「海外イベント」カテゴリーアーカイブ

IGF2018 フランス マクロン大統領の演説

IGF(インターネットガバナンスフォーラム)2018が、フランス パリのUNESCOで11月12日より開催されています。

昨年ジュネーブに引き続き2回目の参加をしています。

12日午後には、オープニングセレモニーがあり、そこに、フランスのマクロン大統領が来て、演説をしました。

通常、こういう場でのスピーチは、

インターネットは日々重要性を増している

IGFのみなさんの努力に敬意を表したい。

今後も頑張ってくれ。

くらいで終わるのですが、今回は違いました。

原稿に目を落とすことはあまりなく、マクロン大統領の長時間の演説を、私の独断と偏見でまとめると、

私たちが望むインターネットは、フリー、オープン、セキュアなものである。

残念ながら現状そうなっていない。

世界の国の中には、インターネットを政府がコントロールしている国もある。

自由の名の下に、私たちは自分たちで必要な規制を作っていかなければならない。

IGFは、多くの議論をしているが、成果はあまりない。しっかりしてくれ。

と、IGF参加者、特にIGFの幹部には耳の痛くなる話でした。

マクロン大統領、一切笑いを取ることもなく、かなり熱の入った演説で、私の考えと違う点も多々ありましたが、たしかな見識を持った立派な大統領だと感じました。

マクロン大統領の演説は、各所に上がっていますので、詳細についてはそちらをあたってください。

上記はマクロン大統領の話した内容の要約ではなく、あくまで私の感想です。

それにしても、フランス革命をし、自由の女神をアメリカに送った国の大統領が、自由の名の下に、と発言すると、インパクトすごいですね。

個々のセッションについてこちらで報告しようと思っていましたが、個々のセッションの内容など、どうでもよくなってしまう、破壊力のある演説でした。

ICANN63 バルセロナ

10/20から25まで、ICANNバルセロナが開かれました。


オープニングセレモニーでは、経済産業大臣の挨拶がありました。

ヨーロッパでの開催は参加者がとても多いです。

フリースペースとしてミーティングエリアを広く取ってありますが、連日満員です。

今回のICANNミーティングの主要な話題は、gTLD登録データのための暫定仕様書に関する簡略化されたポリシー策定プロセス(Expedited Policy Development Policy/EPDP)でした。
日本にとっては、次回ICANN64が神戸で開催されることが、一番宣伝したいところです。

そこで、JPNICが中心となった実行委員会が、ICANN64KOBEブースを出展しました。
実行委員会の各社に、ブースお手伝いの案内があり、当社でもお手伝いをさせていただくことに。

アメリカ、フランス、インド、バングラデシュ、オーストラリア、レバノン、インドネシア、ナイジェリア、チャド、ハイチ、韓国、アルゼンチンデンマークなど、来場者の国籍は様々です。

当社は大企業のようにお金の面での貢献はあまりできない分、人的な貢献をしたい、と申し出ていました。
今回はそれなりの貢献ができたのではないかと思っています。

オーストラリア アデレード AVCON

ちょっと間があいてしまいましたが、先週金土日と開催されたオーストラリア アデレードAVCONに行ってきました。

IMG_3749

 金曜日はオープニングセレモニーが18:30スタート。

会場のアデレードコンベンションセンターは、HYBRID WORLD ADLもやっていました。

IMG_3743

 開場前の大行列。思っていたより規模が大きかったです。

IMG_3744

セレモニー会場。

オープニングのビデオは、とてもかっこよかったです。

土曜日から本番です。

IMG_3758

 進撃の巨人がお迎え。

にゃこ式部が写真撮影中。

IMG_3766

海外で多い、刀屋さんもありました。

ジョーカーが刀を物色中。

IMG_3757 

ゲームエリアも盛況です。

IMG_3765

同人エリアは外周にありました。

こちらも大人気。

IMG_3763

 こちらのブース、ボーイジョージ風の明るいお兄さんがいました。

IMG_3753

ホログラムによるゲーム。

ホログラムはイマイチうまく商品化できていませんが、今後どうなるのでしょう?

