アドレス帳の未来〜赤外線の先にあるもの

野口悠紀夫さんが、たしか「超・整理法」の著書の中で、

「たいていの仕事は、転記だ」

ということを書いておられました。

業務に必要な本を買う   
    ↓
書店は領収書を出す        「日付、金額」
    ↓
社内決済用の書類を書く      「日付、金額、書名、購入者、用途」
    ↓
会計担当者は、会計ソフトに入れる 「日付、金額、書名、購入者、用途」

本を買うだけでも、これだけの転記(=仕事)が発生します。

野口悠紀夫さんの主張は、ちょっと乱暴にしてまとめてしまうと、

「転記を楽にするために、データ化しろ」です。

個人での処世術としては最高の方法だと思いますが、私は社会規模での最適化を考えてみたいと思います。

たとえば、アドレス帳。

私の名前と電話番号は、多くの人の携帯に入っています。

それぞれの人がほぼ自分で入力しているわけです。

同じデータなのに、複数の人が入力している、これはちょっとした無駄ですね。

中には、赤外線を使ってデータ交換した方もいます。

その方はデータ入力の手間は省けています。一歩先に行ってます。

でも例えば、私の携帯番号が変わってしまったら・・・

自分でデータ入力をした人はもちろん、赤外線交換した人も、もう一度同じ作業が必要です。

さて、自分のデータがどこかに保存されていたら、どうでしょう?

横山 正 携帯番号 090-xxxx-xxxx

というデータがどこかに保存されていて、アドレス帳が自動的にそこからデータを持ってくるとしたら?

いつでも最新のデータが入ります。自分でデータ入力する必要がなくなります。

社会全体で、データ入力の手間が省けることになるわけです。

電話番号を教えることは、番号自体を教えるのではなく、私のデータを引き出す権限を与える、という感じになります。

もうあの人から電話かかってほしくない、という場合、データを引き出す権限を削除する、という使い方もできますね。

ドットテル(.tel) がやろうとしているのは、こんなことではないでしょうか?

アドレス帳とうまく同期できたらすごいのに、という話でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)