「オタク」カテゴリーアーカイブ

台北国際動漫節2018

台北で2/1から2/5まで開催された台北国際動漫節2018に.moeドメインの公式レジストラーであるGandi社とブースを共同出展しました。ちなみに動漫とはアニメのことです。

●開催概要

[名称]台北国際動漫節2018 (Taiwan International Comics & Animation Festival)
[開催日程] 2018年2月1日~2月5日
[開催場所] 南港展覧館 (Taipei Nangang Exhibition Center, Hall 1)
[公式HP ]http://www.ccpa.org.tw/tica/

DVOsEWLU8AAxvsl

 

ブース前に人だかりがありますが、なにをしているかというと…

 tweet00

tweet01

チアキコハラさんのライブペインティングです。

最終的には、

DVGjD9iU0AAAka6

こんな感じに。かわいらしいお洋服がすごく汚れてしまいましたが、とても幻想的な絵が出来上がりました。

私は残念ながら現地に行けなかったのですが、見たかった。。

DVLqFkOU0AAqtZT

 台湾には珍しく連日雨で寒かったのですが、会場内は熱気ムンムン。でも雲ができるほどではありません。

DVLrKKUUMAEAbpS

コスプレする人はとても少なかったです。物販目当てが多かったのでしょうか?

.moeは地道に世界のオタクとつながっていきます。

アルバカーキ Comic Con

CESが終わってすぐ、アルバカーキのComic Conに行ってきました。

まず、アルバカーキですが、

E1719FFC-9841-441F-AF81-EB62ACF0ACF7

 左上NVと書いてあるあたりがラスベガスです。

州としてはニューメキシコ州で、ラスベガスから飛行機で約一時間半でした。

さて、空港について歩きながら空港内のショップを見ていたら、

59A6607E-26F8-44CA-A1A5-8FCB67612615

こんな感じのTシャツを売っていました。(これはイメージで、amazon.comで売っているものから探しました。)

ニューメキシコ州は、UFO墜落事件として有名な、ロズウェルのある州でした。アルバカーキとは約250knしか離れていません。

さて、今回、なぜ私がアルバカーキに行ったかと言うと、

アマゾン創始者 ジェフ ベゾスの出身地なのです。

A4CA7C15-60B1-4569-A01F-A8C3FBBAB00A

早い時間に到着したので、アルバカーキのダウンタウンを歩いて気づいたことがあります。

 

店がない…

 

閉まっているとかではないんです。

Googleでレストランを検索しても300m先が一番近いとかです。、ハッと気づきました。

お店のない町で育ったから、Amazonという通販会社を作ったのだ、と閃きました。正しいかどうかはわかりませんが、自分としてはとても腑に落ちました。

 

さて、肝心のComic Conですが、とてもこじんまりしたものでした。

28D34E0B-A43D-4249-B181-C526A6CB4D81

 初日の開場直後の様子。

7FB213C4-0579-4AC6-B4F1-4338A44EA31F

コスプレはアメコミ中心。

11C6926D-59B3-438C-893E-AB4FB6E29280

そんな中、ナルト大好きなレイヤーさんを発見。

21195A03-4414-4C2F-AF63-3F07D199FBEE

 軍服コスプレのお二人、

ではありません。US Armyの勧誘です。

8A41FF4E-E61A-45EC-9DE0-33988C86030A

会場内はこんな感じ。

5F51EDD4-D6BE-43DC-9CF8-E2DB97237410 7C610922-0C51-4167-B38D-AA733CE980C4 285ADA8A-08A6-42F4-96A5-FF26D7DAD18A 49FD2148-0BF2-4131-971D-2774299B595D 11A64084-9C42-4F7D-9ACF-ACB6904BD586 

物販のお店はこんな感じ。うまい棒が1ドル!

4DC677DD-966C-47B3-A72E-2DB91CD9E09F

私はこの人の絵が気に入って3つほど買ってきました。
アルバカーキは、Uberの運転手もとてもフレンドリーで優しい人が多く、さらに、なまりもあまりなかったのは助かりました。

第13回オタク川柳大賞募集開始!

13otakusenryu

本日、11月1日、11時より、第13回オタク川柳大賞、オタク川柳の募集が開始されました!

otaseng

公式Twitter(@otaseng)では、過去のオタク川柳や応募されたオタク川柳をtweetしたりします。傾向と対策がわかるかも?!