そして、オーストラリアならではと思ったのがこちら↓。

IMG_3769

アニメキャラクターをタトゥーにするというブース。

オーストラリア人はタトゥー好きという勝手なイメージがありましたが、さすがにアニメキャラを入れるとか、考えもしなかったです。

しかも、

IMG_3768

 実演というか、その場で入れてくれます。

IMG_3770

 こんな感じです。

アデレードは、コアラが抱ける動物園があることで有名です。

実は、最近のオーストラリアでは、州法で抱けない州が多くなっています。シドニーやメルボルンは抱けません。

アデレードの動物園では、えさを売っていて、それをさまざまな動物にあげることができますが、カンガルーがとてもかわいいです。

カンガルーのえさちょうだいのポーズ。

IMG_3739

かわいいですね!

 

 

ワルプルギスの夜を体験してきたら、あまりにも○○○だった!(2/2)

ワルプルギス夜を体験してきたら、あまりにも○○○だった!(1/2)」の続きです

さあ、いよいよワルプルギスの夜、当日の朝を迎えました。

IMG_2699

朝8時半頃の市庁舎前です。まだ誰もいません。

11時半になると、

IMG_2713

大勢の人がいます。実は写真中央にいるのは、結婚式を終えて市庁舎から出てきた人たちです。黒塗りの車もありますね。白く見えているのは、大きなハートマークです。

この写真には魔女コスプレの人は3人くらい写っています。

たしかこのあとです。写真も取り損ねましたが、

キュゥべえ と ほむら がいました!

おお同志よ!と心の中で叫んだ私でした。

そして13時28分には・・・

IMG_2355

市庁舎前に続々と魔女コスの方々があつまっています。

13時半過ぎ、市長のあいさつがはじまり、広場は多くの魔女で埋め尽くされました!

と言いたかったのですが、とても多くの人と、40人くらいの魔女(あるいはデーモン)コスプレの人たちでした。

IMG_2358

 市長の挨拶が終わると、魔女たちが輪になって踊り、その後、みんなで歌を歌っています。

 市庁舎前でのイベントはこれでおしまいでした。

これを見たら、蒸気機関車でシールケに向かうと良いでしょう。(私は少しでも早くシールケに行ってなにが行われるか見たかったので、蒸気機関車乗車は翌日にし、タクシーでシールケに向かいました。約30分で40ユーロ。後で述べるようにパレードまでに行けばいいので、蒸気機関車で十分間に合います)

ハルツ狭軌鉄道 蒸気機関車のホームページ

時刻表はこんな感じ。URLはこちら

ハルツ狭軌鉄道時刻表

 市庁舎から歩くなら、ヴェルニゲローデ駅より一つめのWesterntor駅の方が近いですが、座席確保を考えると、始発のヴェルニゲローデ駅まで歩いた方が良いと思います。

シールケはヴェルニゲローデより寒いので、防寒はしっかりと。もしブロッケン山まで行くのなら、耳が痛くなるほど寒く風が強いので、フードつきが必須です。

14:55発に乗るならブロッケン山まで行って、シールケまで戻っても余裕があります。

料金はブロッケン山まで往復で43ユーロです。

切符は昔ながらの厚紙で、車掌さんが穴を開けます。

 IMG_2938

IMG_2939

IMG_2886 2

 蒸気機関車、とても迫力があります。これは1つめの駅Westerntor駅を通過するところです。

IMG_2822

車内はこんな感じ。中央右に見えるのはトイレです。1両だけトイレ付きがありました。

IMG_2823

ボックスシートについている小さな木製のテーブルには、路線図が描かれています。

IMG_2834

 車掌さんが検札にきます。途中駅から乗車の場合は、車掌さんから切符を購入しているようでした。

シールケ駅はこんな感じ。

IMG_2842

シールケの野外会場入口にチケットブースがあります。

IMG_2719

ここで料金を払うこともできますが、私はヴェルニゲローデのツーリストインフォメーションセンターで前売りを買っているので、それを見せると、こんな感じのリストバンドを巻いてくれます。

