ユニクロ 英語公用語化

Photo

Photo_2

ICANNブリュッセル会議は、パリ経由で行きました。

パリのユニクロは、パリジャンヌも魅了していました。(写真上)

そのユニクロが、12年3月から幹部会議や文書を基本的に英語とする

とのことです。

すでに海外進出もしており、現地の社員も大勢雇っているので、ある意味

当然と言えそうです。

ニューヨークのユニクロも、パリのユニクロも行きましたがH&Mより混んで

いるくらいです。

そのユニクロが英語化を1年半後にするというのは、普通のビジネス感覚だ

と思います。

楽天は、海外進出前、今年5月に宣言をして、すでに実施しています。

食堂のメニューも英語化されたそうです。

ちょっと拙速に過ぎないかという声もありますが、どうなのでしょうか?

ここでも楽天の5つのコンセプトにある、「スピード スピード スピード」で乗り切

るのか、ついてこれない人を置いていくのか、興味深いところです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)