オタク川柳イメージソング「オタクノミカタ」はこちら。

歌詞がほぼ全編オタク川柳になっています。

北海道サブカルEXPO えべフェス02

sabukalexpo_top

9月30日、北海道サブカルEXPO えべフェス02に行ってきました。

新千歳空港から約1時間半、野幌駅徒歩8分で、江別市野幌公民館に到着。

IMG_9347

江別市非公認萌えキャラクター『榎本煉』ちゃんの、のぼりがお出迎え。

2階にはコスプレ更衣室とグッズ販売所。

IMG_9345

CDを購入しました。

IMG_9371

榎本煉ちゃんが表紙のプログラム(左)とイメージソングCD(右)。

IMG_9341

榎本煉ちゃんのステージ。中の人は、工藤舞子さん。

そして会場の外の公園までコスプレ可となっています。

IMG_9328

 海外イベントのようです!とても日本とは思えません。海外ではこういう青空の下、公園でコスプレはよくあるのですが、日本ではかなり珍しいです。コスプレイヤーの皆さんは、良い写真が撮れたのではないでしょうか?

地域への愛が感じられる、かわいらしいイベントでした。

クランチロールEXPO

8月25日から27日、クランチロールEXPOがカリフォルニア州サンタクララコンベンションセンターで初めて開催されました。

IMG_9007

クランチロールは、日本のアニメを配信するサービスです。

これまでいわゆるシリコンバレーでは、パリのジャパンEXPOの米国版として、Japan EXPO USAが2回ほど開催されましたが、動員が少なく撤退しています。

会場内はこんな感じです。

IMG_9005

IMG_9008

そして 今回、地元のドメイン販売会社Dynadotと共同でブースを出展しました。

IMG_9009

 ハンドスピナーを配って、ドメイン登録をしてもらいました。

IMG_9010

 Dynadot社の方(左)と、当社のウィリアムズ(右)

IMG_9011

 進撃の巨人は不動の人気。

IMG_9012 

かわいいコスプレですね。ではコスプレをいくつかご覧ください。

IMG_9013 

IMG_9014

IMG_9015

痛車コーナーもありました。

IMG_9016

 

カナダ エドモントン アニメソン 24

IMG_2826

日本ではコミケの真っ最中の8/11〜13、カナダ エドモントンで開催された、Animethon 24(アニメソン24)に行ってきました。

24回目の開催ですので、歴史がありますね。

写真はメインホールで開催された、コスプレコンテストの様子です。収容人数はざっと数えた所、2000名くらい。

エドモントンは、日本からだとバンクーバーから飛行機で1時間半、カナダでは5番目の都市です。

ダウンタウンにある、MacEwan大学が会場です。

IMG_2793

敷地は16haとのことなので、東京ドーム3.4個分。

IMG_2830

天候もよく、芝生エリアはコスプレイヤーが集合しています。

IMG_2822

大学校舎内を通って、登録場所へ向かいますが、広くて10分くらいかかりました。

IMG_8792

これが登録場所です。

IMG_2798

3日間55カナダドル(約4800円)を購入。

IMG_2803

Animethonの公式グッズも売られています。

IMG_2799

 しかも結構売れていて、売り切れも。

IMG_2807

ARTIST ALLEYは、ミニコミケ的な感じです。ポスターが多く売られていました。

IMG_2820

YOUTUBERの取材を受けている、コスプレイヤーさん。

地元テレビ局がいるか、探しましたが、見つかりませんでした。

IMG_2823

ロリータファッションの研究会。

このように、大学の教室で各イベントが行われます。使われる教室、ホールの数は30から40程度。

IMG_2836

東方プロジェクトの研究会。

IMG_8840 2

ビデオゲームをみんなでプレイする教室。

IMG_2828

大学内のカフェや売店は営業していて、混雑しています。

IMG_2832

疲れた時、座れる場所があちこちにあるので、非常にありがたいです。

小さなイベントかと思っていましたが、予想以上に大きく、楽しいイベントでした。

さて、今回オフィシャルホテルのコースとエドモントンプラザホテルに宿泊しましたが、APAの傘下になっていました。

IMG_8845

トイレがウオッシュレットになっていたところにAPAを感じました。

また、MacEwan大学に野ウサギがいました。かなり大きめで、かわいい感じではなかったですが(笑)

FullSizeRender 21

 

ロボットパーク見学、スケルトニクスとKABUTOM試乗

main_slide_2

 Robo Cup 2017(世界大会)が名古屋で開催されました。

この大会そのものではなく、併設されたロボットパークが面白そうなので見学してきました。

IMG_8706

入口はこんな感じ。

ロボットパークは1号館なので、ここから3分くらい歩きます。

まず目を引くのは、カブトムシ型ロボット KABUTOM RX-03です。

IMG_8702

もう本当にでかいです。これが歩くとか信じられませんね。

実際に動く動画がありました。

地面が平らなアスファルトの駐車場のような場所であれば、実際に動かせるそうです。

イベントにも積極的に出かけるということでした。輸送費がとても高くなるらしいですが。

IMG_8712

 内部の様子です。LEDをいろいろつけてあって、狭いですが、宇宙船のようです。

IMG_8711

女性スタッフがいて、案内してくれました。写真がブレてて申し訳ないです。

その後、スケルトニクスに試乗。

skeltonics

 固定されていて、手と指を動かすことができます。

両手をあげたのですが、操作しているというより、操作されてるように見えますね(笑)