IMG_2774 2

 そのまま会場に入ったのですが、時間が早いのか、まだ盛り上がっていなかったので、再度、外へ。

IMG_2718

すでにパレードを待つ人たちが道の両側にいました。

そして19時半ころ、パレードが始まりました。私がいたのは最終地点だったようで、少し移動して撮影開始。

IMG_2443

これはパレードの5番目のグループの先頭のこどもたち。

このように、番号とチーム名が書かれたボードを持って行進します。

西から東に歩いてくるので、完全に逆光です。

ここからはパレードの写真をいくつか。

 IMG_2448

トラックやトラクターをデコレーションして、というのが多かったです。デコトラ、デコトラクターですね。

さらにスモークをはいていたり、大がかりです。日本で言えば神輿のような感じでしょうか。

IMG_2442

IMG_2437

IMG_2435

約30分でパレードは終わり、すぐ近くのレストラン Cafe am Kurparkへ。お腹がぺこぺこでした。

IMG_2771

IMG_2769

これが最高に美味しかったです。ドイツで食べた中で一番かも?

お腹がいっぱいになって、再度、野外会場に行きます。

IMG_2776

ライトアップして、木が青かったり赤かったりして幻想的です。

荒井由実の「天使が降りてきそうなほど♪」を口ずさみたくなります。でも今日は天使でなくて、魔女ですね。

IMG_2775 2

こんなテントがたくさんあって、魔女達が食事をしていたり、談笑していたり。

iPhoneで撮影しているので、明るく見えますが、実際にはもっと暗かったです。

少し西に歩くと、ものすごい数の屋台と人が。

IMG_2782

IMG_2788

IMG_2786

IMG_2784

どれも美味しそうです。さっきレストランで食べてお腹いっぱいでなければ・・・・

IMG_2791

IMG_2790

食事の屋台だけでなく、その他、革製品の屋台もあれば、お土産屋さんもありました。 

そしてとうとう・・・・

IMG_2795

ワルプルギスの夜のクライマックスと言われる、かがり火を見つけました!

明るくすると、

IMG_2797

こんな感じです。

あの、、、、すみません、、、想像していたより、ちいさい、というか、かなりちっちゃいんですが・・・(笑)

こうして、ブロッケン山から下りてきた、魔女との宴の時間は楽しくすぎていきました。

〜ワルプルギスの夜をこんなに楽しく過ごせるのも、まどかとほむらが、平和な世界を作ってくれたおかげ〜

と思いながら、1kmくらい先の帰路のバス停に向かいました。

 

ワルプルギスの夜を体験してきたら、

あまりにも のどか でした。

ワルプルギスの夜を体験してきたら、あまりにも○○○だった!(1/2)

2回にわけて書きます。まず1回目はワルプルギスの夜を迎えるための予習ということで、ヴェルニゲローデです。

IMG_2655

(写真:かわいらしいヴェルニゲローデ市庁舎)

『魔法少女まどか☆マギカ』ファンなら、ワルプルギスの夜というものが実際にあれば行きたくなりますよね。

ということで、ゴールデンウィークを利用して、ワルプルギスの夜を体験しに、ドイツに行ってきました。

ワルプルギスの夜、もう少し正確には、ヴァルプルギスの夜とは、ヨーロッパ各地で4月30日から5月1日にかけて行われる伝統行事です。

ドイツでは、ヴァルプルギスナハト (Walpurgisnacht) またはヘクセンナハト(Hexennacht、「魔女の夜」という意味)は4月30日の日没から5月1日未明にかけての夜を指し、伝えられるところによれば、魔女たちがブロッケン山で大規模な祭りを催して、春の到来を待つという。
Wikipedia ヴァルプルギスの夜

文豪ゲーテが取り上げるなど、最もメジャーそうな、ドイツのブロッケン山のふもと、ヴェルニゲローデとシールケに行くことにしました。

4月28日成田発(ソウル経由)フランクフルト着
フランクフルト空港近くのホテルで一泊
4月29日ヴェルニゲローデへ移動
4月30日ワルプルギスの夜当日 ブロッケン山の麓、シールケへというようなスケジュールでした。

ゴールデンウィーク中、ヨーロッパ便はバカ高くなりますが、ソウル経由することで少し安くなりました。

 

まず、ヴェルニゲローデへの行き方です。
ベルリンやハノーファーからバスもあるようですが、フランクフルト空港駅から4時間半かけて、鉄道で行くことにしました。
どの空港からも2時間くらいはかかってしまいそうなので、直行便で行きやすいフランクフルトを選択しました。

