シリコンバレーに行かないシリコンバレーインターンシップ2021『対戦型クイズアプリ』作成

私の学生時代、東大にはTSGというコンピュータサークルがあり、すごい人が集まっていました。

同級生のY君は、長崎出身で、TSGの中では常識人でした。プログラミング初心者の私は、塾の中学生むけの英単語学習ソフトを彼に作ってもらい、そのお礼にうどんすきをご馳走しました。

彼の書いたプログラムを見て、一番驚いたのが、正解の時に鳴る音、ピンポンが、ドレミの「ミド」だということです。

そして、不正解の時に鳴る音ブーは「ラ」。

たった2音で人を幸せにする「ミド」、そして不幸のどん底に陥れる「ラ」。

なににどう感動したのかわかりませんが、いまもその感動を持ち続けています。(笑)

さて、ピンポン「ミド」が鳴るといえば、クイズですね!

2021年、シリコンバレーに行かないシリコンバレーインターンシップのテーマは、対戦型クイズアプリを作る、です。

シリコンバレーに行かないと言っても、今年行かないのであって、来夏、シリコンバレーインターンシップ2022の実施時に、一緒に企業訪問に行く予定です。(ただ、コロナ感染状況次第では行けない可能性もあります。)

初めてのオンライン開催でアプリ開発はハードルが高すぎるか、と思ってスタートしました。

しかし、予想以上にインターン生が頑張ってくれて、きちんと動くものが作れました。

クイズということで、「InterlinQ」となっています。ちょっとお茶目です。

1対1で早押しクイズで対戦して、勝敗を決めるというものです。

サーバークライアントで通信をしたり、簡単そうに見えて結構難しいアプリです。本当に短期間、少人数でよくできたと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)