歩いてみたいのですが、ダメとのこと。

デモンストレーションがありました。

IMG_8708

ラウンチャーから切り離されて歩き始める瞬間

IMG_8707

 のしのし歩きます。

 

 近くで見ると迫力ありました。

サンパウロ Anime Friends

IMG_8556

Festival do Japão と、同日、車で30分くらい離れた別会場では、Anime Friendsというイベントが開催されていて、そちらも見学しました。

IMG_8549

着くなり、会場の外に大行列が!

実はブラジルに来る3日前から、ソースネクストのロゼッタストーン ポルトガル語(ブラジル)4,980円を買って、やりはじめたのですが、さすがに間に合わず。

英語が通じそうなスタッフに聞くと、当日券はこの列ではないとのこと。良かった。

IMG_8550

ということで、こちらが当日券売り場。 

IMG_8555

90レアル、約3000円で入場。

IMG_8552

すごく混んでます。

コスプレは、やや少なめか?

IMG_8553

物販多いです。しかも、よく売れてます!

感覚的にパリ ジャパンエキスポの倍は売れてる感じ。

IMG_8554

これはサンパウロ日本人街リベルダージにあって、すごく流行ってたお店です。

市内のレポートはまた別記事で報告します。

さすがリオのカーニバルで有名なブラジルだけあって、ダンスのブースがたくさんありました。

プロレスもありました。

ロープに投げて、ラリアットをもらって倒れるというのを、お客さんが次々と入ってやっています。

グレイシー柔術を思い出しました。

歌カラオケも大人気。

私がポルトガル語を覚えるより、彼らが日本語を覚える方が早そうです。

オタクイベントを追いかけて初の南米大陸でしたが、予想以上の盛り上がりでした。

日系人も180万人いると言われるブラジルに、新たな可能性を発見したように思います。

灼熱の、萌⭐️輪ぴっく

IMG_8437

7月9日、灼熱の太陽のもと、埼玉県久喜市で、らきすた柊姉妹生誕イベント『萌⭐️輪ぴっく』が開催されました。

今回、はじめて協賛をさせていただきました。

IMG_8438

かがみんダヨーさんが登場。

IMG_8439

オタク川柳を持って走ったり、

IMG_8440

背中合わせの、ドン引き綱引きをしたり、

ユニークな競技が次々と行われました。

オタク川柳から、参加賞や賞品も出させていただきました。

 

IMG_8441

IMG_8442

参加されたみなさん、おつかれさまでした。
好きな子を奪いあわずに語り合う、オタク川柳精神に則った?(笑)素晴らしい大会でした。

(なお、本大会、私はブラジル出張中のため、参加できていません。tweetのスクショの日時はブラジル時間になっています。午前を午後に読み直すと日本時間になります)

パリ JAPAN Expo 2017

IMG_8275 

2年ぶりにパリ JAPAN Expoに。

今回はブラジルサンパウロに向かう途中、乗り継ぎが6時間あったので、約2時間駆け足で見てきました。 

IMG_8410

 以前と違うのは、エリア毎に名前がつけられていました。

これはわかりやすくていいです。 

IMG_8411 

初日の木曜日の夕方でしたが、いくつかあるステージもそれなりの集客。

IMG_8412

こちらは、一風堂。

ガラガラでした。飲食ブースは、このあと行ったサンパウロ アニメフレンズと比較すると、売れ行きはイマイチな感じ。

IMG_8413

メニューにラーメンがない?!

JAPAN Expoは、昨年初めて前年入場者数を下回りました。
それでも欧州一であることに変わりありませんが、たしかに、入場者数も減っているように思います。

それより、私はブースが減っていることの方が気になりました。

2年前から、いわゆるパチモノ、ニセモノを扱うブースを排除しはじめていましたが、それにより参加ブースが減ったのでは?と思います。

JAPAN Expoは、出展料が高いため、同人誌系はほとんど出展がありません。

公式的なものだけを扱うと、面白味がないので、同人ブース的な役割をパチモノブースがしていたと考えると、不人気の理由が説明できる気がします。

パチモノブースを排除した分、同人ブースを作ればいいのではないかと思います。

 近年、アメリカに進出したJAPAN Expoは惨憺たる結果で2年で撤退しており、ビジネスモデルの再構築が必要な時期なのかも知れません。

オタクビジネスは難しいなあと実感した2時間でした。