80歳の母にiPadを渡してみたら・・・「さわればいいんだよ」だけでいけた

インターリンクでは、今年度の社会貢献事業として、

『シルバー向け無料iPad教室』

を開催いたします。

ついては、まずは身内の反応を見てみようということで、

私の母(満80歳)に使ってもらおうと、渡してみました。

すると、驚くようなことが起きたのです。

準備として、アプリに母の好きな麻雀を購入して入れておきました。

  • スイッチはココ。(とHomeボタンを教える)
  • わからなくなったら、スイッチ押せばいい。
  • コンピュータじゃないから壊れたりしない。安心するように。(ちょっと方便です)
  • 麻雀アプリは最初のページじゃなくて、次のページ。
    ページのめくり方は、こう。(と実際にやってみせる)
  • (アイコンを指して)これが麻雀ゲーム。

麻雀ゲームが起動します。

そのまま渡したところ、

「どうやるの?」

と聞いてきたので、

「さわればいいんだよ。」

と答えました。

あとは、何も教えませんでした。

それで、どうなったでしょうか?

そのまま、母は3時間、麻雀ゲームに熱中していました。

はじめての麻雀ゲームなのに、やり方も聞かずに出来てしまったのです。

こう書くと、私の母はITが得意だからだろう、と思われるかも知れませんが、

違います。

パソコンは5年くらい前まで麻雀ソフトだけいじっていました。

マウスのダブルクリックは出来ません。

携帯のメールも出来ません。

パソコンをするときは眼鏡が必要でした。

一通りの操作を覚えるまで、時間がかかりました。

それが、iPadでは、”使いながら”覚えてしまったのです。

次は、メールの読み方を覚えてもらおうと思っています。

  • 手元で見れるから眼鏡がいらない。
  • さわるだけだから、お年寄りの苦手なマウスがいらない。

iPadは絶対、お年寄りに受けると感じました。

シルバー向け無料iPad教室が、ますます楽しみになりました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)