シリコンバレーインターンシップで開発したAIが第43回日本アカデミー賞を予想してみた

インターリンクでは、シリコンバレーインターンシップを2011年から毎年開催しています。これまでの参加者は40名を越えます。

2019年のインターンシップは、日本アカデミー賞(最優秀作品賞、本ブログ中は通称として日本アカデミー賞と記載)を予想する、というAIに挑戦しました。

完成したインターリンクAI予想システムは、1978年から2019年までの過去42年における日本アカデミー賞において52%の確率で予想を的中させています。このAIシステムは、ロジスティック回帰、線形判別分析、サポートベクターマシン、ニューラルネットワーク、決定木分析、以上5つの手法をハイブリッドしたものです。

そして、2020年第43回日本アカデミー賞を予測してみると、

上表のように、僅差ながら蜜蜂と遠雷が1位となりました。(早速、私は原作書籍を入手しました。)

3月6日 21:00〜22:54 日本テレビ系列で授賞式が放送されます。

COVID-19 コロナ ウィルスさえなければ、インターン生とともにタキシードを着て授賞式観覧に行く予定だったのですが、テレビで結果を待ちたいと思います。

2020年のシリコンバレーインターンシップは開催予定時期は8月で例年と同じですが、COVID-19を考慮し、募集は例年より2ヶ月遅く5月上旬からを予定しています。

(2020/03/06 23:47追記)
日本アカデミー賞は、新聞記者でした。おめでとうございます。残念ながらAI予想は外れてしまいましたが、前評判の高かったキングダムや翔んで埼玉を予想しなかった点は、AIを褒めてあげようと思います。下は家のテレビ画面ですが、日本テレビが発表直前にCMに入る前、「このあと今年度No1映画に輝くのは一体!? キングダム vs 翔んで埼玉」というテロップが出て、やっぱり、と思っていたのですが、どちらでもなかったのは、テロップ作成時点の日本テレビ内の下馬評だったのでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)