楽酷天という名前

楽天が中国での名称を「楽酷天」とするそうです。

酷という字は、日本人からすると「残酷」を想起させるため、

なんていうひどい名前だと思う人もいるかも知れません。

しかし、中国では、酷はクーと読み、coolに近い音と意味だそうです。

たとえば、インテルのコアデュオは中国語では、酷睿双核と書きます。

ちなみに、インテルは英特尓(インターアール)です。

インターリンクの中国語表記は英特聯(インターリン)としています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)