フランクフルト空港駅からICEで約2時間でゲッティンゲン、乗り換えて約70分でゴスラーまで、さらに乗り換えでヴェルニゲローデに約30分で到着します。乗り継ぎ時間を入れると、大体4時間半かかります。

フランクフルトは空港駅「Frankfurt(M)Flughafen Fern bf」と中央駅「Frankfurt(Main)Hbf.」があって違う駅なので注意が必要です。

ドイツ鉄道アプリで検索が便利です。

スクリーンショット 2018-05-07 14.10.58

 

フランクフルト空港駅朝8:09発のICEに乗って、12:39着です。

IMG_2954

Pl.1はプラットホーム1の意味なので、わかりやすいです。

ただし・・・

ドイツ鉄道は遅延や運休がたまにあるようで、ドイツ人にも評判が悪いらしいです。「ドイツ鉄道 遅延」で検索するとたくさん出てきて心配になるほどです。

実は私も予約していた8:15くらいのICE(新幹線のようなもの)が運休になっていて、あわてて切符売り場にいき、8:09発に交換してもらいました。

アプリ内の表記が予約時と変わっていたら要注意です。

IMG_2544

フランクフルト空港駅からICEに乗ってゲッティンゲンまで。

ゲッティンゲン駅ではランチを物色。

IMG_2551

アジア料理を発見!ベトナム系の人たちがやっている感じ。

IMG_2571

おいしかったです。駅構内に本屋さんも発見したので入ってみました。

IMG_2565

NARUTOをはじめいろいろありました。

IMG_2567

ゲッティンゲンからゴスラーまで乗ったドイツ鉄道。

IMG_2577

そしてこれが最終区間、ゴスラーからヴェルニゲローデまで。

 

ヴェルニゲローデ駅前は、なんにもないです。

IMG_2816

右がヴェルニゲローデ駅。左が蒸気機関車を運行する、ハルツ狭軌鉄道ヴェルニゲローデ駅

途中駅のゲッティンゲンやゴスラーがわりと大きな駅だったので、とっても田舎な感じ。あんまり人がいません。

IMG_2592
(ホテルの部屋から撮った写真)

徒歩15分で町の中心部、市庁舎前に到着。

こちらもあまり人がいません。魔女も全然いない!明日がワルプルギスなので、もっといるかと思ったのですが。まだブロッケン山にいるのでしょうか?

IMG_2600

ほぼ同じ時間に、左奥のツーリストインフォメーション前から撮ると、たくさん人がいますね。写真の撮り方次第で賑わっているようにみえたり、賑わっていないように見えたりします。正面の写真が今回泊まった、ヴァイサーヒルシュです。

ただ、魔女がほんといないです。たまに一人,二人いるくらい。

市庁舎の左奥、ツーリストインフォメーションセンターに行ってみました。

IMG_2599

扉は閉じていますが、開けて入っていきます。

観光地のツーリストインフォメーションは、どこも混雑しているので行列かと思いきや、観光客はおらず職員さんのみ。

日本語のパンフレットをもらいました。リンクはPDFになっています。

日本語パンフレット

さらに、4月30日13時半から、市庁舎前で市長があいさつして、そこに魔女もたくさん集まるという情報をゲット。

そして4月30日当日の264番のバス運行予定表ももらいました。深夜0時55分までシールケからヴェルニゲローデまで15分間隔でバスが運行されるとのこと。

通常運行の時刻表はこちら(PDF)。

そしてワルプルギスの夜用運行スケジュールはこちら(PDF)。

職員の方に、外国人が魔女のコスプレをしていいか?と尋ねたところ、問題ない、との回答でした。今後、魔女コスプレをしたい人は参考にしてください。町の商店には、魔女の帽子やほうきは売っていましたが、衣裳は見つからなかったので、衣裳は持参しないとダメそうです。

今回、私は市庁舎のある広場のちょうど正面にある、リングホテルヴァイサーヒルシュに泊まりました。とても歴史のあるホテルです。窓から市庁舎が見える部屋にしたので、それも良かったです。

