渇します。このままインターネットユーザーが増えていくと、2013年頃には、日本で新たにインターネットをはじめるお客様に割り当てるIPv4アドレスがなくなり、IPv6アドレスを割り当てることになるとの予測があります。(ただし、そうならないという予測もあり、GNATという方法で回避する策も検討されています。)

さて、ここで行われているのは、IPv4がなくなるかどうか、とか、IPv4で今後もやっていけるか、という議論ではなくて、IPv6を使わざるを得ない場合の議論です。プロバイダーがお客様にIPv6を割り当てようとしても、実はすぐに割り当てられない、どうしよう、ということなのです。それはマルチプレフィクス問題と言われています。

NTT東西はNGNというネットワークを作っており、すでにお客様にはIPv6が(お客様も知らない間に)割り当てられています。

プロバイダーがお客様にIPv6を割り当てると、実際には2つの異なったIPv6がお客様に割り当たってしまいます。そうなると正常な動作をしなくなるおそれがあります。

そこで、4つほどの解決策をJAIPAとNTT東西で検討しています。

JAIPAとしては、NTT東西がNGNにIPv6を使っているから起きている問題であり、NTT東西側の負担が100%でないにしても、多くの負担を求めています。なかなか折り合いがつかないようです。

私は次のように思います。「そもそも、インターネットにつなぐ、ということは、グローバルIPアドレスを割り当てることに他ならない。NTT東西はグローバルIPアドレスを割り当てており、インターネットに接続する行為と言っていいのではないか?」

NTT東西がインターネット接続を提供することは法律で禁じられています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)