シリコンバレーインターンシップ2015 社長プレゼン

IMG_1919

シリコンバレーインターンシップ2015、とうとうプレゼンをしてもらう日がやってきました。

社長向けプレゼンということで、この1ヶ月の成果を発表してもらいます。

やや緊張した面持ちでスタート。

発表してもらった資料をスライド風にかんたんにまとめました。

bokutei14

ビッグデータを用いた、21世紀の新しい占いを作る、という課題で、できたのが Bokutei というものです。

bokutei01

まずは占いとはなにかを考える、ということからスタート。

学生らしい正しいアプローチですね。

bokutei02

占いには、大きく分けて3種類ある、

1つは、命というもので、生年月日などからその人の運命を占うもの。

1つは、卜(ぼく)というもので、進路に迷ったときにどちらに進むべきかを占うもの。

最後の1つは、人相、手相などから占うもの。

bokutei03

その中で、今回は、2番目の卜(ぼく)を選んだとのこと。

bokutei04

占いを仕事、健康、恋愛などのテーマから選び、いくつかの質問に回答すると結果が出ます。

結果を評価することで、それをBokuteiが学習して、最初は当たらなかった占いが徐々に当たる占いになっていくというものです。

bokutei05

データベースは、構造の自由度が高い、mongoDBを選択。

bokutei06

PHP,python,C++などのプログラミング言語で記述。

bokutei07

占いの結果は、後日 Twitterで返信してもらいます。

bokutei12

データの学習は、Random Forest法を採用。

bokutei13

Random Forest法では、Decision treeを用意して学習します。

bokutei08

フロントエンドは Pure.css , jQueryを使用。

bokutei09

そして、できあがった画面が↑。

bokutei10

占いを選ぶと、それに応じた質問が並び、答えると占い結果がでます。

bokutei11

過去の占い結果も見ることができます。

また、占い結果が当たっていたかどうかを報告してらうことで、Bokuteiは学習して、さらに当たる占いに進化していきます。

bokutei00

「黙って座れば、ピタリと当たる」

というキャッチコピーというか、言葉がありますが、実際には黙って座って占ってもらうことは、ほとんどなく、上手な占い師ほど、相談者の身の上話をうまく聞き出しているものです。

今回の占いは、まさにこの「対面型占い」を作ったと言えます。

フィードバックで学習していく点では、実際の占い師より、良さそうです。

実際の占い師に、「前回の占いが当たったよ」とか「外れたよ」という報告は滅多にないと考えられ、占いの精度が高まるとは考えにくいからです。

たった4週間のインターンシップですので、完成度は当然低いわけですが、プロトタイプとして十分なものができました。

インターン生諸君の健闘をたたえたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)