ほかにもホテルはたくさんありますが、市庁舎前広場には、ゴーシュホテルというホテルもあり、そちらも人気のようです。

ヴェルニゲローデ城に行こうと、まずはUberをチェック。

IMG_2604

むむ、残念ながら利用できませんでした。

では、せっかくなので、蒸気機関車風の車で行くことに。

IMG_2607

料金が6ユーロですが、ホテルでもらった、クーポンを使うと一人0.5ユーロ安くなります。

IMG_2608

ヴェルニゲローデ城へ到着。

IMG_2619

食べ物や、弓や剣などを売る屋台がたくさんでています。

IMG_2627

もちろん魔女グッズもありました。

ヴェルニゲローデ城でも4月30日、ワルプルギスイベントはあるようなのですが、それほど大きくなさそうなので、前日に見学しておしまいにしました。

20ページ以上の小冊子を見ながら、ワルプルギスの夜への期待は高まります。(リンクはPDFです)

WALPURGIS2018

魔法少女まどかとほむらが、何度も何度も繰り返し戦った、ワルプルギスの夜、いったい何が起きるのでしょうか?(つづく

ICANN61 プエルトリコ

IMG_1825

ICANN61 プエルトリコに行ってきました。

今回は、ICANN神戸のちょうど1年前の同規模の会議ということで、当社からは私を含め総勢6名で行きました。

IMG_2186

月曜日朝のウェルカムセレモニー。

偉い人がいろいろと話したあと、

IMG_2187

ダンスショーがありました。

IMG_2189

プエルトリコの国別ドメイン名 .prのVice President ロドリゲスさんとお会いして、情報交換をさせていただくなどしました。

肝心のICANNでの主な話題は、GDPRでした。

GDPRというのは、EUの一般データ保護規則というもので、2018年5月から施行されます。ドメインで言えば、WHOISが対象となり、かなり厳しいプライバシー保護が定められ、罰金も大きく、どうやって対応していくか、というのが話題でした。

もう一点、新gTLDの次回の申請は、前回の総括が終わっておらず、このままだと2022年頃になりそうです。

そして、今回は月曜日にGALAパーティがありました。

今までは水曜日夜に行われ、打ち上げ的なイメージでしたが、月曜日の朝にウェルカムセレモニーで夜にGALAだと何か違和感があります。

IMG_1969

GALAパーティ会場へは、このようなデコトラならぬ、デコバスが送迎してくれました。

かなり目立ちます。ICANN神戸でもこういうのはいいかも。

IMG_2192

GALAパーティは普段通りの感じでした。

やや、食べ物を取るのに行列ができ、時間がかかったかな?というところ。

豚の丸焼きもありました。

IMG_2191

日本でやるなら、マグロの解体とかでしょうか?

ただ外国の方は魚の頭が怖いらしいので、日本人が思うほど受けないかも知れませんね。

IMG_2019

火曜日は、Neustar社のパーティに行きました。

企業パーティを主催するかどうか、当社も迷っていますが、参考になればということで行きましたが、規模が大きすぎて参考になりません。約300名くらい参加していました。

.prと共催だったようです。

IMG_2020

 

IMG_2185

今回のおみやげはこんな感じ。

バッグはかなり出来がよく、使えそうです。

その他はTシャツ、ボールペン、サングラス、チラシ。

IMG_2011

プエルトリコは要塞が有名です。要塞からみた風景。

ピニャコラーダというカクテルがあり、プエルトリコはたいてい、どこに店にも置いています。パイナップルとココナッツで甘い飲み物です。ラム入りとラム無し(ノンアルコール)が選べます。

ピニャコラーダ発祥の地へ。

IMG_1934

 

IMG_1933

Barrachina(バラキーナ)というお店です。

IMG_1938

とても甘いですが、甘い物好きな私には、どストライクでした。

 

台北国際動漫節2018

台北で2/1から2/5まで開催された台北国際動漫節2018に.moeドメインの公式レジストラーであるGandi社とブースを共同出展しました。ちなみに動漫とはアニメのことです。

●開催概要

[名称]台北国際動漫節2018 (Taiwan International Comics & Animation Festival)
[開催日程] 2018年2月1日~2月5日
[開催場所] 南港展覧館 (Taipei Nangang Exhibition Center, Hall 1)
[公式HP ]http://www.ccpa.org.tw/tica/

DVOsEWLU8AAxvsl

 

ブース前に人だかりがありますが、なにをしているかというと…

 tweet00

tweet01

チアキコハラさんのライブペインティングです。

最終的には、

DVGjD9iU0AAAka6

こんな感じに。かわいらしいお洋服がすごく汚れてしまいましたが、とても幻想的な絵が出来上がりました。

私は残念ながら現地に行けなかったのですが、見たかった。。

DVLqFkOU0AAqtZT

 台湾には珍しく連日雨で寒かったのですが、会場内は熱気ムンムン。でも雲ができるほどではありません。

DVLrKKUUMAEAbpS

コスプレする人はとても少なかったです。物販目当てが多かったのでしょうか?

