ワルプルギスの夜を体験してきたら、あまりにも○○○だった!(2/2)

ワルプルギス夜を体験してきたら、あまりにも○○○だった!(1/2)」の続きです

さあ、いよいよワルプルギスの夜、当日の朝を迎えました。

IMG_2699

朝8時半頃の市庁舎前です。まだ誰もいません。

11時半になると、

IMG_2713

大勢の人がいます。実は写真中央にいるのは、結婚式を終えて市庁舎から出てきた人たちです。黒塗りの車もありますね。白く見えているのは、大きなハートマークです。

この写真には魔女コスプレの人は3人くらい写っています。

たしかこのあとです。写真も取り損ねましたが、

キュゥべえ と ほむら がいました!

おお同志よ!と心の中で叫んだ私でした。

そして13時28分には・・・

IMG_2355

市庁舎前に続々と魔女コスの方々があつまっています。

13時半過ぎ、市長のあいさつがはじまり、広場は多くの魔女で埋め尽くされました!

と言いたかったのですが、とても多くの人と、40人くらいの魔女(あるいはデーモン)コスプレの人たちでした。

IMG_2358

 市長の挨拶が終わると、魔女たちが輪になって踊り、その後、みんなで歌を歌っています。

 市庁舎前でのイベントはこれでおしまいでした。

これを見たら、蒸気機関車でシールケに向かうと良いでしょう。(私は少しでも早くシールケに行ってなにが行われるか見たかったので、蒸気機関車乗車は翌日にし、タクシーでシールケに向かいました。約30分で40ユーロ。後で述べるようにパレードまでに行けばいいので、蒸気機関車で十分間に合います)

ハルツ狭軌鉄道 蒸気機関車のホームページ

時刻表はこんな感じ。URLはこちら

ハルツ狭軌鉄道時刻表

 市庁舎から歩くなら、ヴェルニゲローデ駅より一つめのWesterntor駅の方が近いですが、座席確保を考えると、始発のヴェルニゲローデ駅まで歩いた方が良いと思います。

シールケはヴェルニゲローデより寒いので、防寒はしっかりと。もしブロッケン山まで行くのなら、耳が痛くなるほど寒く風が強いので、フードつきが必須です。

14:55発に乗るならブロッケン山まで行って、シールケまで戻っても余裕があります。

料金はブロッケン山まで往復で43ユーロです。

切符は昔ながらの厚紙で、車掌さんが穴を開けます。

 IMG_2938

IMG_2939

IMG_2886 2

 蒸気機関車、とても迫力があります。これは1つめの駅Westerntor駅を通過するところです。

IMG_2822

車内はこんな感じ。中央右に見えるのはトイレです。1両だけトイレ付きがありました。

IMG_2823

ボックスシートについている小さな木製のテーブルには、路線図が描かれています。

IMG_2834

 車掌さんが検札にきます。途中駅から乗車の場合は、車掌さんから切符を購入しているようでした。

シールケ駅はこんな感じ。

IMG_2842

シールケの野外会場入口にチケットブースがあります。

IMG_2719

ここで料金を払うこともできますが、私はヴェルニゲローデのツーリストインフォメーションセンターで前売りを買っているので、それを見せると、こんな感じのリストバンドを巻いてくれます。

IMG_2774 2

 そのまま会場に入ったのですが、時間が早いのか、まだ盛り上がっていなかったので、再度、外へ。

IMG_2718

すでにパレードを待つ人たちが道の両側にいました。

そして19時半ころ、パレードが始まりました。私がいたのは最終地点だったようで、少し移動して撮影開始。

IMG_2443

これはパレードの5番目のグループの先頭のこどもたち。

このように、番号とチーム名が書かれたボードを持って行進します。

西から東に歩いてくるので、完全に逆光です。

ここからはパレードの写真をいくつか。

 IMG_2448

トラックやトラクターをデコレーションして、というのが多かったです。デコトラ、デコトラクターですね。

さらにスモークをはいていたり、大がかりです。日本で言えば神輿のような感じでしょうか。

IMG_2442

IMG_2437

IMG_2435

約30分でパレードは終わり、すぐ近くのレストラン Cafe am Kurparkへ。お腹がぺこぺこでした。

IMG_2771

IMG_2769

これが最高に美味しかったです。ドイツで食べた中で一番かも?

お腹がいっぱいになって、再度、野外会場に行きます。

IMG_2776

ライトアップして、木が青かったり赤かったりして幻想的です。

荒井由実の「天使が降りてきそうなほど♪」を口ずさみたくなります。でも今日は天使でなくて、魔女ですね。

IMG_2775 2

こんなテントがたくさんあって、魔女達が食事をしていたり、談笑していたり。

iPhoneで撮影しているので、明るく見えますが、実際にはもっと暗かったです。

少し西に歩くと、ものすごい数の屋台と人が。

IMG_2782

IMG_2788

IMG_2786

IMG_2784

どれも美味しそうです。さっきレストランで食べてお腹いっぱいでなければ・・・・

IMG_2791

IMG_2790

食事の屋台だけでなく、その他、革製品の屋台もあれば、お土産屋さんもありました。 

そしてとうとう・・・・

IMG_2795

ワルプルギスの夜のクライマックスと言われる、かがり火を見つけました!

明るくすると、

IMG_2797

こんな感じです。

あの、、、、すみません、、、想像していたより、ちいさい、というか、かなりちっちゃいんですが・・・(笑)

こうして、ブロッケン山から下りてきた、魔女との宴の時間は楽しくすぎていきました。

〜ワルプルギスの夜をこんなに楽しく過ごせるのも、まどかとほむらが、平和な世界を作ってくれたおかげ〜

と思いながら、1kmくらい先の帰路のバス停に向かいました。

 

ワルプルギスの夜を体験してきたら、

あまりにも のどか でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)