.moeは地道に世界のオタクとつながっていきます。

Namescon 2018

5D7273C0-D7B9-4458-B9DB-5C478C51D9C8

今年もドメインネームビジネスの交流会、Namesconがラスベガスで開催されました。

会場は例年通り、トロピカーナホテルです。

まずはブースを紹介します。

923D1117-CBF8-4F9A-99AC-BB68BC21C3DB

 展示会で必ず見かけると言っても過言ではないデロリアン。

スポンサーのシールが貼られています。

E63F7FF7-FB9D-4F0D-95F3-E5895C31A08B

世界最大のドメイン販売業者 GoDaddy。人が絶えません。

F9F38576-C3AF-4FBA-8894-DA76244AA7B9

絵文字の使える唯一の掃除機、ではなかった、ドメイン名 .wsのブース。.wsはサモアの国別ドメイン名ですが、運営はカリフォルニアの会社です。

104F4FC4-5D1F-4173-B200-75C60F9B2BDA

 マーケティング上手なclub。

 names.clubでドメイン名のセカンダリーマーケットをやるそうです。

今更感はありますが、なにか勝算があるのでしょう。 

22398333-6042-4ACD-9BC6-4B6C4591D58A

 ワンちゃんが喜びそうな、ボール。ドメイン名 .petのおみやげです。

CEE40F17-9F4D-4C75-8190-B9F091F986E6

 ビールグラスとか、あたたまらないようにして持つもの。

.blue,.green,.blackがありました。

BCB1F6CC-E39E-4086-B01C-BE0D8716C36C

エコバッグ。.organicのイメージ通りですね。

セッションは、

38C5F5BE-58BA-4BF3-8AAD-A5525032CEA0

新gTLDのケーススタディがあったり、

CB0E0CD2-CFE6-4167-9F00-EEFC45E38681

メガデスのベーシスト、デイヴィッド・エレフソンがドメイン名との関わりを語ったりしました。

3A544691-32B5-4BC2-9BBA-757D8630BCBE

BA9BFE8E-CF1B-45DE-80A6-7E5788B20380

 毎年恒例のドメイン名オークション。

今年もエントリーして落札を狙いました。目指すはanimations.comでしたが、高すぎて手が出ません。(それでも売り手の希望価格に届かずオークションは不成立)

orangejuice.comですら、10万ドル超えです。(これも不成立)

 

新gTLDはドメイナーには不人気で、未だ.comが大人気です。

 

オークション結果は、こちらにあります。

例年と比べると総額はさびしい結果でした。

 

MGMグランドホテルのナイトクラブHakkasanでパーティがあり、行ってきました。

C9623383-261C-42FF-A5C2-FB9632B70707

 会場内にはこんな感じでスポンサーとなったドメイン名が流れます。

3BF08946-3294-446C-A66F-9FD7CA9C8EB6

スポンサーとなったドメイン名のカクテルが提供されました。

.osakaだと、たこやき味のカクテルでしょうか?!

アルバカーキ Comic Con

CESが終わってすぐ、アルバカーキのComic Conに行ってきました。

まず、アルバカーキですが、

E1719FFC-9841-441F-AF81-EB62ACF0ACF7

 左上NVと書いてあるあたりがラスベガスです。

州としてはニューメキシコ州で、ラスベガスから飛行機で約一時間半でした。

さて、空港について歩きながら空港内のショップを見ていたら、

59A6607E-26F8-44CA-A1A5-8FCB67612615

こんな感じのTシャツを売っていました。(これはイメージで、amazon.comで売っているものから探しました。)

ニューメキシコ州は、UFO墜落事件として有名な、ロズウェルのある州でした。アルバカーキとは約250knしか離れていません。

さて、今回、なぜ私がアルバカーキに行ったかと言うと、

アマゾン創始者 ジェフ ベゾスの出身地なのです。

A4CA7C15-60B1-4569-A01F-A8C3FBBAB00A

早い時間に到着したので、アルバカーキのダウンタウンを歩いて気づいたことがあります。

 

店がない…

 

閉まっているとかではないんです。

Googleでレストランを検索しても300m先が一番近いとかです。、ハッと気づきました。

お店のない町で育ったから、Amazonという通販会社を作ったのだ、と閃きました。正しいかどうかはわかりませんが、自分としてはとても腑に落ちました。

 

さて、肝心のComic Conですが、とてもこじんまりしたものでした。

28D34E0B-A43D-4249-B181-C526A6CB4D81

 初日の開場直後の様子。

7FB213C4-0579-4AC6-B4F1-4338A44EA31F

コスプレはアメコミ中心。

11C6926D-59B3-438C-893E-AB4FB6E29280

そんな中、ナルト大好きなレイヤーさんを発見。

21195A03-4414-4C2F-AF63-3F07D199FBEE

 軍服コスプレのお二人、

ではありません。US Armyの勧誘です。

8A41FF4E-E61A-45EC-9DE0-33988C86030A

会場内はこんな感じ。

5F51EDD4-D6BE-43DC-9CF8-E2DB97237410 7C610922-0C51-4167-B38D-AA733CE980C4 285ADA8A-08A6-42F4-96A5-FF26D7DAD18A 49FD2148-0BF2-4131-971D-2774299B595D 11A64084-9C42-4F7D-9ACF-ACB6904BD586 

物販のお店はこんな感じ。うまい棒が1ドル!

4DC677DD-966C-47B3-A72E-2DB91CD9E09F

私はこの人の絵が気に入って3つほど買ってきました。
アルバカーキは、Uberの運転手もとてもフレンドリーで優しい人が多く、さらに、なまりもあまりなかったのは助かりました。

CES2018 その他、面白かったもの

A188E4D4-077C-453D-B296-E376C119D9B3

 NASAのブース。

月の石はありませんでした。

B986B81B-8033-4C5F-BE38-3848F374AE1C

お土産にビニール袋をゲット。

1908ABEB-0394-49AE-B096-F365486AE711

ケーブルなしで充電する、WI-CHARGE。

なにがすごいかって、特殊な蛍光灯で充電します。

E53574E0-2B3A-456D-8983-6F93364C67B4

写真中央やや上にある、蛍光灯のようなものが発した光を受けて、充電します。

たとえると、蛍光灯が太陽で、太陽光パネルで充電する、という感じです。

光の当たる所にまんべんなくエネルギーが放出されているとしたら、エネルギー効率は悪そうですが、どうなんでしょうか?

F578D759-EEC5-41F8-8E76-E6ECB8BA1AE4

BeBopと言えば、ビーバップハイスクールと言いたくなりますが、センサーでした。

ABD1B484-EDFB-4350-B234-803C750F6210

フランスは、La FRENCH TECHとして何年も出展していますが、今年は、国をあげての出展が目立ちました。

4B392AE3-D4BF-44F3-9F8F-3285FFEA10ED

イタリア。

さすがにデザインが洗練されています。

7F6FD005-9081-4487-BE68-2773FB6F3452

オランダ。そこはかとなくチューリップな感じ。

389F6D29-2B43-4A90-B353-34D2248F34B7

モロッコ。デザインについては、コメントを差し控えます。

33F9526B-0486-4532-A3E2-42FD35C90C80

ルクセンブルグ。

CE18D829-8742-47FD-AF53-05DC3DBC37F5

イスラエル。

台湾はLVCC(ラスベガスコンベンションセンター)に大きなエリアで展開していましたし、おなじみの中国深圳市は若干数が減ったように思いますが、今年もありました。

CES側が各国に参加を呼びかけているのでしょうか?

また、気づいた点としては、中国企業の参加が非常に多くなっていて、ここは中国なのか?と思ってしまうこともあるくらい。

スタッフが食事をしていたり、飲み物、食べ物があったりするのは、たいてい中国のブースです。

29CA8FA0-6152-4076-AE2A-1B69118C8DA4

今回は、こういった無料のカートなどを利用して、できるだけ歩くのを減らしましたが、それでも1日2万歩でした。